F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、このマシンで思い出すのは、中嶋悟さんですね。
ロータスで3年間在籍した後、移籍したのがこのティレルチーム。
契約時、翌1991年にホンダV10エンジンの提供が決まっておりました。
そのホンダのバックアップもあり、この移籍は決まったようなもんですが、
中嶋悟ファンの私には、非常に嬉しいニュースでした。

それでは、このマシンについて。
ハーベイ・ポストレスウェイト博士製作の革新的なマシン。
今のF1マシンはすべてハイノーズになっていますが、
そのコンセプトを取り入れた最初のマシンなんですよ。


1/43 ティレル 019 1990 日本GP

元々は、1989年シーズンに使用した018の後継モデルとして開発された。
なので、見た目はほぼ、フロントウィング以外は一緒である。
それに、エアロダイナミストのジャン・クロード・ミジョーの
アイデアを取り入れたのがこの「アンヘドラル(下反角)ウィング」。

フロントセクションが高い位置に置かれるハイノーズで、
そこから湾曲させて、ウィングを取り付けるという形状である。
かつてのアメリカの戦闘機「F4U コルセア」のような、
逆ガル翼形状であったことから「コルセアウィング」とも呼ばれた。


F1 LEGENDS 中嶋悟/モーター・スポーツ

このマシンで、チームメイトのジャン・アレジはモナコで2位を獲得。
こういう市街地コースで速かったことで分かるように、
空力バランスが非常によかった。
エンジンが非力なコスワースDFRやったんで、
高速コースでは苦労しましたけどね。
このマシンがあったからこそ、
アレジは翌年フェラーリ移籍を獲得できたと言っていいです。
(まあ、アレジの才能もありますが)

しかし、このマシンでも中嶋さんは遅かった・・・
大好きなドライバーでしたけど、F1で成功したとは言えないですね。
F1デビューが34歳・・・あまりにも遅すぎました。

翌年、ホンダエンジンを載せた020も同じ形状のウィングでしたが、
パワーのあるホンダエンジンのパワーに耐えられるように、
モノコックを始め、全体的に太く作られてしまい、
空力バランスが崩れ、平凡なマシンになっていました。

その後、このマシンのコンセプトはベネトンB191が取り入れ、
吊り下げ型と呼ばれる形式を採用し、
今でもその形状はレースマシンの基本形状になっています。

今見ても、美しいマシンであるティレル019。
いつまでも忘れることはないでしょう。
スポンサーサイト
1, 27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 53 1:17'57.878  
2, 1 A.プロスト フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 53 1:18'03.932 +6.054  
3, 28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 53 1:18'05.282 +7.404  
4, 2 N.マンセル フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 53 1:18'54.097 +56.219  
5, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 53 1:19'23.152 +1'25.274  
6, 3 中嶋 悟 ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 52 1:18'29.399 1Lap  
7, 20 N.ピケ ベネトン B190 フォード V8 G 52 1:18'47.214 1Lap  
8, 19 A.ナニーニ ベネトン B190 フォード V8 G 52 1:19'17.059 1Lap  
9, 10 A.カフィ アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 51 1:18'02.417 2Laps  
10,22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワース P 51 1:18'13.845 2Laps  
11,25 N.ラリーニ リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 51 1:18'45.345 2Laps  
12, 9 M.アルボレート アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 50 1:16'44.702 3Laps  
13,26 P.アリオー リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 50 1:19'22.064 3Laps  
NC 18 Y.ダルマス AGS JH25 フォード コスワースDFR-V8 G 45 1:18'19.325 8Laps  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 36 -  
Ret 30 鈴木 亜久里 ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 36 -  
Ret 14 O.グルイヤール オゼッラ FA1ME フォード コスワースDFR-V8 P 27 -  
Ret 15 M.グージェルミン レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 24 -  
Ret 8 S.モデーナ ブラバム BT59 ジャッド V8 P 21 -  
Ret 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 18 -  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 15 -  
Ret 21 E.ピロ ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 14 -  
Ret 12 M.ドネリー ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 13 -  
Ret 29 E.ベルナール ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 10 -  
Ret 23 P.マルティニ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 7 -  
Ret 4 J.アレジ ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 4 -

まず、このレースで印象を残したのはティレル、アレジでしょう。
予選5番手、マクラーレン、フェラーリの後ろに、非力なコスワースエンジンにて、
この高速モンツァサーキットで奮闘したのもすごいですけど、
スタート後、マンセル、プロストのフェラーリ勢をオーバーテイクします。
ただし、ワーウィックのクラッシュにより、赤旗再スタートとなります。
しかし、この再スタート後も同じようにオーバーテイクするんですね。
まるで、再生録画を見ているかのようでした。
ただ、序盤、自身のミスでリタイヤしたのはもったいなかった。
けど、これで来季フェラーリ入りを確定させたようなもんです。

同じティレルのマシンに乗る、中嶋悟。
毎回、毎回、アレジにえらい差をつけられるので、見てて嫌になる日々・・・
それにこのイタリアGPの前までに6連続リタイヤしてたんです。
ただ、この日は持ち前の納豆走法で、予選14番手から6位入賞。
久しぶりに中嶋さんの笑顔みたな~って当時印象残っています。

この年の「ティレル019」ってマシンはすごく美しかったです。
アンヘドラルのフロントウィングに、
ハーベイ・ポストレスウェイト設計の洗練されたフォルム。
1992年、エイドリアン・ニューエイ設計の
ウィリアムズルノーFW14B共々、大好きなマシンです。
そう言えば、中嶋さん、この年、歌出しているんですよ。
「悲しき水中翼船」(^^)

ちょっと加山雄三ちっくな歌でした。
この019が水中翼船っぽいイメージありますもんね。

あ、レースの本題に戻りましょう。
優勝はセナ。ポール・トゥ・ウィン+ファステストラップの完全勝利です。
ただし、セナが完全勝利をするのは、生涯でこのレースが最後となります。
あとは、ポール獲ってなかったり、ファステストを叩き出していなかったりです。
この後も結構勝っているのに、意外に思いました。


アイルトン・セナ~音速の彼方へ コレクターズ・エディション 【初回生産限定】

そして、このレース、記者会見後に、印象的な出来事がありました。
記者からの、お互いそろそろもういいのでは?って言葉に、
プロストがセナに手を差し出したんですよ。
セナもその握手を素直に受け、和解したんです。
前年から続いてきた確執がこれで終わったって思ったんですけどね・・・
まあ、あの印象的な鈴鹿に続きます。
1,27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 78 1:52'46.982  
2, 4 J.アレジ ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 78 1:52'48.069 +1.087  
3,28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 78 1:52'49.055 +2.073  
4, 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 77 1:54'08.057 1Lap  
5,10 A.カッフィ アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 76 1:53'02.183 2Laps  
6,29 E.ベルナール ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 76 1:53'08.740 2Laps  
7,35 G.フォイテク オニクス ORE1B フォード コスワースDFR-V8 G 72 6Laps  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 66 -  
Ret 2 N.マンセル フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 63 -  
Ret 24 P.バリッラ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 52 -  
Ret 36 J.J.レート オニクス ORE1B フォード コスワースDFR-V8 G 52 -  
Ret 26 P.アリオー リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 47 -  
Ret 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 41 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 38 -  
Ret 3 中嶋 悟 ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 36 -  
Ret 20 N.ピケ ベネトン B190 フォード V8 G 36 -  
Ret 1 A.プロスト フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 30 -  
Ret 19 A.ナニーニ ベネトン B190 フォード V8 G 20 -  
Ret 7 D.ブラバム ブラバム BT59 ジャッド V8 P 16 -  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 13 -  
Ret 25 N.ラリーニ リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 12 -  
Ret 30 鈴木 亜久里 ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 11 -  
Ret 23 P.マルティニ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 7 -  
Ret 12 M.ドネリー ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 6 -  
Ret 8 S.モデナ ブラバム BT59 ジャッド V8 P 3 -  
Ret 21 E.ピロ ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 0

ここモナコの市街地コース。
非常にドライバーの腕が試されるドライバーズサーキットである。
モナコで強いドライバーは必ずと言っていいほど、どこでも強いのだ。
この1990年前後で、このモナコで優勝したのはプロストとセナのみ。
次はミハエル。シューマッハの出現を待つまで現れないのである。

開幕戦アメリカGPの市街地コースを果敢に駆け抜けたアレジが好調。
絶えず、フリー走行、予選でも3位以内のポジションをキープします。
この時のティレルは019というマシンでしたが、
フロントノーズをアンヘドラルウィングという、
高い位置から、マシン下に空気を流す特徴的なウィングを実装してきました。
このダウンフォースを意識した造りは現在のF1までずっと継承されています。
今はベネトンが採用した、吊り下げ型となっていますけどね。

この軽くて、ウィングを小さくできるマシンで、
アレジは見事にマシンを滑らせながら、ウォールにヒットすることなく、
うまく操っていました。
パワーでは断然劣る、マクラーレンホンダとほぼストレートスピードが
変わらない走りです。

逆にチームメイト、中嶋悟さんはこのマシンに苦しんでいましたね。
セナやアレジのように、コーナリングでのアクセルワークが出来るタイプではなく、
フルブレーキング、フル加速、アウトインアウトの、
鉄則的な走りをする中嶋さんでしたから、
後のこの年のレースもちょっと冴えませんでした。

完走わずか7台というサバイバルレースを制したのは、セナです。
圧倒的な独走でした。
アレジも頑張ってましたが、アメリカほどの印象はありません。
この年はセナがチャンピオン確定だろうなと思わせる1戦でした。
1 27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 72 1:52'32.829  
2 4 J.アレジ ティレル 018 フォード コスワースDFR-V8 P 72 1:52'41.514 +8.685  
3 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 72 1:53'26.909 +54.080  
4 20 N.ピケ ベネトン B189B フォード V8 G 72 1:53'41.187 +1'08.358  
5 8 S.モデナ ブラバム BT58 ジャッド V8 P 72 1:53'42.332 +1'09.503  
6 3 中嶋 悟 ティレル 018 フォード コスワースDFR-V8 P 71 1:52'34.584 1Lap  
7 23 P.マルティニ ミナルディ M189 フォード コスワースDFR-V8 P 71 1:52'45.042 1Lap  
8 29 E.ベルナール ローラ LC89 ランボルギーニ V12 G 71 1:52'59.865 1Lap  
9 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 71 1:53'20.989 1Lap  
10 9 M.アルボレート アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 70 1:53'24.589 2Laps  
11 19 A.ナニーニ ベネトン B189B フォード V8 G 70 1:53'27.469 2Laps  
12 31 B.シュナイダー アロウズ A11 フォード コスワースDFR-V8 G 70 1:54'03.640 2Laps  
13 33 R.モレノ ユーロブルン ER189 ジャッド V8 P 67 1:52'39.868 5Laps  
14 15 M.グージェルミン レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 66 1:53'41.512 6Laps  
Ret 24 P.バリッラ ミナルディ M189 フォード コスワースDFR-V8 P 54 -  
Ret 30 鈴木 亜久里 ローラ LC89 ランボルギーニ V12 G 53 -  
Ret 2 N.マンセル フェラーリ 641 フェラーリ V12 G 49 -  
Ret 28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 44 -  
Ret 7 G.フォイテク ブラバム BT58 ジャッド V8 P 39 -  
Ret 14 O.グルイヤール オゼッラ FA1M フォード コスワースDFR-V8 P 39 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 25 -  
Ret 1 A.プロスト フェラーリ 641 フェラーリ V12 G 21 -  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 20 -  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 6 -  
Ret 25 N.ラリーニ リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 4 -  
Ret 12 M.ドネリー ロータス 102 ランボルギーニ V12 G -

この年のシーズン前は相当揉めておりました。
前年の鈴鹿、失格問題において、セナはFIAを猛烈に批判。
それに対し、FIA会長、バレストルはセナに対し、
スーパーライセンスを発給しない措置を取りました。
結局はセナが公式に謝罪して、この件は丸く治まるんですけど、
シーズンオフにこれだけ燃え上がった年も過去ないと思います。

また、日本でのF1ブームも最高潮の年でした。
ちょうどバブル時期でもあったので日本企業のスポンサーだらけでした。
特に印象的なのが、「少年ジャンプ」とマクラーレンのノーズ先に入ってたんですよ。
そして、日本人オーナーのチームが3つもありました。
フットワークアロウズ、エスポ・ラ・ルース、レイトンハウスです。

開幕戦の予選では意外なチームが上に来ることがあり面白い。
この年はミナルディのマルティニ、スクーデリアイタリアのチェザリス、
そして、この一戦を騒がす、ティレルのアレジが上位にきます。

そのスタート直後からトップを独走するのがアレジ。
この年のティレル018というマシンは非常にバランスがよかった。
それにアレジの才能が相乗して、素晴らしかったです。

ただ、全体的なペースはやっぱりマクラーレン。
セナが追いついてきて、アレジとのバトル。
一旦はオーバーテイクされたアレジがオフラインで抜き返すという離れ業。
この瞬間に、アレジの来季フェラーリ入りが決まったと言って過言ではないだろう。
(ただ、これも揉めて、ウィリアムズと契約したのに
フェラーリが横槍を入れたって感じです、F1ではよくある話)
しかし、このジャン・アレジというドライバーは、
なかなかその後、才能は開花せずに終わったドライバーです。
F1ではわずか1勝のみ。
ゴクミと結婚したってことで、日本では有名なドライバーですが・・・

と、まあ、アレジで始まり、終わった、一戦でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。