F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドブル・ルノー
1:セバスチャン・ベッテル
2:マーク・ウェーバー

マクラーレン・メルセデス
3:ルイス・ハミルトン
4:ジェンソン・バトン

フェラーリ
5:フェルナンド・アロンソ
6:フェリペ・マッサ

メルセデスGP
7:ミハエル・シューマッハ
8:ニコ・ロズベルグ

ロータス・ルノーGP
9:ロバート・クビサ
10:ヴィタリー・ペトロフ

ウィリアムズ・コスワース
11:ルーベンス・バリチェロ
12:パストール・マルドナド(※ニコ・ヒュルケンベルグと交代)

フォース・インディア・メルセデス
14:エイドリアン・スーティル
15:ポール・ディ・レスタ(※ヴィタントニオ・リウッツィと交代)

ザウバー・フェラーリ
16:小林可夢偉
17:セルジオ・ペレス(※ニック・ハイドフェルドと交代)

トロロッソ・フェラーリ
18:セバスチャン・ブエミ
19:ハイメ・アルグエルスアリ

チーム・ロータス・ルノー
20:ヤルノ・トゥルーリ
21:ヘイキ・コバライネン

ヒスパニア・コスワース
22:ナレイン・カーティケヤン
23:未定

バージン・コスワース
24:ティモ・グロック
25:ジェローム・ダンブロシオ(ルーカス・ディグラッシと交代)

フォース・インディアが26日、2011年のドライバーシートを発表し、
まだ決定していないシートはヒスパニアレーシングの1席だけとなった。

去年はミハエル・シューマッハの衝撃的な復帰。
そして、契約が残っているキミ・ライコネンがラリーに去り、
フェラーリにアロンソが加わるという出来事もありましたね。
また、マクラーレンがハミルトン、バトンのイギリスコンビにもなりました。

今年は、上のドライバーズリストを見ていただいて分かるように、
非常に例年と比べて、動きが少なかったなと思います。
上位陣は全く変わっておりません。

残るヒスパニアのシートには、クリスチャン・クリエン、
ヴィタントニオ・リウッツィ、山本左近などの名前が挙がっています。
私は日本人なので、山本左近が参戦してくれれば・・・
なんて思いませんけどね(^^;)
彼はF1で競争できる能力はないように思います。

今季のニューマシン発表、そしてウィンターズテストももうすぐです!
どんな勢力図になるか非常に楽しみですね(^^)
スポンサーサイト
1 S.ベッテル レッドブル 1:39:36.837
2 L.ハミルトン マクラーレン +10.1
3 J.バトン マクラーレン +11.0
4 N.ロズベルグ メルセデスGP +30.7
5 R.クビサ ルノー +39.0
6 V.ペトロフ ルノー +43.5
7 F.アロンソ フェラーリ +43.7
8 M.ウェバー レッドブル +44.2
9 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +50.2
10 F.マッサ フェラーリ +50.8
11 N.ハイドフェルド BMWザウバー +51.5
12 R.バリチェロ ウィリアムズ +57.6
13 A.スーティル フォース・インディア +58.3
14 小林可夢偉  BMWザウバー +59.5
15 S.ブエミ トロ・ロッソ +1'03.1
16 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'04.7
17 H.コバライネン ロータス +1lap
18 L.ディ・グラッシ ヴァージン +2laps
19 B.セナ HRTF1 +2laps
20 C.クリエン HRTF1 +2laps
21 J.トゥルーリ ロータス +4laps
22 T.グロック ヴァージン +12laps
23 M.シューマッハ メルセデスGP +55laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +55laps

ベッテル、史上最年少でのチャンピオン獲得おめでとうございます♪
いや~私の希望通りの最終戦となりましたね(^^)

今回、一番の鍵を握ったのはミハエルでした。
1周目、あそこでのミスがなければ、
こんなレース展開にはならなかったでしょう。
ベッテルと同じドイツ人であり、初のドイツ人ドライバーで、
チャンピオンになったのが、ミハエル・シューマッハです。
ミハエルが次のドイツ黄金時代を築くのはお前だと、
ベッテルに助け舟を出したような印象を受けました。

そのミハエルのスピンの結果のクラッシュで、
セーフティカーが入ることとなりますが、
ここでタイヤ交換を行ったチームはドンピシャ!のタイミングでした。
結果、アロンソ、ウェバーはペトロフに抑えられて、
チャンピオンを逃すこととなります。

逆にチーム戦略がうまくいかなかったのはザウバー。
小林可夢偉には、なぜ、ハードタイヤでスタートさせなかったのか?
今年の結果を見てみると、ハードタイヤでタイヤをいたわり走らせ、
後半でソフトタイヤに履き替え、そこでプッシュして激走って結果が出ています。
しかし、今回はソフトタイヤでスタートさせ、
それもとことん中盤以降まで、コース内に留めさせたことです。
ずっと後ろを走っていたクビサはハードタイヤでした。
ソフトタイヤをあそこまで持たせた可夢偉は脅威的やと思います。
もしハードタイヤでスタートさせていたならば・・・
4,5位でのフィニッシュが可能であったのではないでしょうか。
また、ソフトで出ているのだから、1周目セーフティカーが出ている間に、
ハードに履き替えておくべきでした。

今年も最終戦が終了。
例年と比べても、面白いシーズンであったと思います。
やはり優勝で25ポイントと大幅にポイントアップさせたのは正解ですね。

来年は5人の歴代チャンピオンが交錯する戦国時代になりそう・・・
うん、来季もF1は毎戦、見逃すことはないでしょう。

次回からはシーズンオフ企画、F1 LEGENDS 1989年、1990年をお届けいたします。
この2年は私が一番、熱狂的に見ていた時代なので、
すごく、フジテレビNEXTでの放映をすごく楽しみにしています。
今季のチャンピオン争いは最終戦にまでもつれ込みました。
可能性ということであれば、まだ4人にチャンスが残されています。
しかしハミルトンは、上位3人が全てリタイヤし、
尚かつ優勝しない限りほぼ可能性はありません。
なので、そんな確率はほぼ0ですから除外します。

ベッテルは現在、ポイントランキング3位。
逆転する望みとすれば、最終戦で優勝して、
尚かつアロンソが5位以下になれば、チャンピオンを手中にできます。

そしてウェバーは、ポイントランキング2位。
最終戦に優勝すれば、アロンソが3位以下になればチャンピオンになれます。

これがどういうことかと言えば、ベッテルがこのポイント操作に加担できるんですよ。
こうベッテルは語っています。
「僕らは激しくレースをするだろう。そして自分たちがどこにいるかを
確かめるだろうね。僕の場合、状況はかなりハッキリしていると思う。
理想を言えば、ブラジルの結果を再び繰り返すことだ。
でも、それは他のふたりがどのポジションにいるかによるよ」

アブダビGPのコースでは、おそらく雨でも降らない限り、
レッドブルのマシンの圧勝でしょう。
もし、ベッテルが終盤までトップを走っていたとします。
そこで気にするのは、アロンソのポジションです。
アロンソが3位か4位にいた場合に、ウェバーが2位を走っていたら、
最後にはポジションをウェバーに譲る可能性があります。
するとウェバーにチャンピオンが転がり込んできます。

アロンソが3位か4位を決勝で走っている可能性は非常に高いと思います。
これはドライバー個人の判断で、チームオーダーではないが、
操作されたランキングってことで、ちょっともやっとするな~
自身の希望としては、ベッテル優勝、アロンソ5位以下で、
ベッテルがチャンピオンってのが、
今年の締めくくりとしては最高やと思います。
1 S.ベッテル レッドブル 33:11.8
2 M.ウェバー レッドブル 4.2
3 F.アロンソ フェラーリ 6.8
4 L.ハミルトン マクラーレン 14.6
5 J.バトン マクラーレン 15.5
6 N.ロズベルグ メルセデスGP 35.3
7 M.シューマッハ メルセデスGP 43.4
8 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1Lap
9 R.クビサ ルノー +1Lap
10 小林可夢偉  BMWザウバー +1Lap
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1Lap
12 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1Lap
14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1Lap
15 F.マッサ フェラーリ +1Lap
16 V.ペトロフ ルノー +1Lap
17 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1Lap
18 H.コバライネン ロータス +2Laps
19 J.トゥルーリ ロータス +2Laps
20 T.グロック ヴァージン +2Laps
21 B.セナ HRTF1 +2Laps
22 C.クリエン HRTF1 +6Laps
23 L.ディ・グラッシ ヴァージン +9Laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +22Laps

今回のポールはなんと、ヒュルケンベルグ!
雨の降る不安定な状況の中で非常にいい判断をしたチームも立派だが、
ヒュルケンベルグ自身の力も大きいです。
ウィリアムズは来季財政難のため、ペイドライバーを乗せなければ
ならざる状況に陥っているだけに、こういう実力のあるドライバーが
来季乗るシートがないかもって状態はなんとかなんないかなって思います。

ただ、このコースに一番合っていたのはレッドブル。
ポイントリーダーのアロンソもここでは3位狙いに徹しましたね。
ただ、ベッテルの優勝のおかげで、最終戦が非常に面白くなりました。
アロンソ、ウェバー、ベッテル・・・三つ巴の争いは、
最終戦に委ねられます。
ハミルトンも望みはありますけど、これは除外ですね。

小林可夢偉は10位入賞。
いつもの前半できるだけハードタイヤを持たせて、
後半ソフトでがんがんいく、今年何回も成功させたスタイル。
難しいレースではあったけど、無難によくまとめたと思います。

最終戦アブダビGPは予選から面白そうですね。
個人的には、ベッテルの大逆転優勝を見たい気がします。
今季、一番速かったのは彼ですもん。
楽しみ♪
1 F.アロンソ フェラーリ 2:48:20.810
2 L.ハミルトン マクラーレン +14.9
3 F.マッサ フェラーリ +30.8
4 M.シューマッハ メルセデスGP +39.6
5 R.クビサ ルノー +47.7
6 V.リウッツィ フォース・インディア +53.5
7 R.バリチェロ ウィリアムズ +1'09.2
8 小林可夢偉  BMWザウバー +1'17.8
9 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1'20.1
10 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'20.8
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1'24.1
12 J.バトン マクラーレン +1'29.9
13 H.コバライネン ロータス +1lap(s)
14 B.セナ HRTF1 +2lap(s)
15 山本左近  HRTF1 +2lap(s)
16 A.スーティル フォース・インディア +9lap(s)
17 S.ベッテル レッドブル +10lap(s)
18 V.ペトロフ ルノー +16lap(s)
19 T.グロック ヴァージン +24lap(s)
20 S.ブエミ トロ・ロッソ +25lap(s)
21 L.ディ・グラッシ ヴァージン +30lap(s)
22 J.トゥルーリ ロータス +30lap(s)
23 M.ウェバー レッドブル +37lap(s)
24 N.ロズベルグ メルセデスGP +37lap(s)

最速の2台が完走できなかった今回の韓国GP。
チャンピオンシップ争いとしては、非常に面白くなったと言えます。
ベッテルはエンジントラブルですから、
仕方ないとしても、ウェバーは自分のミスですからね。
このレベルのドライバーにチャンピオンは獲って欲しくないな
ってのが私の本音です。
ベッテルが今季、マシンのトラブル多発がなければ、
圧倒的独走でチャンピオンだったでしょうからね。

それに対して、アロンソはさすが現役最強をみせつけました。
これでポイントリーダーに立ったわけですが、
以前の記事でしていたように、シンガポールで勢いづけば、
アロンソのチャンピオン獲得が非常に高くなると書きましたが、
序々にそのようになってきましたね。

そして今回暴れまくったのは、「レインマン」スーティル。
彼の雨天時のブレーキングの深さはいつもすごいって思うんですが、
今回、その相手が小林可夢偉・・・
可夢偉のブレーキングもいつも先の方までいきますからね、
無茶してコースアウトしてしまいました。

レース後の裁定で、スーティルが避けられる接触を避けなかったとして、
次戦ブラジルGPでの5グリッド降格を言い渡した。
で、そこでスーティル、いらん言い訳したみたいで(^^;)
「レースを通じてブレーキにトラブルが発生していることを認識していた」
って言っちゃったんですね。
危険な状態を認識しているのに無茶な走行をしたってことで、
さらに1万ドル(約81万円)の罰金が科されました。

あと、今回一番かわいそうだったのはロズベルグですね。
ウェバーのミスによるもらい事故。
序盤にハミルトンをオーバーテイクし、非常に安定した速さを、
メルセデスGPのマシンで発揮していただけに残念。
もっと彼の才能は認められるべきだと思います。

あと2戦。。。
今季、本当に速くて強いマシンとドライバーのパッケージは、
ベッテルだと思います。
今季の真の実力者にチャンピオンは獲って欲しいというのが私の本音です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。