F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロータス・ルノーGPは2012年に同チームから、
キミ・ライコネンがF1復帰すると発表、
2年契約をかわしたことを明かした。

2009年末にF1を離れていたライコネンは、
これまでウィリアムズでの復帰がささやかれていたものの、
急転直下、ルノーでの復帰と相成った。


キミ・ライコネン…頂点へ-F1ドキュメント

今季初旬に別のレースで大怪我をし、
現在はリハビリ中のロバート・クビサが、
2012年シーズン開幕での復帰を断念したことから、
ロータス・ルノーGPがエースドライバーとしてライコネンの獲得に動いた。

ラリー選手権ではぱっとした成績を残すことができなかったライコネン・・・
しかし、そこでもし優勝したとしても、そのセレモニーはささやか。
そりゃ、ラリーとF1との華やかさの違いを痛感していたに違いない。
ウィリアムズからの復帰の道はあっただろうが、
そこはやはりチームの規模の違い、
ルノーGPから復帰を決めたのは当然の選択だろう。

キミファンの私としては、この復帰は大歓迎!
しかし、今のF1の移り変わりの早さについていけるのかは疑問。
2年のブランクは相当大きいと思う。


[TAG Heuer] タグホイヤー サングラス 新品 本物 ライコネン

けど、このままいけば、来季はワールドチャンピオン経験者が6人!!
現役チャンピオン、レッドブル、ベッテル。
マクラーレンには、バトンにハミルトン。
フェラーリには現役最強、アロンソ。
そして歴代最多勝チャンピオンのメルセデスGP、シューマッハ。
これにキミが加わるのだから、
なんかめっちゃ豪華なラインナップやな~(^^)
楽しみ♪
スポンサーサイト
まさかのキミ・ライコネンのF1復帰が意外な所から、湧いて出た。

現在はアフリカやモナコを拠点にビジネスマンとして活躍する、
タキ井上こと、元F1ドライバー井上隆智穂・・・
まあ、彼がF1ドライバー、それもスポット参戦ではなく、
1995年にアロウズで1年通じてドライブしたのを知っているのは、
かなりのマニアでしょう。


日本の名レース100選 Vol.059 '95 F1パシフィックGP

しかし、スポンサーマネーを利用して獲得したシートでは、
その遅さも顕著であったが、
レスキューカーに轢かれた珍場面でも有名だ(^^)

その井上隆智穂がツイッターにて、
「ライコネン、来季ウィリアムズ決定! ここだけの話だ!」
とつぶやいたのだ。
F1ドライバーとしては才能はなかったが、
ビジネス界ではかなりの大物である「井上隆智穂」。

どうやら、井上は、ウィリアムズがライコネンを獲得できた場合、
カタール国立銀行とのスポンサー契約を結ぶことにも絡んでいるようである。

私はかなり眉唾もんの発言やと思いますね。
こういう発言をすると、マネーの動きも活発になります。
それを見越しての発言かと。
隆智穂の舌鋒は、現役時代でも有名でしたもん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。