F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 セバスチャン・ベッテル (GER) レッドブル RB7 Renault 1:30'17.558
2 2 マーク・ウェバー (AUS) レッドブル RB7 Renault 1:30'26.365
3 5 フェルナンド・アロンソ (ESP) フェラーリ F150th Ferrari 1:30'27.633
4 3 ルイス・ハミルトン (GBR) マクラーレン MP4-26 Mercedes 1:30'57.790
5 8 ニコ・ロズベルグ (GER) メルセデスGP MGP W02 Mercedes 1:31'05.097
6 4 ジェンソン・バトン (GBR) マクラーレン MP4-26 Mercedes 1:31'16.989
7 9 ニック・ハイドフェルド (GER) ルノー R31 Renault 1:31'18.415
8 10 ヴィタリー・ペトロフ (RUS) ルノー R31 Renault 1:31'25.726
9 18 セバスチャン・ブエミ (SUI) トロ・ロッソ STR6 Ferrari 1:31'26.952
10 16 小林 可夢偉 (JPN) ザウバー C30 Ferrari 1:31'35.579
11 6 フェリペ・マッサ (BRA) フェラーリ F150th Ferrari 1:31'37.381
12 7 ミハエル・シューマッハ (GER) メルセデスGP MGP W02 Mercedes 1:31'43.002
13 14 エイドリアン・スーティル (GER) フォース・インディア VJM04 Mercedes +1周
14 17 セルジオ・ペレス (MEX) ザウバー C30 Ferrari +1周
15 11 ルーベンス・バリチェロ (BRA) ウィリアムズ FW33 Cosworth +1周
16 19 ハイメ・アルグエルスアリ (ESP) トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
17 12 パストール・マルドナド (VEN) ウィリアムズ FW33 Cosworth +1周
18 20 ヤルノ・トゥルーリ (ITA) ロータス T128 Renault +1周
19 21 ヘイキ・コバライネン (FIN) ロータス T128 Renault +2周
20 25 ジェローム・ダンブロジオ (BEL) ヴァージン MVR-02 Cosworth +2周
21 22 ナレイン・カーティケヤン (IND) HRT F111 Cosworth +3周
22 23 ビタントニオ・リウッツィ (ITA) HRT F111 Cosworth +5周
リタイア
-- 15 ポール・ディ・レスタ (GBR) フォース・インディア VJM04 Mercedes
-- 24 ティモ・グロック (GER) ヴァージン MVR-02 Cosworth

やっぱり、今年のF1は面白い!
DRS(可変リアウィング)を使ってのオーバーテイクショー。
過去、私、どうしても深夜放送のため、
見ている途中で寝てしまうことも多かったんですけど、
今年は今まで4戦とも最後まで見入っています。
あとピレリのタイヤが摩耗で極端に性能が落ちるのも、
その戦略もまた、面白さを向上させています。

その中、ベッテルが圧勝でした。
レース後の記者会見でも、楽なレースだったと言ってましたね。
しかし、同じ車に乗ってる、ウェバーどうしたんでしょう?
去年は結構、互角に遣り合ってたのにね。
他のチーム、マクラーレンやフェラーリでは、
この勢いは止められないでしょう。
後方の争いが面白くなっているのに、
チャンピオンシップ争いは独走のままでいきそうですね。

可夢偉、やりましたね~
最後尾からの10位入賞です。
最後、マッサに追い立てられて、ひやひやもんでしたが。
あと1周あったら、完全に抜かれていたでしょう。
しかしマシンの性能考えると、とんでもない結果やと思います。
チームメイトのペレスも結構頑張ってると思いますけど、
開幕戦はタイヤ戦略の差で、前にいかれましたが、
その実力差は明白です。

中盤の争いは非常に激しいです。
メルセデスGPを筆頭に、ルノーが続いておりますし、
次に、ザウバー、フォースインディア、トロ・ロッソ、ウィリアムズ、
このあたりが団子状態です。
なので、この中で結果を出すことが可夢偉の前半戦の使命ですね。
すると来季、トップチームへのステップアップもありえますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。