F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 ジェンソン・バトン FL マクラーレン
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン
4 マーク・ウェバー レッドブル
5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6 小林可夢偉 ザウバー
7 キミ・ライコネン ロータス
8 セルジオ・ペレス ザウバー
9 ダニエル・リカルド トロ・ロッソ
10 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア
11 ジャン-エリック・ベルヌ トロ・ロッソ
12 ニコ・ロズベルグ メルセデス
13 パストール・マルドナド ウィリアムズ
14 ティモ・グロック マルシャ

リタイア
ピック マルシャ
セナ ウィリアムズ
マッサ フェラーリ
コバライネン ケータハム
ペトロフ ケータハム
ミハエル メルセデス
グロージャン ロータス
ヒュルケンベルグ フォース・インディア

出走せず
デ・ラ・ロサ HRT 0
カーティケヤン HRT 0

今年の勢力図がようやく分かりましたね。
開幕前のテストでは、マクラーレン、レッドブルあたりは力を隠していた気が。
で、結局、蓋を開けてみると、上位はこの4台。
ただ、去年のレッドブルのダントツの速さはなく、
マクラーレンとレッドブルのトップ争いが熾烈そうです。

で、やるかなと思ったメルセデスGPがレースペースになると、
拍子抜けな気がしました。
そしてフェラーリのスピードのなさはテストから深刻です。

意外に速かったのがウィリアムズ。
ただ、マルドナドってドライバーはミス多いよな~
ファイナルラップの混乱の張本人になりましたが、
めちゃめちゃもったいない。

ま、そのどさくさに紛れて、可夢偉はファイナルラップで9位から、
一気に6位にジャンプアップするんですけどね(^^)

ザウバーはこれでコンストラスターズでマクラーレン、レッドブルに続き、
3位という好調な出足となりました。
今のザウバーはマクラーレン、レッドブルほどの速さはないけれど、
フェラーリ、メルセデスGP、ウィリアムズ、ロータス・・・
このあたりとの競争力では負けていませんね。

ま、なかなか面白い開幕戦でありました。
スポンサーサイト
1 ジェンソン・バトン マクラーレン MP4-26 Mercedes 1:46'42.337
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル RB7 Renault RS27 +3.588
3 フェルナンド・アロンソ フェラーリ F150th Ferrari +19.819
4 ルイス・ハミルトン マクラーレン MP4-26 Mercedes +48.338
5 マーク・ウェバー レッドブル RB7 Renault RS27 +49.742
6 フェリペ・マッサ フェラーリ F150th Ferrari +1'23.176
7 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア VJM04 Mercedes +1周
8 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
9 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP MGP W02 Mercedes +1周
10 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ STR6 Ferrari +1周
11 小林 可夢偉 ザウバー C30 Ferrari +1周
12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー R31 Renault +1周
13 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ FW33 Cosworth CA2011 +2周
14 エイドリアン・スーティル フォース・インディア VJM04 Mercedes +2周
15 セルジオ・ペレス ザウバー C30 Ferrari +2周
16 パストール・マルドナド ウィリアムズ FW33 Cosworth +2周
17 ティモ・グロック ヴァージン MVR-02 Cosworth +4周
18 ダニエル・リカルド HRT F111 Cosworth +4周
19 ジェローム・ダンブロジオ ヴァージン MVR-02 Cosworth +5周
20 ビタントニオ・リウッツィ HRT F111 Cosworth +5周
リタイア
-- ヘイキ・コバライネン ロータス T128 Renault
-- ミハエル・シューマッハ メルセデスGP MGP W02 Mercedes
-- ニック・ハイドフェルド ルノー R31 Renault
-- ヤルノ・トゥルーリ ロータス T128 Renault

可夢偉、ポイント撮れてたのにね~
タイヤ戦略を他のチーム同様にしてたら、
8位にはなれてたと思います。

後半、ポジション守るために必死の防戦でしたけど、
あの場面、あんまり国際映像にして欲しくなかったですね。
いつもは攻めの走りイメージの可夢偉ですから、
あれはちょっとイメージダウンになったと思います。

雨交じりのレースを制したのはバトン。
こういうレース組み立ての巧さはさすがとしかいいようがない。
2006年の初優勝も、このハンガリーの雨のレースでしたもん。
今シーズン、ずっとハミルトンに負けっぱなしのイメージでしたが、

表彰台んとき、バトンパパと一緒に、
道端ジェシカ、映ってましたね。

あれは絵になると思うけど、
もし可夢偉が表彰台に上ったときに映るのがあびる優やと思うと、
ちっとそれは嫌やなって思うのは私だけ?

さあ、長い夏休みに入ります。
ベッテルは2位をキープできたので、
連続チャンピオンに一歩前進ですね。
現在、トップ争いしているドライバーの中では一番好きやけど、
アロンソ、ハミルトンにも、明けには、
もっとレース面白くして欲しいと願っています。
1 J.バトン マクラーレン 4:04:39.537
2 S.ベッテル レッドブル +2.7
3 M.ウェバー レッドブル +13.8
4 M.シューマッハ メルセデスGP +14.2
5 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +20.3
6 F.マッサ フェラーリ +33.2
7 小林可夢偉 ザウバー +33.2
8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +35.9
9 R.バリチェロ ウィリアムズ +45.1
10 S.ブエミ トロ・ロッソ +47.0
11 N.ロズベルグ メルセデスGP +50.4
12 P.デ・ラ・ロサ ザウバー +1:03.6
13 V.リウッツィ HRT 1lap
14 J.ダンブロシオ ヴァージン 1lap
15 T.グロック ヴァージン 1lap
16 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1lap
17 N.カーティケヤン HRT 1lap
18 P.ディ・レスタ フォース・インディア 3lap(s)
19 P.マルドナード ウィリアムズ 9lap(s)
20 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 15lap(s)
21 A.スーティル フォース・インディア 21lap(s)
22 F.アロンソ フェラーリ 34lap(s)
23 H.コバライネン チーム・ロータス 42lap(s)
24 L.ハミルトン マクラーレン 63lap(s)

雨に祟られたジル・ヴィルヌーブサーキット。
まず、この模様は、私は赤旗中断後、テレビで見ておりません。
って、普通に地上波で見ておられた方は一緒ですよね。
スカパーの方では、勿論、最後まで放送されていたんでしょうが。

1時間半にも及ぶ中断があれば、朝のめざましが始まる前までは、
F1中継延長してくれんかなとも思ったんですけどね。
結局は4時過ぎに途中終了しちゃいました。

しかし!!!絶対に結果をリアルに知りたかったんですよ。
赤旗中断前までに、小林可夢偉はベッテルの後ろ、2位を走行。
久しぶりの日本人表彰台が見れるかもって状態です。

映像は見れなくても、ライブタイミングでってことで、
PCの電源を立ち上げ、ライブタイミングを。
F1は生中継のスカパーで見なくなってからは、
こっちのライブタイミングは繋げていなかったので、
パスワード、忘れてしまってた・・・
慌てて、新たに登録し直す私(^^;)

結局、可夢偉はずるずると後続に抜かれて7位。
マシンをレイン寄りのセッティングにしてたんですね。
なので、雨の上がった後半は大苦戦でした。

もっと早く再開されていれば、違った結果になったかも。
まあ、けど、よくやったなって思いますよ。
今回、レース開始前にトップチームの首脳に、
可夢偉移籍の可能性をインタビューをしておりましたが、
ほぼ来季はゼロみたいですね・・・
けど、この連続ポイント獲得は、非常に意義あると思います。

翌日は思いっきり寝不足、しんどかった~。、
なので、今回の記事作成も遅くなりました。
アメリカ大陸の開催ん時は、いっつも翌日に負担かかりますね。
1 S.ベッテル レッドブル 1:37:39.832
2 J.バトン マクラーレン +3.2
3 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP +25.0
4 M.ウェバー レッドブル +26.3
5 F.マッサ フェラーリ +36.9
6 F.アロンソ フェラーリ +57.2
7 小林可夢偉 ザウバー +1:06.4
8 L.ハミルトン マクラーレン +1:09.9
9 M.シューマッハ メルセデスGP +1:24.8
10 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:31.5
11 A.スーティル フォース・インディア +1:41.3
12 N.ロズベルグ メルセデスGP +1lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1lap
14 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap
15 H.コバライネン チーム・ロータス +1lap
16 T.グロック ヴァージン +2laps
17 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +4laps
18 V.リウッツィ HRT +10laps
19 J.ダンブロシオ ヴァージン +14laps
20 J.トゥルーリ チーム・ロータス +25laps
21 S.ペレス ザウバー +33laps
22 R.バリチェロ ウィリアムズ +34laps
23 N.カーティケヤン HRT +42laps
24 P.マルドナード ウィリアムズ +48laps

※レース後、F.アロンソとL.ハミルトンに20秒加算ペナルティーが出される。

開幕戦で圧倒的な力を見せつけた、レッドブルのベッテル。
この2戦目でもその力を大いに発揮しました。
チームメイトのウェバーと何が違うかと言えば、
そのタイヤマネージメントの上手さですよね。
昨年、ブリジストンの浜島さんも言ってましたけど、
一番よくタイヤについて聞きに来たあの子だからこそ、
チャンピオンを獲れたんだってことです。

そのタイヤの使い方の巧妙さでは、
マクラーレンのバトンもそうです。
チームメイトのハミルトンは速さは上ですけど、
タイヤの使い方が全然駄目ですもんね。
今年の持たないピレリタイヤでは苦戦するでしょう。

そしてチーム力として昨年より格段にアップしたのがルノー。
開幕戦に続いて、表彰台を獲得です。
ハイドフェルドは開幕戦でどうかな?ってパフォーマンスでしたが、
見事に修正してきましたね。
今後のペトロフとの力差に注目です。

そして速さと巧さを併せ持つドライバーが小林可夢偉でしょう。
今のザウバーのマシン力から言って、
その力を十二分に使いきっていると思います。
予選でQ3まで持っていける速さと、
そしてタイヤをとことんいたわり、ピット戦略をエコさせて、
決勝のレースマネージメントを見事に組み立てる力を持っています。
絶えず、5位~7位あたりのポイントを狙ってほしいですね。
雨が降ったりして荒れたレースになれば表彰台、充分狙えます。

強いレッドブルを追うマクラーレン。
そしてフェラーリ、ルノーが続いてきています。
ザウバーがそこにどうやって割って入っていくか。
小林可夢偉の今後に期待です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。