F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巧くて堅実なドライバー・・・
私がジェンソン・バトンに抱いているイメージですね。
急な雨などで荒れたレースの時ほど、バトンは本領を発揮します。
そういえば、初優勝の2006年ハンガリーGPも荒れたレースでしたね。
あのオールホンダでの勝利は今でも忘れられないです。


1/43 ホンダ F1 レーシング RA106 ハンガリーGP 2006 「バトン初優勝」

そのジェンソン・バトンであるが、
フェラーリと2013年の契約を結ぼうとしているという情報が出てきた。

マクラーレンとジェンソン・バトンとの間の現在契約は、
今年2011年までとされている。
その契約を延長するかどうかのオプションは、
チーム側にあるということが明らかとなっている。
しかし、現時点でまだその契約の延長に関する公式な声明は出されていない。

マクラーレンがなぜ評価の高いドライバーである、
バトンとの契約延長権を行使したとの声明がだされないのだろうか?

この遅れについて、推測されているのは、
原バトンがスポンサー活動等で拘束される日数を少なくするよう
求めているからではないかと噂がある。

しかし、マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュは、
「そんな理由ではない」と答えていた。
そこで考えられる理由としては以下の通り。
・バトンはマクラーレンに対して2012年のみの契約を望んでいる。
            ↓
・2013年以降についてはどのチームとも契約を行うことができる。
            ↓
・フェラーリはフェリペ・マッサとの契約は2012年まで。
            ↓
・フェラーリとしてはアロンソのチームメイトとしてバトン獲得を狙っている。
            ↓
・バトン自身、憧れていたチームの一つで走るのは夢。

ってことで、2013年のバトン、フェラーリ入りはありえる話かもしれない。


ポスター マクラーレン J.バトン

おそらく、ここ2,3戦でマクラーレンとバトンの契約は更改されるであろうが、
その契約が単年か複数年かで、この憶測が明らかになるであろう。
スポンサーサイト
過去歴代、ワールドチャンピオン獲得ドライバーは?
まあ、F1見てる方なら、誰もがご存知であろう。
2011年現在、メルセデスGPで走っている、ミハエル・シューマッハである。
過去、7度のワールドチャンピオン獲得、そして、歴代勝利数も1位。
その天才は、40歳を超えた年齢でも、
現在でも並のF1ドライバーの能力を維持しているのだから、たいしたものだ。

そのミハエル・シューマッハがフェラーリ移籍後、
初タイトルを手にしたのが2000年。
このフェラーリF1-2000でのことだ。


タミヤITEM 1/20スケール フェラーリ F1-2000

フェラーリF1-2000は、スクーデリア・フェラーリにて、
ロス・ブラウンとロリー・バーンが設計した。

この前年、1999年のシーズンは、シューマッハは骨折により、
シーズン終盤を欠場する事態に陥った。
その時点でこの年のマシンF399の風洞開発を止め、
マシンの熟成をそれ以上行なわないで、
代わりにF1-2000の開発を進めていくといった念入りな準備を行った。
そして1999年のマシン、F399を元に正常進化させたマシンを開発したものである。


M・シューマッハ直筆サイン入りフォト/フェラーリ シューマッハ&アーバイン

フロントウイングは、後退角がついたデザインである。
またノーズの高さが極限まで上げられた。
マクラーレンが1998年シーズンマシンであるMP4-13で始めた、
ノーズにフィンを立てて規定よりも細くするデザインを真似て、
空力を極限まで追求している。

サイドポンツーンは前年F399が両側が高くなっていたのに対して
逆に下がっていくなで肩形状にしている。
この中に内蔵されるラジエーターは、
表面積を確保するために片側あたり2枚をズラして配置してある。
また、排熱口がリヤタイヤ前に設けられて、
サーキットコンディションに合わせてサイズの拡大・縮小が可能である。

このシーズンもミハエルシューマッハが、
マクラーレンのミカハッキネンと熾烈なチャンピオン争いを繰り広げたのだが、
フェラーリにとって21年ぶりのダブルタイトルを獲得した。
またチームメイトのルーベンス・バリチェロも初優勝をもぎとった。
非常にバランスのいい、運転しやすいマシンであったようである。

今、見てもそのフォルムは、空力的に美しいマシンに仕上がっていますね。
そのハイノーズもこの時代の流行でした。
そして2000年~2009年フェラーリ黄金時代を形成していくこととなります。
フェラーリのモンテゼモーロは「CNN」のインタビューに対し、
2012年もフェルナンド・アロンソのチームメイトはマッサになると明言。
「ああ、彼とわれわれは今シーズンと来シーズンの契約を有しているからね。
だから、(残留には)間違いなく疑問の余地などない」とコメントした。
との報道がありました。

まあ、しかし、F1の契約なんて、あってなきしもの。
特にフェラーリは昨年、ライコネンの契約を解除して、
アロンソを迎え入れているチームですからね。
マッサの中盤以降のパフォーマンス次第で、契約は解除されるでしょう。

その後釜に噂されているのは、マーク・ウェバー(レッドブル)に、
ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)あたりである。
本来はクビサ(ルノー)を乗せたかったでしょうけど、
あの事故での大ケガから、いかに復帰できるか次第でしょうね。

トップチーム移籍を目指す小林可夢偉ですが、
この動向次第でレッドブル、フェラーリ、マクラーレン以外では、
移籍の可能性もあります。
ただ、現在のザウバーよりも上となると、
メルセデスGPかルノーになりますけどね。
特にメルセデスGPはシューマッハのパフォーマンスが低レベルですし、
可能性はあるのではないでしょうか。
ただ、ザウバーが手放したくないでしょう。
ペーターザウバーも来季は同じラインナップでと早くに発言しています。

あまり動きのなかった2011年シーズンでしたけど、
2012年は大幅に動きがある予感がします。
1 F.アロンソ フェラーリ 16:24.572
2 J.バトン マクラーレン +2.9
3 F.マッサ フェラーリ +4.2
4 S.ベッテル レッドブル +28.1
5 N.ロズベルグ メルセデスGP +29.9
6 M.ウェバー レッドブル +31.2
7 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +32.8
8 R.クビサ ルノー +34.0
9 M.シューマッハ メルセデスGP +44.9
10 R.バリチェロ ウィリアムズ +1'04.2
11 S.ブエミ トロ・ロッソ +1'05.0
12 V.リウッツィ フォース・インディア +1'06.1
13 V.ペトロフ ルノー +1'18.9
14 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +1Lap
15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1Lap
16 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
17 T.グロック ヴァージン +2Laps
18 H.コバライネン ロータス +2Laps
19 山本左近 HRTF1 +2Laps
20 L.ディ・グラッシ ヴァージン +3Laps
21 J.トゥルーリ ロータス +7Laps
22 B.セナ HRTF1 +42Laps
23 L.ハミルトン マクラーレン +53Laps
24 小林可夢偉 BMWザウバー +53Laps


F1 2010 本選仕様 ザウバー C29 #23 ヨーロッパGP 7位 小林可夢偉

今回のレースはあまり食い入るように見るような場面はなかったですね。
まず、小林可夢偉がギアボックストラブルで、
ピットスタート、1周も走れないリタイヤ。
4速以上が使えない状態だったらしく、この高速サーキットで、
そのトラブルは致命的でしょう。
このモンツァはザウバーのマシンに全く合っていないコースで、
その中、予選で驚異的な速さを見せていただけに残念。
ただ、そのポイント獲るのが難しいコースでのリタイヤだったのが救いかな。
次のシンガポールもザウバーには厳しいコースだけに、
鈴鹿への期待が高まります。

もう一つ、面白くなかった理由に、オーバーテイクがほとんどなかったこと。
順位変動はピット戦略時であったぐらいでした。
今回、レッドブルのマシンも、このサーキットと相性が悪くて、
中団に低迷しておりましたが、なかなか前の車を抜けませんでした。
特にウェバーがヒュルケンベルグを抜くのに苦しんでいたのが、
その一番、顕著な例でしょう。


【マテル】フェラーリ F10 2010 フェルナンド・アロンソ

今回の優勝はアロンソでしたが、ここモンツァで勝つようなことがあると、
アロンソのシリーズチャンピオンへの望みが繋がると前回書きましたが、
その通りになっちゃいましたね(^^)
特にポイントリーダーであったハミルトンがリタイヤ、
2位のウェバーが6位であった今回の結果を見ると、
非常にその可能性は強まったと思います。
次のシンガポール、そして鈴鹿と、フェラーリのマシン的には、
レッドブル、マクラーレンと互角の力を発揮するでしょう。
そうなると、本当に強いドライバーが前に出てきます。
アロンソとハミルトンの争いになるのではと私は思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。