F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年イタリアGPでスチュワードを務めた元F1ドライバー、
デレック・デイリーが、ルイス・ハミルトンに対する、
ミハエル・シューマッハーのブロックは、
ペナルティの対象にするべきものだったと語っている。

イタリアGP決勝で、シューマッハーとハミルトンは、
何周にもわたってバトルを続け、
ストレートに伸びがあるメルセデスGPに対して、
ハミルトンはなかなかシューマッハーを抜くことができなかった。


M・シューマッハ直筆サイン入りフォト/フェラーリ シューマッハ&アーバイン

シューマッハーのディフェンスについては、
FIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングから、
メルセデスに対して警告があり、チーム代表のロス・ブラウンは、
無線でシューマッハーに対し、「1台分スペースを空けろ」と指示を出した。

後にマクラーレンチームはシューマッハーのドライビングに対して不満を述べたが、
シューマッハーにペナルティは科されなかった。

しかしデイリーは、イタリアGP後に、
「シューマッハーに対しペナルティを出すべきだった」
とのコメントを発表した。
彼は他の事故(フェリペ・マッサとヤルノ・トゥルーリの
セカンドシケインでの事故)についてチェックをしていたため、
シューマッハーが問題になるドライビングをしたのを見逃したのだという。

「彼は今までに何度も警告されており、このドライビングスタイルは、
今学習中の若手ドライバーたちにまねしてほしい類のものではない」
とも言及。

2011年FIAスポーティングレギュレーション20.2条には、
「ポジションを守るため、2回以上方向を変えること、
故意にマシンをコース端まで寄せること、その他正常でない方向転換など、
他のドライバーの妨げとなる行為は禁じる」と記されている。


MINICHAMPS 1/43スケール メルセデスGP M.シューマッハ 2010

まあ、確かに、あれでドライブスルーペナルティが出なかったのも
不思議やっただけに、ミハエルは助かりましたね~
去年のバリチェロへの幅寄せといい、
もっと過去ではデイモンヒルにわざとぶつけたりと、
昔から汚い手は何度も使うシューマッハであるが、
まあ、これほどの人間やからこそ、競争の激しい世界で生き残ってきたのだ。
その生き様に関しては、参考にするべきであるとは私は思っている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。