F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巧くて堅実なドライバー・・・
私がジェンソン・バトンに抱いているイメージですね。
急な雨などで荒れたレースの時ほど、バトンは本領を発揮します。
そういえば、初優勝の2006年ハンガリーGPも荒れたレースでしたね。
あのオールホンダでの勝利は今でも忘れられないです。


1/43 ホンダ F1 レーシング RA106 ハンガリーGP 2006 「バトン初優勝」

そのジェンソン・バトンであるが、
フェラーリと2013年の契約を結ぼうとしているという情報が出てきた。

マクラーレンとジェンソン・バトンとの間の現在契約は、
今年2011年までとされている。
その契約を延長するかどうかのオプションは、
チーム側にあるということが明らかとなっている。
しかし、現時点でまだその契約の延長に関する公式な声明は出されていない。

マクラーレンがなぜ評価の高いドライバーである、
バトンとの契約延長権を行使したとの声明がだされないのだろうか?

この遅れについて、推測されているのは、
原バトンがスポンサー活動等で拘束される日数を少なくするよう
求めているからではないかと噂がある。

しかし、マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュは、
「そんな理由ではない」と答えていた。
そこで考えられる理由としては以下の通り。
・バトンはマクラーレンに対して2012年のみの契約を望んでいる。
            ↓
・2013年以降についてはどのチームとも契約を行うことができる。
            ↓
・フェラーリはフェリペ・マッサとの契約は2012年まで。
            ↓
・フェラーリとしてはアロンソのチームメイトとしてバトン獲得を狙っている。
            ↓
・バトン自身、憧れていたチームの一つで走るのは夢。

ってことで、2013年のバトン、フェラーリ入りはありえる話かもしれない。


ポスター マクラーレン J.バトン

おそらく、ここ2,3戦でマクラーレンとバトンの契約は更改されるであろうが、
その契約が単年か複数年かで、この憶測が明らかになるであろう。
スポンサーサイト
これほどまでにシーズン通して、強かったマシンは、
F1史上最強と言っていい。
そして、アイルトン・セナに、1988年に、
初のワールドチャンピオンをもたらした記念すべきマシン。
ホンダエンジンであったのもあり、日本人にも馴染み深いですね。


アマルガム1/8スケールマクラーレン ホンダ MP4/4 No.12/1988 A.セナ

このマクラーレン・MP4/4は、設計責任者はスティーブ・ニコルズ。
この前年1987年は、マクラーレンはエンジンはTAG(ポルシェ)であったが、
この1988年にホンダにチェンジ。
MP4/4がシェイクダウンを行ったのはわずか開幕戦の11日前で、
場所はイモラだった。
この時、マクラーレンの技術部門にはゴードン・マレーが属しており、
MP4/4はマレーが設計した「フラットフィッシュ(ヒラメ)」の異名をとった
ブラバムの「BT55」とよく似て、低重心であった。
ドライバーのポジションは寝るような体勢になっており、
搭載したホンダのRA168Eエンジンも、前年型のRA167Eから、
クラッチとフライホイールを小径化することなどで重心が下げられた。

MP4/4は全16戦中、イギリスGPを除く15回のポールポジションと、
イタリアGPを除く15回の勝利を獲得し、シーズンを圧倒した。
獲得したコンストラクターズポイントは199点で、
2位フェラーリ(65ポイント)の3倍以上だった。


【ジョーホンダレーシング 3弾 マクラーレンMP4/4】

アラン・プロストとアイルトン・セナの、
両マクラーレンドライバーによって争われたドライバーズチャンピオン争いは、
7勝のプロストに対し8勝を挙げたセナのものとなった。
獲得総ポイントではプロストが105、セナが94でプロストが上回ったが、
この当時は有効ポイント制によりベスト11戦のリザルトが有効とされ、
有効ポイントでは、セナが90、プロストが87でセナがチャンピオンとなったのだ。

このマシンはどちらかと言えばシャシーの力よりも、
ホンダエンジンのハイパワーのおかげで速かったと見られている。
しかし同じホンダエンジンを載せた、
中島悟、ネルソンピケ所属のロータス・ホンダが、
ピーキーなマシン特性でそのハイパワーを受け止められなかったのを考えると、
非常に素直で運転しやすいマシンに仕上がっていたのだと思います。


A.セナ フォト/1988 マクラーレン・ホンダ コックピット

このマクラーレン・ホンダのマシンとセナ・・・
その後、日本にF1ブームを巻き起こすきっかけとなりましたね。
1 L.ハミルトン マクラーレン 1:36:58.226
2 S.ベッテル レッドブル +5.1
3 M.ウェバー レッドブル +7.5
4 J.バトン マクラーレン +10.0
5 N.ロズベルグ メルセデスGP +13.4
6 F.マッサ フェラーリ +15.8
7 F.アロンソ フェラーリ +30.6
8 M.シューマッハ メルセデスGP +31.0
9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +57.4
10 小林可夢偉 ザウバー +1:03.2
11 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:08.7
12 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP +1:12.7
13 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:30.1
14 S.ブエミ トロ・ロッソ +1:30.6
15 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
16 H.コバライネン チーム・ロータス +1Lap
17 S.ペレス ザウバー +1Lap
18 P.マルドナード ウィリアムズ +1Lap
19 J.トゥルーリ チーム・ロータス +1Lap
20 J.ダンブロシオ ヴァージン +2Laps
21 T.グロック ヴァージン +2Laps
22 V.リウッツィ HRT +2Laps
23 N.カーティケヤン HRT +2Laps
24 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +47Laps

いや~今年のF1はオーバーテイクが多くなり面白くなりました。
可変リアウィング(DRS)の導入は正解でしょう。
昨今のF1は後ろの車が速くても抜けないことが多過ぎました。

そんな中、ずっと独走体制を築き、
チャンピオンとしての帝王を2戦歩んできたベッテル。
しかし今回はスタートで出遅れ、マクラーレンの後塵を拝します。
私の予想ではベッテルの独走を止めるのはバトンやと思ったんですけど、
それはハミルトンでしたね~
チームのタイヤマネージメントがすごくうまくて、
ハミルトン独自の持ち前の速さを、導き出したと思います。

2戦連続入賞は小林可夢偉。
可夢偉はクレバーな上に、とっさの反射力に長けています。
序盤で10位以内に持っていける能力はさすが。
今までの日本人ドライバーの中で、その才能は突出しているでしょう。

現在ザウバーのマシン能力は、ルノー、メルセデスGPに負け始めています。
さらにその上には、レッドブル、マクラーレン、フェラーリがいますから、
10位以内に入るのは非常に厳しくなってきましたね。
ただ可夢偉の能力でそれをカバーしていって欲しいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。