F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 J.バトン マクラーレン 1:30:53.427
2 F.アロンソ フェラーリ +1.1
3 S.ベッテル レッドブル +2.0
4 M.ウェバー レッドブル +8.0
5 L.ハミルトン マクラーレン +24.2
6 M.シューマッハ メルセデスGP +27.1
7 F.マッサ フェラーリ +28.2
8 S.ペレス ザウバー +39.3
9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +42.6
10 N.ロズベルグ メルセデスGP +44.3
11 A.スーティル フォース・インディア +54.4
12 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:02.3
13 小林可夢偉 ザウバー +1:03.7
14 P.マルドナード ウィリアムズ +1:04.1
15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1:06.6
16 B.セナ ロータス・ルノーGP +1:12.6
17 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:14.1
18 H.コバライネン チーム・ロータス +1:27.8
19 J.トゥルーリ チーム・ロータス +1:36.1
20 T.グロック ヴァージン 2lap(s)
21 J.ダンブロシオ ヴァージン 2lap(s)
22 D.リチャルド HRT 2lap(s)
23 V.リウッツィ HRT 3lap(s)
24 S.ブエミ トロ・ロッソ 42lap(s)


DRIVER'S EYES F1日本グランプリ 2010 鈴鹿 DVD

今年の鈴鹿は全く雨が降らないおだやかな天候でしたね。
観戦に行かれた方も非常に快適やったと思います。

で、この鈴鹿でほぼ決まるであろう予測のとおり、
ワールドチャンピオンはベッテルのものに。
しかし、ずっとベッテル独走状態で、
つまらないワールドチャンピオンシップでした。
レースでのオーバーテイクは、
今年は非常に多くなっただけに残念です。


アマルガム1/8 スケール レッドブル RB6 2010ベッテル/ウェバー

去年は快走した可夢偉も今年はふるわず。
前戦シンガポールGPの時にも書きましたが、
その通りの結果となりましたね。
最近ずっとチームメイトのペレスが確実性のあるミスの少ない、
ええ走りしています。
非常に今、可夢偉の印象は薄くなっているだけに、
再来年の行方が非常に危なくなっているのではないでしょうか。
可夢偉に続く日本人ドライバーは誰もおらんし、
あと5年以上は頑張ってもらわないと。


ザウバーF1チーム公認小林可夢偉 壁掛カレンダー 2012年

以降は消化試合となってしまいましたが、
オーバーテイクの多いレースを期待したいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。