F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、このマシンで思い出すのは、中嶋悟さんですね。
ロータスで3年間在籍した後、移籍したのがこのティレルチーム。
契約時、翌1991年にホンダV10エンジンの提供が決まっておりました。
そのホンダのバックアップもあり、この移籍は決まったようなもんですが、
中嶋悟ファンの私には、非常に嬉しいニュースでした。

それでは、このマシンについて。
ハーベイ・ポストレスウェイト博士製作の革新的なマシン。
今のF1マシンはすべてハイノーズになっていますが、
そのコンセプトを取り入れた最初のマシンなんですよ。


1/43 ティレル 019 1990 日本GP

元々は、1989年シーズンに使用した018の後継モデルとして開発された。
なので、見た目はほぼ、フロントウィング以外は一緒である。
それに、エアロダイナミストのジャン・クロード・ミジョーの
アイデアを取り入れたのがこの「アンヘドラル(下反角)ウィング」。

フロントセクションが高い位置に置かれるハイノーズで、
そこから湾曲させて、ウィングを取り付けるという形状である。
かつてのアメリカの戦闘機「F4U コルセア」のような、
逆ガル翼形状であったことから「コルセアウィング」とも呼ばれた。


F1 LEGENDS 中嶋悟/モーター・スポーツ

このマシンで、チームメイトのジャン・アレジはモナコで2位を獲得。
こういう市街地コースで速かったことで分かるように、
空力バランスが非常によかった。
エンジンが非力なコスワースDFRやったんで、
高速コースでは苦労しましたけどね。
このマシンがあったからこそ、
アレジは翌年フェラーリ移籍を獲得できたと言っていいです。
(まあ、アレジの才能もありますが)

しかし、このマシンでも中嶋さんは遅かった・・・
大好きなドライバーでしたけど、F1で成功したとは言えないですね。
F1デビューが34歳・・・あまりにも遅すぎました。

翌年、ホンダエンジンを載せた020も同じ形状のウィングでしたが、
パワーのあるホンダエンジンのパワーに耐えられるように、
モノコックを始め、全体的に太く作られてしまい、
空力バランスが崩れ、平凡なマシンになっていました。

その後、このマシンのコンセプトはベネトンB191が取り入れ、
吊り下げ型と呼ばれる形式を採用し、
今でもその形状はレースマシンの基本形状になっています。

今見ても、美しいマシンであるティレル019。
いつまでも忘れることはないでしょう。
スポンサーサイト
1, 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13 ルノー V10 G 70 2:00'17.421  
2,19 A.ナニーニ ベネトン B189 フォード V8 G 70 2:00'46.079 +28.658  
3, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13 ルノー V10 G 70 2:00'55.104 +37.683  
4,12 中嶋 悟 ロータス 101 ジャッド V8 G 70 2:00'59.752 +42.331  
5,20 E.ピロ ベネトン B189 フォード V8 G 68 2:02'03.998 2Laps  
6,23 P.マルティニ ミナルディ M189 フォードコスワースP 67 2:01'18.164 3Laps  
7,15 M.グージェルミン マーチ CG891 ジャッド V8 G 66 2:00'24.757 4Laps  
8, 8 S.モデナ ブラバム BT58 ジャッド V8 P 64 2:01'51.005 6Laps  
Ret 10 E.チーバー アロウズ A11 フォード コスワースDFR-V8 G 42 -  
Ret 37 J.J.レート オニクス ORE1 フォード コスワースDFR-V8 G 27 -  
Ret 26 O.グルイヤール リジェ JS33 フォード コスワースDFR-V8 G 22 -  
Ret 11 N.ピケ ロータス 101 ジャッド V8 G 19 -  
Ret 18 P.ギンザーニ オゼッラ FA1M フォード コスワースDFR-V8 P 18 -  
Ret 27 N.マンセル フェラーリ 640 フェラーリ V12 G 17 -  
Ret 1 A.セナ マクラーレン MP4/5 ホンダ V10 G 13 -  
Ret 21 A.カッフィ ダッラーラ BMS189 フォード コスワースDFR-V8 P 13 -  
Ret 16 I.カペリ マーチ CG891 ジャッド V8 G 13 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS189 フォード コスワースDFR-V8 P 12 -  
Ret 7 M.ブランドル ブラバム BT58 ジャッド V8 P 12 -  
Ret 9 D.ワーウィック アロウズ A11 フォード コスワースDFR-V8 G 7 -  
Ret 30 P.アリオー ローラ LC89 ランボルギーニ V12 G 6 -  
Ret 28 G.ベルガー フェラーリ 640 フェラーリ V12 G 6 -  
Ret 4 J.アレジ ティレル 018 フォード コスワースDFR-V8 G 5 -  
Ret 25 R.アルヌー リジェ JS33 フォード コスワースDFR-V8 G 4 -  
Ret 17 N.ラリーニ オゼッラ FA1M フォード コスワースDFR-V8 P 0 -  
Ret 2 A.プロスト マクラーレン MP4/5 ホンダ V10 G 0

この年の最終戦は非常に重い空気のまま開幕しました。
前戦鈴鹿で、セナはトップチェッカーを受けたものの、
シケイン不通過のため失格を受けることとなる。
そしてその時点でプロストのワールドチャンピオンが決定するわけだが、
これに対し、マクラーレンは提訴するのだ。
(自身のチームであるプロストがチャンピオンをとったにも関わらずである)
しかし、FIAの国際控訴法廷による判決は、セナの失格処分を支持し、
さらに10万ドルの罰金と6ヶ月の執行猶予付き出場停止を課すという厳しいものであった
マクラーレン代表のロン・デニスはこの件について、
民事訴訟を起こすことも示唆する中でレースウィークを迎えたのだ。

そしてレース当日・・・
非常に激しい雨で、スタートが30分遅れた。
プロストはこんなコンディションで走るのは危険と訴え、早々にリタイヤしてしまう。
セナは、その訴訟次第で、このレースに勝てば、逆転チャンピオンの可能性もあるので、
雨の中、アグレッシブな走りを展開します。
雨のセナはホント速かったですもんね。
しかし、14周目に前方のブランドルに追突し、リタイヤしてしまいます。
これで、この年のセナのチャンピオンの可能性はなくなりました。

その中、水を得た魚のように活き活きと走るのは中嶋悟。
この当時のF1マシンにはパワステがなかったので、結構苦労していた中嶋さん。
雨の中ですと、その力はあまり必要なく、微妙なコントロールができたんです。
これが「雨の中嶋」と言われる由来。

脅威の追い上げで4位に。
そのあとは、前のパトレーゼをファステストラップ更新で追い上げるも、
惜しくも届きませんでした。

以前から好きでしたけど、このレースで余計に中嶋さん好きになりましたね。
引退する年(1991年)の最終戦アデレードでも雨降ったので、この再現も期待したんですけど・・・
1,20 N.ピケ ベネトン B190 フォード V8 G 53 1:34'36.824  
2,19 R.モレノ ベネトン B190 フォード V8 G 53 1:34'44.047 +7.223  
3,30 鈴木亜久里 ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 53 1:34'59.293 +22.469  
4, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 53 1:35'13.082 +36.258  
5, 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 53 1:35'23.708 +46.884  
6, 3 中嶋悟 ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 53 1:35'49.174 +1'12.350  
7,25 N.ラリーニ リジェ JS33C フォード コスワースDFR-V8 G 52 1:34'58.244 1Lap  
8,23 P.マルティニ ミナルディ M190 フォード コスワースP 52 1:35'01.090 1Lap  
9,10 A.カッフィ アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 52 1:35'12.139 1Lap  
10,26 P.アリオー リジェ JS33C フォード コスワースDFR-V8 G 52 1:35'48.434 1Lap  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 38 -  
Ret 12 J.ハーバート ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 31 -  
Ret 9 M.アルボレート アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 28 -  
Ret 2 N.マンセル フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 26 -  
Ret 21 E.ピロ ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 24 -  
Ret 29 E.ベルナール ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 24 -  
Ret 24 G.モルビデッリ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 18 -  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 16 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 13 -  
Ret 15 M.グージェルミン レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 5 -  
Ret 7 D.ブラバム ブラバム BT59 ジャッド V8 P 2 -  
Ret 28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 1 -  
Ret 1 A.プロスト フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 0 -  
Ret 27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 0 -  
Ret 8 S.モデナ ブラバム BT59 ジャッド V8 P 0 -  
DNS 4 J.アレジ ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P - -  

この時のF1ブームはとてつもなかったです。
本当はこの場にもいてた予定やったんですけど、チケットはずれた・・・

私は1987年来、ほとんどのレースを最後まで見ております。
(時々、途中で寝落ちしているレースもあるので・・・^^;)
その中でもこの年の鈴鹿ほど強烈な印象を残しているレースはありません。

チャンピオンに王手をかけたセナ。
見事にポールポジションを獲得しますが、
この年のグリッド位置って奇数が内側なんですよ。
知っての通り鈴鹿の正面グランドスタンド前のストレートは、
外側を通るのがレコードラインです。
なので、今は奇数が外側のグリッド位置になっています。


セナ生誕50年記念 「セナvsプロスト」

セナはこれを外側にするように進言しますが却下。
ライバルのプロストもこの外側優位性を分かっており、
その変更に同意したにも関わらずです。

スタート後、やはり埃っぽい内側で発進したセナは、
ホイールスピンして出遅れます。
ポジション2位のプロストは前へ出て、鈴鹿の1コーナーへ。
そこへセナが突っ込み、絡み合ってコースアウト。
当時、テレビの前で、「なんじゃそれ!」って声を上げた記憶ありますね。

印象としては、前年鈴鹿でのシケイン接触の、セナの報復やと思いましたね。
明らかに、プロストはブレーキングを終え、そこからアクセルワークをしようとしてます。
そこにそのままセナは後ろから突っ込んでいるんですね。

これで鈴鹿全体に重い空気が漂いました。
そのどんよりした雰囲気を明るくさせたのが鈴木亜久里です。
安定した速さで上が潰れていく中、ジャンプアップしていきます。
そして3位表彰台!!
私は中嶋ファンでしたので、中嶋さんにのって欲しかったですけど、
素直に日本人として、表彰台での亜久里の笑顔に嬉しくなりました。
このあと、2004年アメリカGPでの佐藤琢磨の表彰台まで、
日本人は誰も表彰台にのりませんからね。


鈴木亜久里の挫折

そして、中嶋さんも、お得意、走り慣れている鈴鹿で奮闘、6位入賞。
3位表彰台の亜久里よりも、6位入賞の中嶋の方がスタンドの歓声が大きく、
外国のジャーナリストが、なんで記念すべき日本人初の表彰台なのに、
6位入賞の方が大きいのかびっくりしてたのは有名な話。
中嶋さんはS字のコーナリングは素晴らしくうまいですし、
ワーウィックを1コーナー手前、アウトラインで抜いていったのはさすが。
6位入賞して、亜久里の表彰台を見てくやしそうに、
「来年ホンダエンジンが来るから、次は俺が」って言っていたのが、
強烈に印象残っています。

鈴鹿はチャンピオンシップ争いがかかるレースが多いので、
いつ見ても面白いですね。
今年は鈴鹿・・・行こうかな。
1,1 A.プロスト フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 73 1:48'01.461  
2, 2 N.マンセル フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 73 1:48'23.525 +22.064  
3,19 A.ナニーニ ベネトン B190 フォード V8 G 73 1:48'36.335 +34.874  
4, 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 73 1:48'44.757 +43.296  
5, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 73 1:48'58.991 +57.530  
6,30 鈴木 亜久里 ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 73 1:49'05.189 +1'03.728  
7,25 N.ラリーニ リジェ JS33C フォード コスワースDFR-V8 G 72 1:48'19.422 1Lap  
8,15 M.グージェルミン レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 72 1:48'39.304 1Lap  
9,18 Y.ダルマス AGS JH25 フォード コスワースDFR-V8 G 72 1:49'03.585 1Lap  
10, 9 M.アルボレート アロウズA11B フォードコスワースDFR-V8 G71 1:48'55.806 2Laps  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 63 -  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 59 -  
Ret 28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 56 -  
Ret 27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 53 -  
Ret 20 N.ピケ ベネトン B190 フォード V8 G 47 -  
Ret 22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 47 -  
Ret 14 O.グルイヤール オゼッラ FA1ME フォード コスワースDFR-V8 P 45 -  
Ret 23 P.マルティニ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 41 -  
Ret 26 P.アリオー リジェ JS33C フォード コスワースDFR-V8 G 22 -  
Ret 29 E.ベルナール ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 20 -  
Ret 3 中嶋 悟 ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 13 -  
Ret 17 G.タルクイーニ AGS JH25 フォード コスワースDFR-V8 G 5 -  
Ret 8 S.モデナ ブラバム BT59 ジャッド V8 P 5 -  
Ret 4 J.アレジ ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 0 -  
Ret 21 E.ピロ ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 0

このスペインGP、今回1990年のレースのうち、8戦を放映する1つに選択されましたが、
なんでこれを選んだのかな~って思うくらいに、
全く見所がないレースやった記憶があります。
実際、今回見ていても、迫力あるオーバーテイク、全くないんですね。
この当時、ヘレスサーキットにてスペインGPは行われていたんですが、
このサーキット、ホント抜き所ないんですよ。
ハンガロリンクもオーバーテイクポイントないんですけど、それ以上ですね。


セナ生誕50年記念 「セナvsプロスト」

まあ、ここでセナがリタイヤして、プロストが優勝して、
鈴鹿が非常に面白くはなりましたけどね。
このレース自体が面白かったわけではありません。

あとは、鈴木 亜久里が中嶋悟のような納豆走法で6位入賞したぐらいか。
まあ、この好調さが次の鈴鹿に繋がっていくわけですが。

ってなことで、あまり感想のない、F1 LEGENDSでした。

あ、あとフジテレビさん。
なんで1989年最終戦オーストラリアGPを再放送しないのか?
見逃してただけに、すごく残念です。
NEXTの契約は、やっぱり3月いっぱいで終了させようかな・・・
1, 27 A.セナ マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 53 1:17'57.878  
2, 1 A.プロスト フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 53 1:18'03.932 +6.054  
3, 28 G.ベルガー マクラーレン MP4/5B ホンダ V10 G 53 1:18'05.282 +7.404  
4, 2 N.マンセル フェラーリ 641/2 フェラーリ V12 G 53 1:18'54.097 +56.219  
5, 6 R.パトレーゼ ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 53 1:19'23.152 +1'25.274  
6, 3 中嶋 悟 ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 52 1:18'29.399 1Lap  
7, 20 N.ピケ ベネトン B190 フォード V8 G 52 1:18'47.214 1Lap  
8, 19 A.ナニーニ ベネトン B190 フォード V8 G 52 1:19'17.059 1Lap  
9, 10 A.カフィ アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 51 1:18'02.417 2Laps  
10,22 A.デ・チェザリス ダッラーラ BMS190 フォード コスワース P 51 1:18'13.845 2Laps  
11,25 N.ラリーニ リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 51 1:18'45.345 2Laps  
12, 9 M.アルボレート アロウズ A11B フォード コスワースDFR-V8 G 50 1:16'44.702 3Laps  
13,26 P.アリオー リジェ JS33B フォード コスワースDFR-V8 G 50 1:19'22.064 3Laps  
NC 18 Y.ダルマス AGS JH25 フォード コスワースDFR-V8 G 45 1:18'19.325 8Laps  
Ret 16 I.カペリ レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 36 -  
Ret 30 鈴木 亜久里 ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 36 -  
Ret 14 O.グルイヤール オゼッラ FA1ME フォード コスワースDFR-V8 P 27 -  
Ret 15 M.グージェルミン レイトンハウス CG901 ジャッド V8 G 24 -  
Ret 8 S.モデーナ ブラバム BT59 ジャッド V8 P 21 -  
Ret 5 T.ブーツェン ウイリアムズ FW13B ルノー V10 G 18 -  
Ret 11 D.ワーウィック ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 15 -  
Ret 21 E.ピロ ダッラーラ BMS190 フォード コスワースDFR-V8 P 14 -  
Ret 12 M.ドネリー ロータス 102 ランボルギーニ V12 G 13 -  
Ret 29 E.ベルナール ローラ 90 ランボルギーニ V12 G 10 -  
Ret 23 P.マルティニ ミナルディ M190 フォード コスワースDFR-V8 P 7 -  
Ret 4 J.アレジ ティレル 019 フォード コスワースDFR-V8 P 4 -

まず、このレースで印象を残したのはティレル、アレジでしょう。
予選5番手、マクラーレン、フェラーリの後ろに、非力なコスワースエンジンにて、
この高速モンツァサーキットで奮闘したのもすごいですけど、
スタート後、マンセル、プロストのフェラーリ勢をオーバーテイクします。
ただし、ワーウィックのクラッシュにより、赤旗再スタートとなります。
しかし、この再スタート後も同じようにオーバーテイクするんですね。
まるで、再生録画を見ているかのようでした。
ただ、序盤、自身のミスでリタイヤしたのはもったいなかった。
けど、これで来季フェラーリ入りを確定させたようなもんです。

同じティレルのマシンに乗る、中嶋悟。
毎回、毎回、アレジにえらい差をつけられるので、見てて嫌になる日々・・・
それにこのイタリアGPの前までに6連続リタイヤしてたんです。
ただ、この日は持ち前の納豆走法で、予選14番手から6位入賞。
久しぶりに中嶋さんの笑顔みたな~って当時印象残っています。

この年の「ティレル019」ってマシンはすごく美しかったです。
アンヘドラルのフロントウィングに、
ハーベイ・ポストレスウェイト設計の洗練されたフォルム。
1992年、エイドリアン・ニューエイ設計の
ウィリアムズルノーFW14B共々、大好きなマシンです。
そう言えば、中嶋さん、この年、歌出しているんですよ。
「悲しき水中翼船」(^^)

ちょっと加山雄三ちっくな歌でした。
この019が水中翼船っぽいイメージありますもんね。

あ、レースの本題に戻りましょう。
優勝はセナ。ポール・トゥ・ウィン+ファステストラップの完全勝利です。
ただし、セナが完全勝利をするのは、生涯でこのレースが最後となります。
あとは、ポール獲ってなかったり、ファステストを叩き出していなかったりです。
この後も結構勝っているのに、意外に思いました。


アイルトン・セナ~音速の彼方へ コレクターズ・エディション 【初回生産限定】

そして、このレース、記者会見後に、印象的な出来事がありました。
記者からの、お互いそろそろもういいのでは?って言葉に、
プロストがセナに手を差し出したんですよ。
セナもその握手を素直に受け、和解したんです。
前年から続いてきた確執がこれで終わったって思ったんですけどね・・・
まあ、あの印象的な鈴鹿に続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。