F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 P.マルドナード ウィリアムズ 1:39:09.145
2 F.アロンソ フェラーリ +3.1
3 K.ライコネン ロータス +3.8
4 R.グロジャン ロータス +14.7
5 小林可夢偉 ザウバー +1:04.6
6 S.ベッテル レッドブル +1:07.5
7 N.ロズベルグ メルセデスAMG +1:17.9
8 L.ハミルトン マクラーレン +1:18.1
9 J.バトン マクラーレン +1:25.2
10 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +1Lap
11 M.ウェバー レッドブル +1Lap
12 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +1Lap
13 D.リチャルド トロ・ロッソ +1Lap
14 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1Lap
15 F.マッサ フェラーリ +1Lap
16 H.コバライネン ケーターハム +1Lap
17 V.ペトロフ ケーターハム +1Lap
18 T.グロック マルシャ +2Laps
19 P.デ・ラ・ロサ HRT +3Laps
20 S.ペレス ザウバー +29Laps
21 C.ピック マルシャ +31Laps
22 N.カーティケヤン HRT +44Laps
23 B.セナ ウィリアムズ +54Laps
24 M.シューマッハ メルセデスAMG +54Laps

まさかウィリアムズがこんなに速いなんて・・・ね。
確かに、マルドナドは開幕戦でファイナルラップまで2位走ってたもんな。
しかし、今季のF1はなんでこんな混戦、接戦なん?
私も既に25年、F1を見続けているけど、
これほどまでに各チーム力に差がないシーズンは見たことがない。
これまで5戦で勝った人間が全く違うのもすごい。


ミニチャンプス/ウィリアムズ コスワース FW32 1/43 N.ヒュルケンベルグ

その中、可夢偉はええパフォーマンス見せましたね。
ここカタロニアは非常にオーバーテイクが難しいサーキット。
特にストレートで伸びがないザウバーのマシンでは、
DRSを使っても、前の車をオーバーテイクできません。
常に今回、バトンの後ろでトラフィックに捕まりましたね。

しかし、そのバトン、そしてロズベルグを、
コーナー入り口でずばんと抜き去ったのは、さすがの可夢偉。
オーバーテイクのうまさでは、今のF1ドライバーの中では一番じゃないかな。
ただ、バトンと接触しながらもマシン壊さなかったのは、
去年も何度かあったが、ターミネーター可夢偉の真骨頂。
マシン痛めても、走りきる運の強さは持っているもんね。


F1ザウバーC30 フェラーリ オーストラリアGP No.16 2011 小林可夢偉

今回、可夢偉も言ってたけど、予選でもうちょい前やったら、
表彰台も目指せたマシンのパフォーマンスやったんで、
次回モナコは予選順位次第で、かなり前にいけるんやないかなって思います。
モナコのクネクネコースにザウバーのマシンは合ってると思うな。
スポンサーサイト
1 S.ベッテル レッドブル 1:35:10.990
2 K.ライコネン ロータス +3.3
3 R.グロジャン ロータス +10.1
4 M.ウェバー レッドブル +38.7
5 N.ロズベルグ メルセデスAMG +55.4
6 P.ディ・レスタ フォース・インディア +57.5
7 F.アロンソ フェラーリ +57.8
8 L.ハミルトン マクラーレン +58.9
9 F.マッサ フェラーリ +1:04.9
10 M.シューマッハ メルセデスAMG +1:11.4
11 S.ペレス ザウバー +1:12.7
12 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +1:16.5
13 小林可夢偉 ザウバー +1:30.3
14 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +1:33.7
15 D.リチャルド トロ・ロッソ +1lap
16 V.ペトロフ ケーターハム +1lap
17 H.コバライネン ケーターハム +1lap
18 J.バトン マクラーレン +2lap(s)
19 T.グロック マルシャ +2lap(s)
20 P.デ・ラ・ロサ HRT +2lap(s)
21 N.カーティケヤン HRT +2lap(s)
22 B.セナ ウィリアムズ +3lap(s)
23 P.マルドナード ウィリアムズ +32lap(s)
24 C.ピック マルシャ +33lap(s)

オーバーテイクの多い、見所のあるレースだっただけに、
可夢偉は残念。
2回ピットストップ作戦は無謀でしたね。
昨年まではタイヤに優しいザウバーだったのが今季は違うようです。
まあ、3回作戦のペレスも11位でしたから、
そんな上位には来なかったレースでもありましたが。


F1ザウバーC30 フェラーリ オーストラリアGP No.16 2011 小林可夢偉

そして復帰後、ライコネンは初の2位!
ライコネンファンの私としては、久々に見れたね~と感慨深い。
しかし、かっこよすぎる!!
ライコネンの男前度は私がF1を見てきた過去25年で、
ナンバー1やと思いますね。


送料無料 [TAG Heuer] タグホイヤー サングラス キミ・ライコネン

レッドブル、ロータスが今回よかった。
このようにサーキット特性で、勢力図が大きく変わる今季のF1
見所まだまだありそうですね♪
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:36:26.929
2 J.バトン マクラーレン +20.6
3 L.ハミルトン マクラーレン +26.0
4 M.ウェバー レッドブル +27.9
5 S.ベッテル レッドブル +30.4
6 R.グロジャン ロータス +31.4
7 B.セナ ウィリアムズ +34.5
8 P.マルドナード ウィリアムズ +35.6
9 F.アロンソ フェラーリ +37.2
10 小林可夢偉 ザウバー +38.7
11 S.ペレス ザウバー +41.0
12 P.ディ・レスタ フォース・インディア +42.2
13 F.マッサ フェラーリ +42.7
14 K.ライコネン ロータス +50.5
15 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +51.2
16 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +51.7
17 D.リチャルド トロ・ロッソ +1:03.1
18 V.ペトロフ ケーターハム +1Lap
19 T.グロック マルシャ +1Lap
20 C.ピック マルシャ +1Lap
21 P.デ・ラ・ロサ HRT +1Lap
22 N.カーティケヤン HRT +2Laps
23 H.コバライネン ケーターハム +3Laps
24 M.シューマッハ メルセデスAMG +44Laps

ファステストラップ 小林可夢偉(ザウバー) 40周目 1分39秒960


F1ザウバーC29 日本GP 2010 小林可夢偉 No.23

ファステストラップも記録したのに、
なんか安定したラップを刻めませんでしたね・・・
ちょっと期待し過ぎたのか、決勝は拍子抜けでした。
1 ジェンソン・バトン FL マクラーレン
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン
4 マーク・ウェバー レッドブル
5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6 小林可夢偉 ザウバー
7 キミ・ライコネン ロータス
8 セルジオ・ペレス ザウバー
9 ダニエル・リカルド トロ・ロッソ
10 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア
11 ジャン-エリック・ベルヌ トロ・ロッソ
12 ニコ・ロズベルグ メルセデス
13 パストール・マルドナド ウィリアムズ
14 ティモ・グロック マルシャ

リタイア
ピック マルシャ
セナ ウィリアムズ
マッサ フェラーリ
コバライネン ケータハム
ペトロフ ケータハム
ミハエル メルセデス
グロージャン ロータス
ヒュルケンベルグ フォース・インディア

出走せず
デ・ラ・ロサ HRT 0
カーティケヤン HRT 0

今年の勢力図がようやく分かりましたね。
開幕前のテストでは、マクラーレン、レッドブルあたりは力を隠していた気が。
で、結局、蓋を開けてみると、上位はこの4台。
ただ、去年のレッドブルのダントツの速さはなく、
マクラーレンとレッドブルのトップ争いが熾烈そうです。

で、やるかなと思ったメルセデスGPがレースペースになると、
拍子抜けな気がしました。
そしてフェラーリのスピードのなさはテストから深刻です。

意外に速かったのがウィリアムズ。
ただ、マルドナドってドライバーはミス多いよな~
ファイナルラップの混乱の張本人になりましたが、
めちゃめちゃもったいない。

ま、そのどさくさに紛れて、可夢偉はファイナルラップで9位から、
一気に6位にジャンプアップするんですけどね(^^)

ザウバーはこれでコンストラスターズでマクラーレン、レッドブルに続き、
3位という好調な出足となりました。
今のザウバーはマクラーレン、レッドブルほどの速さはないけれど、
フェラーリ、メルセデスGP、ウィリアムズ、ロータス・・・
このあたりとの競争力では負けていませんね。

ま、なかなか面白い開幕戦でありました。
バルセロナ - 2012/02/24
順位  ドライバー マシン タイム   周回数
1. 小林可夢偉 ザウバーC31 1:22.312   145
2. パストール・マルドナド ウィリアムズFW34 1:22.561   134
3. ポール・ディ・レスタ フォース・インディアVJM05 1:23.119   101
4. ジェンソン・バトン マクラーレンMP4-27 1:23.200   115
5. フェリペ・マッサ フェラーリF2012 1:23.563   103
6. マーク・ウェバー レッドブルRB8 1:23.774   85
7. ジャン-エリック・ベルヌ トロ・ロッソSTR07 1:23.792   92
8. ニコ・ロズベルグ メルセデスW03 1:23.843   139
9. ヘイキ・コバライネン ケータハムCT01 1:26.968   70
9. ティモ・グロック マルシャMVR02 1:26.173   108 (トラブルで最終日はキャンセル)



小林可夢偉のコメント
とても満足です。僕らはとても多くの距離を走ることができました。
午前に行ったセットアップの変更がラップタイムの改善につながり、
そのことはもちろんとてもポジティブです。
マシンや異なる燃料でのそれぞれのタイヤコンパウンドの振る舞いを
理解するためにやることはまだたくさんありますが、
正しい方向に進んでいます。僕らにとっていいテストでした

まあこの時期のテストタイムを単純に喜ぶわけにはいかない。
特に、ザウバーは午前中に予選用のセットアップを試したわけだから、
速くて当然なのである。
レッドブルやマクラーレン、フェラーリが、
予選用を試したのかな?いややってないなってのが印象なんよね。
ただウィリアムズ、フォースインディアは予選用ので走っているでしょう。
次のテストで大体の勢力図はわかるかなと思います。
今回では全く分かりませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。