F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これほどまでにシーズン通して、強かったマシンは、
F1史上最強と言っていい。
そして、アイルトン・セナに、1988年に、
初のワールドチャンピオンをもたらした記念すべきマシン。
ホンダエンジンであったのもあり、日本人にも馴染み深いですね。


アマルガム1/8スケールマクラーレン ホンダ MP4/4 No.12/1988 A.セナ

このマクラーレン・MP4/4は、設計責任者はスティーブ・ニコルズ。
この前年1987年は、マクラーレンはエンジンはTAG(ポルシェ)であったが、
この1988年にホンダにチェンジ。
MP4/4がシェイクダウンを行ったのはわずか開幕戦の11日前で、
場所はイモラだった。
この時、マクラーレンの技術部門にはゴードン・マレーが属しており、
MP4/4はマレーが設計した「フラットフィッシュ(ヒラメ)」の異名をとった
ブラバムの「BT55」とよく似て、低重心であった。
ドライバーのポジションは寝るような体勢になっており、
搭載したホンダのRA168Eエンジンも、前年型のRA167Eから、
クラッチとフライホイールを小径化することなどで重心が下げられた。

MP4/4は全16戦中、イギリスGPを除く15回のポールポジションと、
イタリアGPを除く15回の勝利を獲得し、シーズンを圧倒した。
獲得したコンストラクターズポイントは199点で、
2位フェラーリ(65ポイント)の3倍以上だった。


【ジョーホンダレーシング 3弾 マクラーレンMP4/4】

アラン・プロストとアイルトン・セナの、
両マクラーレンドライバーによって争われたドライバーズチャンピオン争いは、
7勝のプロストに対し8勝を挙げたセナのものとなった。
獲得総ポイントではプロストが105、セナが94でプロストが上回ったが、
この当時は有効ポイント制によりベスト11戦のリザルトが有効とされ、
有効ポイントでは、セナが90、プロストが87でセナがチャンピオンとなったのだ。

このマシンはどちらかと言えばシャシーの力よりも、
ホンダエンジンのハイパワーのおかげで速かったと見られている。
しかし同じホンダエンジンを載せた、
中島悟、ネルソンピケ所属のロータス・ホンダが、
ピーキーなマシン特性でそのハイパワーを受け止められなかったのを考えると、
非常に素直で運転しやすいマシンに仕上がっていたのだと思います。


A.セナ フォト/1988 マクラーレン・ホンダ コックピット

このマクラーレン・ホンダのマシンとセナ・・・
その後、日本にF1ブームを巻き起こすきっかけとなりましたね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。