F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は1987年からずっとF1を見続けているが、
これほど最強と呼べるマシンは過去見たことがない。
最初、このマシンを見たときになんて美しいF1マシンなんだろって、
見とれてしまいました。
1992年に製作された、ウィリアムズ FW14B ルノーである。


1/18 ウィリアムズ・ルノー FW14B

前年1991年に、レイトンハウス・マーチから移籍してきた、
エイドリアン・ニューウェイが、
ずっとウィリアムズのマシンを製作してきたパトリック・ヘッドと
共同開発し、前身のFW14を製作しました。
このマシンも非常に速かったのだが、セミオートマのトラブルで、
前半リタイヤを繰り返したことにより、
チャンピオンを逃す結果となりました。

そしてアクティブサスペンションを採用した進化版が、このFW14Bである。
レイトンハウスでも空力の天才と呼ばれた、
エイドリアン・ニューウェイだが、そのデザイン設計は、
このマシンでもたっぷりと表現されている。
現在(2011年)のレッドブルのマシンも彼の製作であるが、
その空力のバランスのよさは、今の強さを見て分かるとおりである。

ただ、エイドリアン・ニューウェイのデザインは、
ピーキー過ぎるところがあるのだ。
しかし、それをうまく受け止めてくれるアクティブサスペンションのおかげで、
このマシンは最強となったと言えるだろう。


F1GPウィリアムズミニカーコレクション

この年、ナイジェル・マンセルはシーズン10勝を挙げ、
圧倒的な独走で、初タイトルを獲得する

今見ても、このマシンに古さは感じられない。
いつまでも、忘れられないF1の名車である。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。