F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これほどまでにシーズン通して、強かったマシンは、
F1史上最強と言っていい。
そして、アイルトン・セナに、1988年に、
初のワールドチャンピオンをもたらした記念すべきマシン。
ホンダエンジンであったのもあり、日本人にも馴染み深いですね。


アマルガム1/8スケールマクラーレン ホンダ MP4/4 No.12/1988 A.セナ

このマクラーレン・MP4/4は、設計責任者はスティーブ・ニコルズ。
この前年1987年は、マクラーレンはエンジンはTAG(ポルシェ)であったが、
この1988年にホンダにチェンジ。
MP4/4がシェイクダウンを行ったのはわずか開幕戦の11日前で、
場所はイモラだった。
この時、マクラーレンの技術部門にはゴードン・マレーが属しており、
MP4/4はマレーが設計した「フラットフィッシュ(ヒラメ)」の異名をとった
ブラバムの「BT55」とよく似て、低重心であった。
ドライバーのポジションは寝るような体勢になっており、
搭載したホンダのRA168Eエンジンも、前年型のRA167Eから、
クラッチとフライホイールを小径化することなどで重心が下げられた。

MP4/4は全16戦中、イギリスGPを除く15回のポールポジションと、
イタリアGPを除く15回の勝利を獲得し、シーズンを圧倒した。
獲得したコンストラクターズポイントは199点で、
2位フェラーリ(65ポイント)の3倍以上だった。


【ジョーホンダレーシング 3弾 マクラーレンMP4/4】

アラン・プロストとアイルトン・セナの、
両マクラーレンドライバーによって争われたドライバーズチャンピオン争いは、
7勝のプロストに対し8勝を挙げたセナのものとなった。
獲得総ポイントではプロストが105、セナが94でプロストが上回ったが、
この当時は有効ポイント制によりベスト11戦のリザルトが有効とされ、
有効ポイントでは、セナが90、プロストが87でセナがチャンピオンとなったのだ。

このマシンはどちらかと言えばシャシーの力よりも、
ホンダエンジンのハイパワーのおかげで速かったと見られている。
しかし同じホンダエンジンを載せた、
中島悟、ネルソンピケ所属のロータス・ホンダが、
ピーキーなマシン特性でそのハイパワーを受け止められなかったのを考えると、
非常に素直で運転しやすいマシンに仕上がっていたのだと思います。


A.セナ フォト/1988 マクラーレン・ホンダ コックピット

このマクラーレン・ホンダのマシンとセナ・・・
その後、日本にF1ブームを巻き起こすきっかけとなりましたね。
スポンサーサイト
過去歴代、ワールドチャンピオン獲得ドライバーは?
まあ、F1見てる方なら、誰もがご存知であろう。
2011年現在、メルセデスGPで走っている、ミハエル・シューマッハである。
過去、7度のワールドチャンピオン獲得、そして、歴代勝利数も1位。
その天才は、40歳を超えた年齢でも、
現在でも並のF1ドライバーの能力を維持しているのだから、たいしたものだ。

そのミハエル・シューマッハがフェラーリ移籍後、
初タイトルを手にしたのが2000年。
このフェラーリF1-2000でのことだ。


タミヤITEM 1/20スケール フェラーリ F1-2000

フェラーリF1-2000は、スクーデリア・フェラーリにて、
ロス・ブラウンとロリー・バーンが設計した。

この前年、1999年のシーズンは、シューマッハは骨折により、
シーズン終盤を欠場する事態に陥った。
その時点でこの年のマシンF399の風洞開発を止め、
マシンの熟成をそれ以上行なわないで、
代わりにF1-2000の開発を進めていくといった念入りな準備を行った。
そして1999年のマシン、F399を元に正常進化させたマシンを開発したものである。


M・シューマッハ直筆サイン入りフォト/フェラーリ シューマッハ&アーバイン

フロントウイングは、後退角がついたデザインである。
またノーズの高さが極限まで上げられた。
マクラーレンが1998年シーズンマシンであるMP4-13で始めた、
ノーズにフィンを立てて規定よりも細くするデザインを真似て、
空力を極限まで追求している。

サイドポンツーンは前年F399が両側が高くなっていたのに対して
逆に下がっていくなで肩形状にしている。
この中に内蔵されるラジエーターは、
表面積を確保するために片側あたり2枚をズラして配置してある。
また、排熱口がリヤタイヤ前に設けられて、
サーキットコンディションに合わせてサイズの拡大・縮小が可能である。

このシーズンもミハエルシューマッハが、
マクラーレンのミカハッキネンと熾烈なチャンピオン争いを繰り広げたのだが、
フェラーリにとって21年ぶりのダブルタイトルを獲得した。
またチームメイトのルーベンス・バリチェロも初優勝をもぎとった。
非常にバランスのいい、運転しやすいマシンであったようである。

今、見てもそのフォルムは、空力的に美しいマシンに仕上がっていますね。
そのハイノーズもこの時代の流行でした。
そして2000年~2009年フェラーリ黄金時代を形成していくこととなります。
まず、このマシンで思い出すのは、中嶋悟さんですね。
ロータスで3年間在籍した後、移籍したのがこのティレルチーム。
契約時、翌1991年にホンダV10エンジンの提供が決まっておりました。
そのホンダのバックアップもあり、この移籍は決まったようなもんですが、
中嶋悟ファンの私には、非常に嬉しいニュースでした。

それでは、このマシンについて。
ハーベイ・ポストレスウェイト博士製作の革新的なマシン。
今のF1マシンはすべてハイノーズになっていますが、
そのコンセプトを取り入れた最初のマシンなんですよ。


1/43 ティレル 019 1990 日本GP

元々は、1989年シーズンに使用した018の後継モデルとして開発された。
なので、見た目はほぼ、フロントウィング以外は一緒である。
それに、エアロダイナミストのジャン・クロード・ミジョーの
アイデアを取り入れたのがこの「アンヘドラル(下反角)ウィング」。

フロントセクションが高い位置に置かれるハイノーズで、
そこから湾曲させて、ウィングを取り付けるという形状である。
かつてのアメリカの戦闘機「F4U コルセア」のような、
逆ガル翼形状であったことから「コルセアウィング」とも呼ばれた。


F1 LEGENDS 中嶋悟/モーター・スポーツ

このマシンで、チームメイトのジャン・アレジはモナコで2位を獲得。
こういう市街地コースで速かったことで分かるように、
空力バランスが非常によかった。
エンジンが非力なコスワースDFRやったんで、
高速コースでは苦労しましたけどね。
このマシンがあったからこそ、
アレジは翌年フェラーリ移籍を獲得できたと言っていいです。
(まあ、アレジの才能もありますが)

しかし、このマシンでも中嶋さんは遅かった・・・
大好きなドライバーでしたけど、F1で成功したとは言えないですね。
F1デビューが34歳・・・あまりにも遅すぎました。

翌年、ホンダエンジンを載せた020も同じ形状のウィングでしたが、
パワーのあるホンダエンジンのパワーに耐えられるように、
モノコックを始め、全体的に太く作られてしまい、
空力バランスが崩れ、平凡なマシンになっていました。

その後、このマシンのコンセプトはベネトンB191が取り入れ、
吊り下げ型と呼ばれる形式を採用し、
今でもその形状はレースマシンの基本形状になっています。

今見ても、美しいマシンであるティレル019。
いつまでも忘れることはないでしょう。
私は1987年からずっとF1を見続けているが、
これほど最強と呼べるマシンは過去見たことがない。
最初、このマシンを見たときになんて美しいF1マシンなんだろって、
見とれてしまいました。
1992年に製作された、ウィリアムズ FW14B ルノーである。


1/18 ウィリアムズ・ルノー FW14B

前年1991年に、レイトンハウス・マーチから移籍してきた、
エイドリアン・ニューウェイが、
ずっとウィリアムズのマシンを製作してきたパトリック・ヘッドと
共同開発し、前身のFW14を製作しました。
このマシンも非常に速かったのだが、セミオートマのトラブルで、
前半リタイヤを繰り返したことにより、
チャンピオンを逃す結果となりました。

そしてアクティブサスペンションを採用した進化版が、このFW14Bである。
レイトンハウスでも空力の天才と呼ばれた、
エイドリアン・ニューウェイだが、そのデザイン設計は、
このマシンでもたっぷりと表現されている。
現在(2011年)のレッドブルのマシンも彼の製作であるが、
その空力のバランスのよさは、今の強さを見て分かるとおりである。

ただ、エイドリアン・ニューウェイのデザインは、
ピーキー過ぎるところがあるのだ。
しかし、それをうまく受け止めてくれるアクティブサスペンションのおかげで、
このマシンは最強となったと言えるだろう。


F1GPウィリアムズミニカーコレクション

この年、ナイジェル・マンセルはシーズン10勝を挙げ、
圧倒的な独走で、初タイトルを獲得する

今見ても、このマシンに古さは感じられない。
いつまでも、忘れられないF1の名車である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。