F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'42.889
2 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'52.717
3 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ 51 1:18'05.804
4 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ 51 1:18'36.698
5 G.ベルガー ベネトン BMW 50 1LAP遅れ
6 A.ジョーンズ ローラ フォード 49 2LAP遅れ
7 T.ブーツェン アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
8 C.ダナー アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
9 P.ストレイフ ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
10 M.ブランドル ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
11 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ 45 6LAP遅れ
12 T.ファビ ベネトン BMW R  
13 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
14 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
15 I.カペリ AGS モトーリ・モデルニ R  
16 R.アルヌー リジェ ルノー R  
17 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
18 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
19 P.アリオー リジェ ルノー R  
20 J.ダンフリース ロータス ルノー R  
21 D.ワーウィック ブラバム BMW R  
22 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
24 P.タンベイ ローラ フォード R  
25 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
26 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R  
27 A.セナ ロータス ルノー R

すっかりこれ、ハードディスクの片隅に追いやられていて、
見るの忘れてました(^^;)
ちっと遡って、1986年の話題です。

この年はウィリアムズ・ホンダの力が断トツに強かったのですが、
結局はプロストにチャンピオンをもっていかれます。
試合巧者はプロストだったんですけどね。

しかし、このイタリアGP前の時点ではマンセルがポイントリードしてました。
そして、このレースでも中盤まで終始リードしていましたね。
ただ、この時のマンセルはまだ若かった・・・
(ってマンセルは晩年になっても、
プロストのようなレース運びはできんかったけどね^^;)

マンセルはガンガンとばしますが、燃費をあんまり考えてなかった。
この時代は給油なんてもんがなかったもんね。
その後ろで、燃費考えつつ、じっくり様子を伺ってたピケが終盤オーバーテイク!

レース後にピケは語ったそうですね。
「(頭を指先ながら)ここの違いだよ(^^)」
マンセルというドライバーは、とてつもなく速いドライバーやったけど、
レースの駆け引き、またレース自体以外での、政治的な駆け引き・・・
めっちゃくちゃ下手やったもんね。

1992年にマンセルは念願のシリーズチャンピオンを獲りますが、
ウィリアムズチームは翌年にプロストを加入させて、
マンセルはアメリカ、インディのレースへ追い出されました。
プロスト、ピケは「試合巧者」って言葉が似合うドライバーでした。
スポンサーサイト
1 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 75 1:30'38.471
2 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 75 1:30'44.045
3 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 74 1LAP遅れ
4 R.アルヌー リジェ ルノー 73 2LAP遅れ
5 M.ブランドル ティレル ルノー 72 3LAP遅れ
6 P.ストレイフ ティレル ルノー 72 3LAP遅れ
7 J.ダンフリース ロータス ルノー 72 3LAP遅れ
8 D.ワーウィック ブラバム BMW 72 3LAP遅れ
9 J.パーマー ザクスピード ザクスピード 69 6LAP遅れ
10 T.ブーツェン アロウズ BMW 周回不足  
11 P.タンベイ ローラ フォード R  
12 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
13 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
14 T.ファビ ベネトン BMW R  
15 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
16 A.セナ ロータス ルノー R  
17 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R  
18 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
19 G.ベルガー ベネトン BMW R  
20 A.ジョーンズ ローラ フォード R  
21 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ R  
22 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ R  
23 J.ラフィー リジェ ルノー R  
24 C.ダナー アロウズ BMW R  
25 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
26 A.バーグ オゼッラ アルファロメオ R

もう観客は、マンセルの応援でいっぱいです。
スタート直後の多重クラッシュにより赤旗。
最年長42歳ジャックラフィは両足の複雑骨折で、このレースで引退となる、
残念な結果となりました。

マンセルもスタート直後にドライブシャフトが折れるハプニング。
しかし赤旗によりスペアカーに乗り換えることができ、
再スタートできるというラッキーな結果となります。

そのマンセルは、ピケをパス。
トップをキープしつつ、中盤戦まで。
ただチームメイトのピケも肉薄してついてくる展開。


PMA 1/43 ウィリアムズ ホンダ FW11 N.マンセル 1986

しかし、やはり母国でのマンセルの気合は最高でした。
母国での優勝・・・気持ちよかったでしょうね~
遅咲きの暴れん坊息子はこの年にトップドライバーへの道を
歩み始めます。

ただ、ピケ、プロストといったチャンピオンとチームメイトやった割には、
遅咲きも遅咲き・・・学習能力がなかったというか・・・
まあそれがイギリス庶民に受けたんでしょうけど。
1 A.セナ ロータス ルノー 63 1:51'12.847
2 J.ラフィー リジェ ルノー 63 1:51'43.864
3 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 63 1:51'44.671
4 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 63 1:52'43.783
5 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 62 1LAP遅れ
6 R.パトレーゼ ブラバム BMW 62 1LAP遅れ
7 J.ダンフリース ロータス ルノー 61 2LAP遅れ
8 J.パーマー ザクスピード ザクスピード 61 2LAP遅れ
9 P.ストレイフ ティレル ルノー 61 2LAP遅れ
10 D.ワーウィック ブラバム BMW 60 3LAP遅れ
11 C.ダナー アロウズ BMW R  
12 R.アルヌー リジェ ルノー R  
13 T.ブーツェン アロウズ BMW R  
14 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
15 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ R  
16 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ R  
17 T.ファビ ベネトン BMW R  
18 E.チーバー ローラ フォード R  
19 A.ジョーンズ ローラ フォード R  
20 A.バーグ オゼッラ アルファロメオ R  
21 M.ブランドル ティレル ルノー R  
22 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
23 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ R  
24 G.ベルガー ベネトン BMW R  
25 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
26 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R


アイルトン セナ スポーツフォトセル(ダブル)

デトロイトのストリートコース。
またまたポールはセナ。
こういうストリートコースはセナは大得意です。

スタート数週後・・・セナはマンセルに抜かれることに。
やはりこの年のホンダエンジンパワーはすごいです。

もう1986年でマンセルは既に32歳・・・
ホント遅咲きドライバーの典型ですね。


F-1 2006 FUTERA UNIQUELEGENDS CARDナイジェル・マンセル

ただ、マンセルはかなりブレーキきつそうで、
セナが襲いかかってきます。
そしてセナはマンセルをパス、リジェのアルヌーにも、
マンセルはパスされます。

セナは独走態勢。
しかし!!リアがずるっと滑った感覚を感じて、
緊急ピットイン!!
案の定、タイヤはパンクチャーしておりました。
そしてセナは8位にまで落ちることとなります。

ただ、さすがはセナ。
ここから怒涛の追い上げ。
プロスト、マンセル・・・・
次から次へとパスしていきます。


1/2 A.セナ ヘルメット

このレースはセナとしても生涯でのベストレースと言われています。
ストリートレースではめっちゃ強かったよな~
その後、モナコマイスターと呼ばれることになりますよね。。
1 A.セナ ロータス ルノー 72 1:48'47.735
2 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 72 1:48'47.749
3 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 72 1:49'09.287
4 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ 71 1LAP遅れ
5 T.ファビ ベネトン BMW 71 1LAP遅れ
6 G.ベルガー ベネトン BMW 71 1LAP遅れ
7 T.ブーツェン アロウズ BMW 68 4LAP遅れ
8 P.タンベイ ローラ ハート 66 6LAP遅れ
9 J.ダンフリース ロータス ルノー R  
10 M.ブランドル ティレル ルノー R  
11 J.ラフィー リジェ ルノー R  
12 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ R  
13 M.スレール アロウズ BMW R  
14 E.デ・アンジェリス ブラバム BMW R  
15 R.アルヌー リジェ ルノー R  
16 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
17 P.ストレイフ ティレル ルノー R  
18 C.ダナー オゼッラ アルファロメオ R  
19 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ R  
20 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
21 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
22 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
24 A.ジョーンズ ローラ ハート R  
25 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R

開幕戦に引き続きポールはセナ。
予選一発の速さは、やはりドライバーの腕が必要ですからな。
中低速コーナーの多いこのヘレス・サーキットでは、
ホンダエンジンの圧倒的パワーを誇るウィリアムズより前に、
セナはでてきます。
なんとこの年、セナは8回ものポールを勝ち取っています。

しかしチームメイトに圧倒的な差をつけて、
周回遅れにしていく、その速さはとてつもない。

セナの後は、しばらくはウィリアムズ、マクラーレン勢が
ついていくが、あまり順位は変わらず、落ち着いた展開。


PMA 1/43 ウィリアムズ ホンダ FW11B/N.マンセル 1987

ただ、中盤になってきて、燃費OK!となると、
マンセルが一気にセナに挑みにかかります。
さすがのホンダパワー。

周回遅れのブランドルにひっかかったセナを、
見事にマンセルがパスしてトップに立ちます。


N.マンセル 直筆サイン入りフォト GPマスターズ2005『NIGEL is Back』(額付き)

しかしマンセル、セナのバトルは続きます。
接触しながらのセナのオーバーテイクが見られるかと思ったが、
なかなか抜けない。
接触時、マンセル、拳を振り上げて怒ってましたね~
ただ、さすがのセナ、再びトップへ。

燃費を気にしていたマンセルはずるずると後退していくが、
一旦プロストにも抜かれたマンセルがフルブーストで、
猛烈な追い上げ!!!

コントロールライン、コンマ014差・・・
わずか50センチの差でセナが逃げ切る、
ここまでの差で逃げ切れた勝負は今まで見たことない。
20年F1見てきても、ここまで、興奮したフィニッシュはなかった!!!
1 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 61 1:39'32.583
2 A.セナ ロータス ルノー 61 1:40'07.410
3 J.ラフィー リジェ ルノー 61 1:40'32.342
4 R.アルヌー リジェ ルノー 61 1:41'01.012
5 M.ブランドル ティレル ルノー 60 1LAP遅れ
6 G.ベルガー ベネトン BMW 59 2LAP遅れ
7 P.ストレイフ ティレル ルノー 59 2LAP遅れ
8 E.デ・アンジェリス ブラバム BMW 58 3LAP遅れ
9 J.ダンフリース ロータス ルノー 58 3LAP遅れ
10 T.ファビ ベネトン BMW 56 5LAP遅れ
11 T.ブーツェン アロウズ BMW R  
12 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
13 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
14 C.ダナー オゼッラ アルファロメオ R  
15 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ R  
16 P.タンベイ ローラ ハート R  
17 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
18 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
19 M.スレール アロウズ BMW R  
20 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
21 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
22 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
23 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ R  
24 A.ジョーンズ ローラ ハート R  
25 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ R

開幕戦はブラジルにて。
ここでの英雄はやはりピケですね。
予選はホームグランドであるブラジリアン同士の争い。
ウィリアムズのピケが2番手、ポールはロータスのセナ。

ウィリアムズのボス。フランク・ウィリアムズはこの直前にあった
崖から転落する交通事故で不参加。
このレース中は意識不明の重体であったが、
なんとか命はとりとめます。
しかしその後、車椅子での生活となってしまいましたよね。

1周目にいきなりセナとマンセルが接触。
マンセルは内側に弾き出される形となります。
セナとマンセルの接触というのはこの後数多く見られることとなりますが、
殴り合いの喧嘩、黒旗無視のマンセルがセナに特攻など、
色々物議を醸し出しましたね。

しかしこれでセナのタイヤバランスが悪くなり、
数周後にあっさりピケに抜かれることとなります。

2回ピットストップ作戦のプロストがすごい追い上げ。
ただしエンジンに不調を抱えだし、ブローでリタイヤとなります。


ミニチャンプス 1/43スケール ウィリアムズ ホンダ FW11B No.6/1987 N.ピケ

後半は圧倒的な速さでピケの独走で優勝。
ウィリアムズ・ホンダの圧倒的なパワーがこの年は炸裂するであろうと、
そういう予感が感じられる開幕戦でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。