F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MotoGPの世界選手権シリーズ第17戦、マレーシアGP。
3台のバイクが絡む事故で、イタリア人ライダーの、
マルコ・シモンチェリ選手(24)が死亡した。

事故はスタート後、程なくして発生。
事故のため、20周で争われる予定だったレースは中止となった。

なお、日本人ライダーの青山博一選手と中須賀克行選手は無事だった。

シモンチェリ選手は昨年から同クラスに参戦。
今季は第11戦のチェコGPで自己最高の3位を記録し表彰台に上った。



先日のインディカーレース、最終戦での、
ダン・ウェルドン選手の事故死に引き続いての悲報。
私は申し訳ないがバイクのレースについては興味がなく、
この選手のことも知りません。
車での事故よりバイクでの事故の方が悲惨な結果になる確率も高く、
怖くて、私は今まで原付も運転したことのない人間です。

なので、こういう悲報を聞くと、
今までなかったのがラッキーなのではと思います。
転倒すると、即、大怪我に繋がるオートバイ・・・
あまり、ここでは書きたくはないんですけど、
私がバイクに乗ろうとこれっぽちも思わないと書けば、
大体分かってもらえますでしょうか。

マルコ・シモンチェリ選手のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
今日帰ってきて、衝撃的なニュースを目にしました。

今年のインディ500ウイナーのダン・ウェルドン(イギリス・33歳)が、
多重クラッシュ事故により死亡が確認されたとのこと。

私はインディカーレースはあまり見ない人間でしたが、
ダン・ウェルドンが非常に速いドライバーであった記憶はあります。
たぶん、インディーからF1に行ったブルデーよりもね。


[DVD] INDY JAPAN 2004

このレースもポール・トゥ・ウィンですよ・・・
めっちゃ記憶に残っています。

なので、言葉が出ませんでした。
偉大なレースドライバーのご冥福をお祈りいたします。

なお、佐藤琢磨はこの事故には巻き込まれずに済んだとのことです。
全日本選手権フォーミュラ・ニッポンを運営する
日本レースプロモーション(JRP)は、11月29日・30日に
富士スピードウェイで行われるフォーミュラ・ニッポン
第三回公式合同テストに、昨年までウイリアムズから
F1に参戦していた中嶋一貴が参加すると発表しました。

トヨタとの提携が確実であったHRTであるが、
資金難から、その提携話が打ち切られたと発表があった段階で、
中嶋一貴のF1復帰は確実になくなったものと思われます。

まあ、今年は満足にレースマシンにも乗っていなかっただけに、
運転したかったんでしょうね。
しかし、もっと海外レースの話はなかったのかな~

現在のフォーミュラニッポンはF1への登竜門でなくなっています。
昔は、ラルフ・シューマッハ、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介と、
ここでチャンピオンを獲ったら、F1への道が開かれていたのにね。


ミニチャンプス1/43 W.トヨタ ショーカー(中嶋一貴)

ということで、中嶋一貴がF1で走る姿は今後も見ることはなくなりました。
まあ可能性があるとすれば、トヨタのF1復帰と一緒にでしょうね。
F1を走るだけの能力はなかっただけに、当然の結果とも言えます。
(ま、井上隆智穂ほど、ひどくはありませんが^^)
1 5 Oliver Jarvis J-3 GBR Team Reckless TOM'S T 38'29.452 1 1
2 21 塚越広大 J-5 JPN Manor Motorsport M +1.767 9 3
3 6 大嶋和也 J-1 JPN Team Reckless TOM'S T +4.390 3 8
4 11 Marko Asmer B-1 EST Hitech Racing M +5.331 2 2
5 22 Robert Streit J-2 BRA Prema Powerteam M +6.558 8 9
6 15 Sam Bird* B-4 GBR Carlin Motorsport M +7.148 5 16
7 18 James Jakes E-5 GBR Manor Motorsport M +9.573 4 11
8 7 Romain Grosjean E-1 FRA ASM F3 M +10.176 22 6
9 1 Stephen Jelley B-3 GBR Raikkonen-Robertson Racing M +10.618 7 13
10 24 Edoardo Mortara* E-8 ITA Signature Plus M +11.317 -27 5
11 2 Sebastien Buemi E-2 SUI Raikkonen-Robertson Racing M +13.055 -28 4
12 14 Brendon Hartley* F-1 NZL Carlin Motorsport M +13.959 12 21
13 9 小林可夢偉 E-4 JPN ASM F3 M +16.854 -30 7
14 27 Carlo van Dam* D-1 NED HBR Motorsport M +17.792 15 14
15 25 Esteban Guerrieri* B-13 ARG Signature Plus M +18.521 -29 12
16 31 伊沢拓也* J-6 JPN Fortec Motorsport M +20.762 18 24
17 23 Renger van der Zande* E-11 NED Prema Powerteam M +24.806 -24 22
18 10 Walter Grubmuller* B-16 AUT Hitech Racing M +26.631 16 27
19 28 Rodolfo Avila I-19 MAC HBR Motorsport M +45.405 17 26
20 29 Cheong Lou Meng MAC Swiss Racing Team O +1'38.470 -26 28
21 17 Lei Kit Meng MAC Carlin Motorsport M +1'47.359 -23 29
22 30 Jo Merszei MAC Swiss Racing Team O +1'47.797 19 30
23 8 Nico Hulkenberg* E-3 GER ASM F3 M +1Lap 21 15
24 12 Michael Ho MAC Hitech Racing M +1Lap -25 25
11R 4 Jonathan Kennard B-6 GBR Raikkonen-Robertson Racing M DNF 11 19
6R 19 Frank Mailleux* E-7 FRA Manor Motorsport M DNF 13 23
6R 26 Atte Mustonen* B-7 FIN Signature Plus M DNF 14 20
1R 16 Niall Breen* B-5 IRL Carlin Motorsport M DNF 10 17
0R 20 Yelmer Buurman E-6 NED Manor Motorsport M DNF 6 10
- 3 Bruno Senna G-8 BRA Raikkonen Robertson Racing M DNS 20 18
FASTEST LAP
6L 11 Marko Asmer B-1 EST Hitech Racing M 2:11.744


PMA1/43 DALLARA MUGEN HONDA F301/佐藤琢磨

アイルトン・セナの甥、ブルーノ・セナの急遽参戦で湧いた2007年F3マカオGP。
日本F3チャンプの大嶋和也、トヨタF1の第3ドライバとなった小林可夢偉、
そしてホンダの期待の星、塚越広大などが日本人ドライバーでは参戦です。

スカパーフジテレビでこの模様が元旦に放映されました。

予選レース1周目、モルタラ、ブエミのクラッシュのもらい事故で、
予選3番手の塚越広大は大幅に順位をおとす。
しかし、予選レース最後には9位にあげてくる猛烈な追い上げ。
しかし、期待の昨年ポール、可夢偉はこの予選レース、エンジンブローでリタイヤ。


フェラーリ F1 オフィシャルプレスキット1997 F310B 非売品

決勝レース。。。
セナは前日のクラッシュで怪我をして欠場。

塚越は1周目でいきなり5番手までジャンプアップ。
やはりこのドライバーは非常に速さもっていますね。
なんと表彰台は日本F3勢が表彰台を独占。
全日本F3で3位のジャービスが優勝。
後方からの追い上げ鋭い、塚越が2位。
全日本チャンプの大嶋が3位という結果。

優勝のジャービスの今季の予定は未定ですけど、
2位の塚越の実力はまだまだ奥深いもんもってますからね~
俺も3年前から注目してたドライバーでしたから。
風貌は丸坊主でちっとイナカッペって感じですけど・・・(^^;)
今季はユーロF3で走るようですな。

3位の大嶋は優勝のジャービスと同じくトヨタエンジンでしたからね。
このマカオのコースでトヨタエンジンの実力は抜きんでていました。
なのでドライバーとしての実力は???ですが、
ユーロF3走っても頑張って欲しいです。

そしてエンジンブロー最後方からの追い上げ。13位に入った可夢偉。
トヨタでのエリートコースを突き進んでいます。
先に一貴がF1に行きましたが、トヨタF1のドライバーまであと少し・・・
俺が3年前にこのドライバーはF1まで登り詰めると書きましたが、
そのとおりであってほしいです。
まずはテストで、レギュラードライバーと遜色ないタイムを叩き出して欲しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。