F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅ、全国、F1ファンのみなさん・・・・非常にけだるい朝を迎えたことと思います。
今から会社、学校に行かれる方・・・眠い目をこすり楽しみにしていて、
それが無駄だったことに憤慨されているでしょう。
私も今から会社です、しかし一眠りできずこれを書いています。

F1は誰のために、こんだけお金かけてやってるんですか?
世界各地にいる自動車ファンがいるからこそなんじゃないですか?

アメリカはF1人気はさほどでもありません。
しかしそんな中、熱心なファンが観戦に来ていました。
その前であんな醜態をさらしました。
もし鈴鹿であんなことやられたら、なんのためにここまで来たんだと
怒りまくってるでしょうね。
去年、台風で土曜の開催全て中止でもかなり落胆しましたもん。

安全面からミシュランがこういう選択をしたことは当然でしょう。
FIAはミシュランのシケイン設置ノンタイトル戦妥協案を受け入れませんでした。

俺は、タイトル戦ではあるが、ミシュランはルール違反なこと言ってるわけやから、
タイヤ交換させて、ポイントは与えないってパターンでやれなかったもんかと思います。
サーキットに足を運んだファン、全世界、TVの前で釘付けになってるファンのこと、
思いやって欲しかったです。

近い将来、モズレー、エクレストンという頑固じじいがいなくならなければ、
F1は衰退していくでしょう、コンコルド協定の問題もありますしね。
スポンサーサイト
1. J.トゥルーリ トヨタ M 1'10"625 213.681 Km/h
2. K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1'10"694 + 0'00"069
3. J.バトン B・A・R Honda M 1'11"277 + 0'00"652
4. G.フィジケラ ルノー M 1'11"290 + 0'00"665
5. M.シューマッハ フェラーリ B 1'11"369 + 0'00"744
6. F.アロンソ ルノー M 1'11"380 + 0'00"755
7. R.バリチェロ フェラーリ B 1'11"431 + 0'00"806
8. 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1'11"497 + 0'00"872
9. M.ウェバー ウィリアムズ BMW M 1'11"527 + 0'00"902
10. F.マッサ ザウバー ペトロナス M 1'11"555 + 0'00"930
11. J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 1'11"681 + 0'01"056
12. J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 1'11"691 + 0'01"066
13. R.ゾンタ トヨタ M 1'11"754 + 0'01"129
14. C.クリエン レッドブル コスワース M 1'12"132 + 0'01"507
15. N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M 1'12"430 + 0'01"805
16. D.クルサード レッドブル コスワース M 1'12"682 + 0'02"057
17. T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 1'13"462 + 0'02"837
18. C.アルバース ミナルディ コスワース B 1'13"632 + 0'03"007
19. N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 1'13"776 + 0'03"151
20. P.フリーザッハー ミナルディ コスワース B 1'14"494 + 0'03"869

去年、骨折したラルフですが、前日金曜日に奇しくも同じ所でクラッシュをしました。
それがタイヤにどうも原因があるらしく、ミシュラン勢はオーバルのところの走行を避け、
ピットレーンでカットするというフリー走行を行いました。

それでレース当日ですが、ミシュランは新しいタイヤを持ってくる予定で、
安全性の面から交換をFIAに訴えたようですが、退けられたようです。

というわけで、レース当日どうなるか全く分からない状況です。
安全面からレースを欠場するチームもあるかもしれないという噂も・・・

で、ミシュラン勢であるBARですが、全くタイヤには違和感ないようです。
予選はバトン3番手、琢磨8番手ですが、どうやらホンダの橋本さんの話を聞いてると、
燃料軽めですね。それにチームメイト同士作戦一緒のようです。
琢磨はブレーキングでリアをロックさせた分、タイムロスしたらしいですね。

トヨタが初のポールポジションです。
ただトゥルーリはレースディスタンスでラップタイムがあがらないですから、
そのまま前に出たら、渋滞状態が続きそうな予感・・・

さあ!タイヤでレースの勝敗は決まりそうです。
というわけでブリジストン勢のフェラーリ優位でしょうか。
あとルノーは相当タイヤ厳しいようなので、琢磨のジャンプアップ期待しましょう。

trulli1.jpg
1. K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1h32'09"290 198.755 Km/h
2. M.シューマッハ フェラーリ B + 0'01"137 198.714 Km/h
3. R.バリチェロ フェラーリ B + 0'40"483 197.310 Km/h
4. F.マッサ ザウバー ペトロナス M + 0'55"139 196.792 Km/h
5. M.ウェバー ウィリアムズ BMW M + 0'55"779 196.770 Km/h
6. R.シューマッハ トヨタ M 1 lap(s)
7. D.クルサード レッドブル コスワース M 1 lap(s)
8. C.クリエン レッドブル コスワース M 1 lap(s)
9. J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 1 lap(s)
10. T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 3 lap(s)
11. C.アルバース ミナルディ コスワース B 3 lap(s)
12. J.トゥルーリ トヨタ M 8 lap(s)
13. J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 18 lap(s)
14. J.バトン B・A・R Honda M 24 lap(s)
15. N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M 27 lap(s)
16. 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 30 lap(s)
17. P.フリーザッハー ミナルディ コスワース B 31 lap(s)
18. F.アロンソ ルノー M 32 lap(s)
19. G.フィジケラ ルノー M 38 lap(s)
20. N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 46 lap(s)

いやー波乱のレースでしたな。半数近くの車はトラブル・・・・
BAR2台はその中に含まれておりやした。

BARは2台とも3回ストップ作戦、絶好調ルノー、マクラーレンと比べてかなり燃料軽め
でしたね。予選順位でのバトンのポールも頷けました。

琢磨はスタート直後8位に落ちて、トゥルーリ抜くのに失敗した時に、
ヴィルヌーブに追突されたみたいですね。
ウィングとディフューザを破損してかなり乗りにくかったようです。
そして1回目のピットイン後にギヤボックストラブルでピットイン・・・
あーーー!!これでアメリカは予選最初からやん・・・ってかなり見る気失せておりました。

しかーし、再びレース中盤でコースに復帰!
アメリカでの予選出走順を上げるためにクルーが修復頑張ってくれたようです。

そしてまたまた、ブレーキトラブルでリタイヤ・・・

丁度、生観戦でネットでLIVE TIMING見ながらやったんですけど、
面白いコメントでてましたねえ~
英語でだったんですが、
「サトーはF1史上初めて、同レースで2度のリタイヤをやっちゃいました」
(かなり乱暴な訳し方ですがね)(^^)

バトンも珍しく自らのミスでリタイヤ・・・・

まあなんとか琢磨も中盤の頑張りで、来週の予選出走は5番目からですので、
少しの期待で観戦することにしましょう。(あんまり期待すると、落胆がつらいんで・・・・)

他の人気ブログ情報を探すなら、人気blogランキングへ!

canada.jpg

1. J.バトン B・A・R Honda M 1'15"217 208.724 Km/h
2. M.シューマッハ フェラーリ B 1'15"475 + 0'00"258
3. F.アロンソ ルノー M 1'15"561 + 0'00"344
4. G.フィジケラ ルノー M 1'15"577 + 0'00"360
5. J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 1'15"669 + 0'00"452
6. 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1'15"729 + 0'00"512
7. K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1'15"923 + 0'00"706
8. J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 1'16"116 + 0'00"899
9. J.トゥルーリ トヨタ M 1'16"201 + 0'00"984
10. R.シューマッハ トヨタ M 1'16"362 + 0'01"145
11. F.マッサ ザウバー ペトロナス M 1'16"661 + 0'01"444
12. D.クルサード レッドブル コスワース M 1'16"890 + 0'01"673
13. N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M 1'17"081 + 0'01"864
14. M.ウェバー ウィリアムズ BMW M 1'17"749 + 0'02"532
15. C.アルバース ミナルディ コスワース B 1'18"214 + 0'02"997
16. C.クリエン レッドブル コスワース M 1'18"249 + 0'03"032
17. N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 1'18"664 + 0'03"447
18. T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 1'19"034 + 0'03"817
19. P.フリーザッハー ミナルディ コスワース B 1'19"574 + 0'04"357

やりましたねーバトン!昨年のサンマリノ以来の自身ポール獲得です。
この出走順位で、このポジションは完璧なドライビングでしょう。
琢磨は若干ミスありましたね、それがなければ3番手、4番手も期待できてただけに残念。

ただしかし、復帰2戦目にしてよくここまで這い上がってくれたもんだと思います。
予選はおそらく5番手~8番手あたりが妥当な線だと思っていました。
これで明日決勝を見る楽しみが一段と増しました。
(ちょうど月曜も会社休みなんでたっぷり生観戦です!)

とにかく琢磨にはメカニカルトラブルなしでの完走を願っています。
そしてトップ5以内でのフィニッシュ。
次のアメリカでは去年の再現!!
この通りに事が進んでくれたらいいんですけどね。

あ、しかし一つ悲しいことがあります。
今年の鈴鹿は仕事の関係でどうも観戦に行くことができなさそう・・・
夏休みも新人が育っていないということで、先延ばしになるという話も・・・
夏の北海道もいけそうにない。ウニ食えない。
あーー早くなんとか自由に暮らせる日々を送るため努力せな!

他の人気ブログ情報を探すなら、人気blogランキングへ!

button2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。