F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はトルコGP結果を書くのではなく、表題について述べたいと思います。

予選・・・あそこでのコースアウトに関しては仕方ないでしょう。
底を擦ってアンダーがでてしまっての結果ですからね。
ドライバーの腕ではどうしようもないです。
セッティングでのチームミスです。
しかしウェーバーの走行妨害・・・無線が使えなかったなら、より後方からいつ車がくるのか
注意するのを最優先に考えなければならないんではないですか?
燃料温存なんて考えちゃあかんでしょうに。
俺がウェーバーファンならきっと「佐藤はなにやってるんじゃ!」って思ったでしょう。

トルコGPが始まる前は、琢磨にも残留に少しは望みあるかと思っていましたが、
もうこれで駄目でしょうね。

イギリスF3 でチャンピオンになり、マカオF3でも優勝・・・
日本人で初めて世界に通用できるドライバーが出てきたと思いました。
去年は好調BARで、時々でもバトンよりも速さを見せていました。
シュー兄にもかなり認められてましたよね。
しかし今年はフリーでも予選でも決勝でも全くバトンに勝てないですね。
(燃料の搭載の違いで速かったことはありますが)
バトンはもちろん、他のドライバーからもかなり馬鹿にされている感があります。

来年は、まあ琢磨を獲りたいなんてチームはないでしょうね。
一番可能性が高いのは、BARのサードドライバーではないでしょうか。
あとはアメリカにでも行くかでしょうね、アメリカでホンダは大活躍ですから、
ある程度のチームに入れる可能性あるでしょう。
しかしそうなるともうF1には戻ってこれないでしょうね。

来年のF1は日本人皆無か~
スポンサーサイト
とうとう発表になりましたね~マッサの移籍が先でしたか~
バトンの行き先が決まってからと思っていたのですが、
その前からBARは動いていたみたいですね。(というわけで琢磨は全く評価されていないようで・・・)
BARはバトンがウィリアムズ移籍するしないに関わらず、
おそらくバリチェロとは複数年契約を結んでいたようです。
早めに保険をかけて、いいドライバーを抑えておくには、チームとしてよい選択をしたと思います。

これにより、もしバトン残留となれば、バトン、バリチェロのラインナップで決まりです。
このコンビはかなりインパクトありますよね。

ただ契約どおりにバトンがウィリアムズとなると、バリチェロ、琢磨のラインナップも確実でしょう。
ドライバー二人も刷新するのは考えにくいですし、
琢磨の開発能力・データの蓄積を手放すことはしないでしょう。

琢磨ファンとしては、バトンに契約どおりにいってくれることを願うだけですね。
バトンとは速さ・うまさの違いを見せ付けられた琢磨ですが、
バリチェロ相手ですとかなりいい線いくんじゃないかなと思うんですが・・・
パパになることだし、来年こそはよい年にしてほしいですね。
1. 9 K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1h37'25"000 Km/h
2. 1 M.シューマッハ フェラーリ B + 0'35"000 187.753 Km/h
3. 17 R.シューマッハ トヨタ M + 0'36"000 187.721 Km/h
4. 16 J.トゥルーリ トヨタ M + 0'54"000 187.148 Km/h
5. 3 J.バトン B・A・R Honda M + 0'58"000 187.021 Km/h
6. 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M + 1'08"000 186.705 Km/h
7. 7 M.ウェバー ウィリアムズ BMW M 1 lap(s)
8. 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1 lap(s)
9. 6 G.フィジケラ ルノー M 1 lap(s)
10. 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1 lap(s)
11. 5 F.アロンソ ルノー M 1 lap(s)
12. 19 N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 3 lap(s)
13. 18 T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 4 lap(s)
14. 12 F.マッサ ザウバー ペトロナス M 7 lap(s)
15. 21 C.アルバース ミナルディ コスワース B 11 lap(s)
16. 11 J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 14 lap(s)
17. 10 J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 29 lap(s)
18. 20 R.ドーンボス ミナルディ コスワース B 44 lap(s)
19. 14 D.クルサード レッドブル コスワース M 70 lap(s)
20. 15 C.クリエン レッドブル コスワース M 70 lap(s)

今回はアロンソが1周目で脱落、ライコネンが優勝で俄然チャンピオンシップ争いが
面白くなりました。
ライコネン、このまま調子のって欲しいですね。
やはりその年のチャンピオンは一番速い車、速いドライバーになって欲しいです。
それにアロンソはまだ若いですからね
ここであっさり獲ってしまうと面白くない気が・・・・(^^;)

琢磨は今季初ポイントです。
ただレースペースよくなかったですよね。
ずっとライブタイミングでタイムチャート見ていましたが、バトンとの差が
えらい目立ってました。
結局、ウィリアムズ2台にピットストップで前に出られましたし、
フィジケラにはつつかれてましたし、冷や冷やもんでしたね。
しかし、今までの波に乗れなかった部分解消で少しはホッです。

後は、来季のシート争いが気になるところです。
ウィリアムズはどんなに金を積まれてもバトンとの契約は解除しないと今回発表しました。
まあバトンが動けば、あとが動くって感じですが、ウィリアムズに契約通りに移籍となれば、
琢磨残留は堅いでしょう。
しかしバトンがBAR残留となれば、バリチェロがBARへ、マッサがフェラーリという噂もありますし、
ちょっと琢磨としては厳しいでしょうね。
後2,3戦で連続ポイント獲得して、アピールして欲しいもんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。