F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 2 G.フィジケラ ルノー M 1h30'40"529 205.397 Km/h
2. 1 F.アロンソ ルノー M + 0'04"585 205.224 Km/h
3. 12 J.バトン Honda M + 0'09"631 205.034 Km/h
4. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M + 0'39"351 203.922 Km/h
5. 6 F.マッサ フェラーリ B + 0'43"254 203.777 Km/h
6. 5 M.シューマッハ フェラーリ B + 0'43"854 203.755 Km/h
7. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M + 1'20"461 202.404 Km/h
8. 7 R.シューマッハ トヨタ B + 1'21"288 202.373 Km/h
9. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1 lap(s)
10. 11 R.バリチェロ Honda M 1 lap(s)
11. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 2 lap(s)
12. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 2 lap(s)
13. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 2 lap(s)
14. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 3 lap(s)
15. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 8 lap(s)
16. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 15 lap(s)
17. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 23 lap(s)
18. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 30 lap(s)
19. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 41 lap(s)
20. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 46 lap(s)
21. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 50 lap(s)
22. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 56 lap(s)

見事なポールトゥフィニッシュでしたね~フィジコ。
去年のメルボルンをそのまま髣髴させてくれる走りでした。
去年は、アロンソと比べ、不運続きであったのとプラス、
決勝での粘りのない走りがルノーから移籍?なんて声もありましたが
(ウェーバーとのトレードとか話ありましたね)、
ようやく本来の速さを発揮できる機会に恵まれたようです。

特にアロンソが既にマクラーレンへ来季移籍を決めているわけですから、
自分がエースドライバーになるチャンスができたわけです。
俺は昨日も言いましたが、フィジコは大好きなんで、
その力をありありと見せ付けて欲しいものです。

俺としてはフィジコこそ、フェラーリに乗って欲しいんやけどな~
イタリア人ドライバーはフェラーリでは大成しないジンクスを
打ち破って欲しい。
一番最近、イタリアンでフェラーリに乗ったのはイワンカペリですよね。
それまでのレイトンハウスでの活躍が嘘であったかのような大不振でした。

頑張れ!フィジコ。
スポンサーサイト
1. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'33"840 212.647 Km/h
2. 12 J.バトン Honda M 1'33"986 + 0'00"146
3. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'34"626 + 0'00"786
4. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'34"668 + 0'00"828
5. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'34"672 + 0'00"832
6. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'34"916 + 0'01"076
7. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'34"983 + 0'01"143
8. 1 F.アロンソ ルノー M 1'35"747 + 0'01"907
9. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'38"715 + 0'04"875
10. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'34"586
undefined
11. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'34"614
12. 11 R.バリチェロ Honda M 1'34"683
13. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'34"702
14. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'34"752
15. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'34"783
16. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'35"091
undefined
17. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'36"297
18. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'36"581
19. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'37"426
20. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'37"819
21. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 1'39"011
22. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 1'40"720

第1ピリオド、順当どおりに落ちました。
スーパーアグリ、ミッドランド、トロロッソの6台ですな。
しかし、この時点でミハエルの動きが妙です。

第2ピリオド、ここでバリチェロ落ちました。
俺が開幕戦から言っていた、バトンとの差、明らかですな。
ホンダはなぜにこうもドライバーで差が出るんでしょうか。

第3ピリオド、やりましたね!フィジコ!
俺はルノーではアロンソよりフィジコの方が好きなんで、
この結果は気持ちいいですな~
あとロズベルグ、ルーキーでもうトップ3に入るとは恐るべしルーキーです。
まあ、アロンソ、ミハエルはかなり燃料重いんでしょうが、
明日は面白いレースになりそうです。
ピット作戦が明暗を分けそうですな。

前回もこのブログで、「佐藤琢磨」と「井出有治」のタイム差が気になると、
書きましたが、ここマレーシア、セパンでも顕著ですな。
井出は大体2秒弱、琢磨より遅いですね。
資金不足からくるスポンサー絡みでどうしても、
井出を乗せなければならなかったのは分かりますが、
SUPER AGURI F1を応援する1ファンとしては、どうにかしてほしかったなあって思います。
(ねっ、一時期メインスポンサーになると言われた、ソ○トバ○クさん)
マシン見てても、スポンサー不足がまる分かりですが、もしソ○トバ○クがメインについていたら、井出なんて乗せなくても、日本人ドライバーなら、去年、鈴鹿で好走した「山本左近」
または「松浦孝亮」なんて乗せたほうが遥かに面白みがあったと思います。

現在のリザーブドライバー、モンタニーも言っていますね。
「井出は英語がしゃべれないから、スタッフとコミュニケーションとるのに苦労してる」
英語しゃべれないドライバーはF1乗っちゃダメですよ。
どんなに速くてもダメだったドライバー「高木虎之介」はご存知のとおりです。

今後のスーパーアグリの開発を進めるには、井出にあんまし乗って欲しくないですね。
きつい言い方ですけど、今年、鈴鹿での雄姿を見たいんであえて厳しく書きました。

fisichella.jpg

F1全史(2001ー2005)
他の人気車バイク情報を探すなら、車バイクblogランキングへ!

1. 1 F.アロンソ ルノー M 1h29'46"205 206.018 Km/h
2. 5 M.シューマッハ フェラーリ B + 0'01"246 205.971 Km/h
3. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M + 0'19"360 205.280 Km/h
4. 12 J.バトン Honda M + 0'19"992 205.256 Km/h
5. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M + 0'37"048 204.611 Km/h
6. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B + 0'41"932 204.427 Km/h
7. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B + 1'03"043 203.635 Km/h
8. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M + 1'06"771 203.496 Km/h
9. 6 F.マッサ フェラーリ B + 1'09"907 203.379 Km/h
10. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M + 1'15"541 203.169 Km/h
11. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M + 1'25"900 202.784 Km/h
12. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1 lap(s)
13. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1 lap(s)
14. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1 lap(s)
15. 11 R.バリチェロ Honda M 1 lap(s)
16. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1 lap(s)
17. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 2 lap(s)
18. 22 佐藤琢磨 S. AGURI F1 HONDA B 4 lap(s)
19. 23 井出有治 S. AGURI F1 HONDA B 22 lap(s)
20. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 22 lap(s)
21. 2 G.フィジケラ ルノー M 36 lap(s)
22. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 57 lap(s)

さすがは昨年度チャンピオン、アロンソ見事な決勝の走りでした。
フェラーリが予想通り、燃料少な目でしたね。
しかし決勝でこんだけ安定した走りをするとは、フェラーリは去年とは一味ちがいます。
それを上回ったのはアロンソのチャンピオンとしての執念でしょうな。

さて開幕戦トータルでの感想だが、一番今回気になったのは、
ホンダの2台、バトンとバリチェロに差が出るのか?
そしてスーパーアグリの日本人同士ではどうか?ということであった。

去年は佐藤琢磨を思いっきり応援してきましたが、
結果はみなさんもご存知のとおりです、チームメイトのバトンにも惨敗ですね。
果たして、あそこまで差がつけられるのは、バトンが天才であるからかどうかは、
今年のバリチェロを見て分かると思っていました。
ルーベンスもフェラーリでは天才ミハエルにあれだけ差をつけられたわけですからね。
開幕戦の結果だけ見ると、琢磨がつけられていた差ぐらいに、バトンはバリチェロに
差をつけていますね。
やはりバトンは優勝こそまだないが、かなりの天才ドライバーではないでしょうか。
俺はあとハングリーさが身につけば、ワールドチャンピオン獲ってもおかしくない
器だと思っています。

それで今年の琢磨であるが、やはり同じ日本人ドライバーでフォーミュラニッポン2位の
井出有治とのタイム差が気になりました。
イギリスF3、マカオF3チャンピオンとなり、鳴り物入りでジョーダンでF1デビューした琢磨が、
果たしてその実力はいかがなものかである。
それに比べて、井出の今までの戦跡はホント地味ですからね。
ここでも大きな差がでました。
いくらF1マシンに慣れていないにせよ、チームメイトから2秒から3秒遅いというのは、
明らかに能力差がかなりあるんでしょう。

この結果、バトンが天才、琢磨とバリチェロは同レベル
(若干バリチェロが上回ってるとは思います)、
井出はF1走るレベルではないとの結論が出てきます。
(あくまで開幕戦だけの結果ですよ)
スーパーアグリに関しては、
あとモンタニーがサードドライバーとして走ってくれれば、
より明確になると思うんですけどね。

とりあえず、今年も俺は琢磨を応援し続けますです。

alonsono1.jpg

F1全史(2001ー2005)
他の人気車バイク情報を探すなら、車バイクblogランキングへ!

1. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'31"422 213.113 Km/h
2. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'31"480 + 0'00"058
3. 12 J.バトン Honda M 1'31"550 + 0'00"128
4. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'32"157 + 0'00"735
5. 11 R.バリチェロ Honda M 1'32"531 + 0'01"109
6. 1 F.アロンソ ルノー M 1'32"718 + 0'01"296
7. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'33"000 + 0'01"578
8. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'33"672 + 0'02"250
9. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'37"600 + 0'06"178
10. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'39"180 + 0'07"758
--------------------------------------------------------------------------------
11. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'32"456
12. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'32"620
13. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'32"850
14. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'33"066
15. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'33"416
16. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'34"606
--------------------------------------------------------------------------------
17. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'34"702
18. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'35"724
19. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'35"900
20. 23 佐藤琢磨 S. AGURI F1 HONDA B 1'37"411
21. 22 井出有治 S. AGURI F1 HONDA B 1'38"868
22. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 0'00"000

今年度からののノックアウト方式ですがいきなり大波乱ですな。
しかし第1ピリオドのノックアウト6台のうち4台がスーパーアグリにミッドランドなんで、
予想通りの結果です。トロロッソがV10エンジンを積んでいる利を生かして、
1発勝負に勝ったってとこでしょう。

第2ピリオドではさすがルノーの2台、ホンダのバトンは余裕ですね。
最後の最後で1発の速さ出せる自信が伺えます。
それに対してやはりバリチェロは必死ですね。
去年、琢磨がバトンに惨敗しましたが、今年はバリチェロがそうなる予感がします。

さあ、そして第3ピリオド!
4強はやはり全員残っています。
(クラッシュしたライコネンは除く)
で来ましたな~一昨年チャンピオン、ミハエル皇帝が戻ってきました。
あと、マッサもほとんど差がありません。
フェラーリがどんだけ燃料積んでるかですね。
かなり軽いと思うんですが。
明日は後ろからのルノーの追い上げ含めて、4つ巴の争いが見れそうです。
あとはSUPER AGURI F1は完走してデータ取りできることを祈ります。

mihaeruschumacher.jpg

F1全史(2001ー2005)
他の人気車バイク情報を探すなら、車バイクblogランキングへ!

1. A.デビッドソン Honda M 1'31"353 213.274 Km/h
2. M.シューマッハ フェラーリ B 1'31"751 + 0'00"398
3. A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'31"764 + 0'00"411
4. F.マッサ フェラーリ B 1'32"175 + 0'00"822
5. F.アロンソ ルノー M 1'32"538 + 0'01"185
6. V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'32"703 + 0'01"350
7. R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'32"926 + 0'01"573
8. G.フィジケラ ルノー M 1'33"215 + 0'01"862
9. J.バトン Honda M 1'33"226 + 0'01"873
10. R.クビカ BMWザウバー M 1'33"244 + 0'01"891
11. C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'33"557 + 0'02"204
12. K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'33"577 + 0'02"224
13. J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'33"726 + 0'02"373
14. N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'33"848 + 0'02"495
15. N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'33"900 + 0'02"547
16. S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'34"284 + 0'02"931
17. M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'34"333 + 0'02"980
18. R.バリチェロ Honda M 1'34"384 + 0'03"031
19. D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'34"432 + 0'03"079
20. T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'34"459 + 0'03"106
21. N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'34"953 + 0'03"600
22. R.シューマッハ トヨタ B 1'35"170 + 0'03"817
23. M.ビンケルホック ミッドランドトヨタ B 1'35"686 + 0'04"333
24. J.トゥルーリ トヨタ B 1'35"898 + 0'04"545
25. J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'36"264 + 0'04"911
26. C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'36"314 + 0'04"961
27. 佐藤琢磨 SUPER AGURI F1 HONDA B 1'37"588 + 0'06"235
28. 井出有治 SUPER AGURI F1 HONDA B 1'39"021 + 0'07"668

さあ、ようやく始まりましたね~
各チームのその年の力が明らかになるこの瞬間が堪らないです。

その金曜フリー走行トップは?
一昨年の金曜男、デビッドソンが戻ってきました。
今年のホンダはルノー、フェラーリ、マクラーレンと優勝争いをすると言われ、
冬のテストでも順調だったから、まあ当然の結果でしょうか。

しかしフリー走行の結果を見る限りは、今年のF1は近年稀にみる混戦を予想します。
前述した4強をBMW、ウィリアムズ、トヨタが追ってる展開でしょうか。

そして期待はしていませんでしたが、SUPER AGURI F1はまあ予想通りの結果です。
ただ、そんな大きなトラブルなく走ったことはよかったですね。
琢磨と井出との差も開幕前のテストから伺える通り、1.5秒~2秒ほどありますですな。
セカンドはF1マシンに乗り慣れた人間乗せたほうが、
開発のペースも早くなると思うんですけどね。
まあスポンサー少ない今ではそうも言ってられないんでしょうけど。
まずはとりあえず最後まで完走してほしいです。

2006honda_1.jpg

F1全史(2001ー2005)
他の人気車バイク情報を探すなら、車バイクblogランキングへ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。