F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1h31'06"486 201.261 Km/h
2. 1 F.アロンソ ルノー M + 0'02"096 201.184 Km/h
3. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M + 0'15"868 200.679 Km/h
4. 6 F.マッサ フェラーリ B + 0'17"096 200.634 Km/h
5. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M + 0'17"524 200.618 Km/h
6. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B + 0'37"739 199.881 Km/h
7. 12 J.バトン Honda M + 0'39"635 199.813 Km/h
8. 2 G.フィジケラ ルノー M + 0'40"200 199.792 Km/h
9. 7 R.シューマッハ トヨタ B + 0'45"511 199.600 Km/h
10. 11 R.バリチェロ Honda M + 1'17"851 198.435 Km/h
11. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B + 1'19"675 198.370 Km/h
12. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M + 1'22"370 198.274 Km/h
13. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1 lap(s)
14. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1 lap(s)
15. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1 lap(s)
16. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 2 lap(s)
17. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 15 lap(s)
18. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 18 lap(s)
19. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 22 lap(s)
20. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 39 lap(s)
21. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 57 lap(s)
22. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 62 lap(s)

オープニングラップでまた井出やってしまいましたな。
おもいっきりアルバースに突っ込んでるやん!!
バトンからも「井出は危険なドライバー」とのコメントが
10日ほど前にも出てましたが、まさにその通りですな。

ホンダは2台とも軽かった・・・
やはりこのままアロンソが前にでてくるのか、嫌な予感。。。
で1STOP終わったところで、2位にきちゃいましたね~
ミハエル、ペースあがんない。
しかしうまく抑え付けましたね、さすが皇帝。
だがアロンソはここは2位でもいいとレース前にコメントしていたので、
無理はしなかったのでしょう。

けどホンダ2台全然レースペース上がらなかったですな。
特にバトンはピットストップでクルーのミスでるし。
スーパーアグリF1の琢磨・・・・うーーん連続完走駄目でしたか~
去年のモンテイロ見てるみたいだ(^^;)ってラスト7周ぐらいまで、
見てたんですけどね~残念。

フェラーリ、ここイモラでの勝利は格別でしょう!
ティフォシ盛り上がっていたやろなあ~
今年の鈴鹿は日本勢で同じように俺も盛り上がりたい♪
(まだ行けるかどうかわかんないですけどね)
実質去年は優勝なかった(悪夢のアメリカGPは除く)ですから、
赤いドライバースーツが頂点に立ったの見るの久しぶりですね。
おめでとう!ミハエル!!
スポンサーサイト
1. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'22"795
2. 12 J.バトン Honda M 1'22"988
3. 11 R.バリチェロ Honda M 1'23"242
4. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'23"702
5. 1 F.アロンソ ルノー M 1'23"709
6. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'23"772
7. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'24"021
8. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'24"324
9. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'24"172
10. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'24"795
undefined
11. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'23"771
12. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'23"887
13. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'23"966
14. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'24"101
15. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'24"129
16. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'24"520
undefined
17. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'25"410
18. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'25"437
19. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'26"820
20. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'27"088
21. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 1'27"609
22. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 1'29"282

今朝は朝帰り・・・見事に二日酔いです・・・
というわけで、今、予選の録画を見ました。

ミハエル、さすがフェラーリ聖地でセナのポールポジション最多記録を、
破ってトップです。

2番手にバトン、うまくタイムまとめるのはホント天才ですな。
で3番手にバリチェロが頑張りましたね。
結構バリチェロはここイモラを得意としてますから、
今回はあまりバトンと差がなかったですね。

とりあえず今年のF1を面白くするため、ストップ・ザ・アロンソ!
表彰台に乗せないように上位陣が頑張って欲しいものです。

さてまた今晩も連日出掛ける予定なので、今から寝ます。
コメントしていただいている方々、遅くなりますがご了承くださいませ。
スーパーアグリF1(SAF1)の第2ドライバーが、井出有治(31)から
昨年のフォーミュラ・ニッポン総合王者、本山哲(34)に交代する可能性が浮上した。
(英「オートスポーツ」誌より)

こういう案、浮上を待ってました!
井出のF1で走るパフォーマンス不足は誰の目で見ても明らか。
今日から行われるバルセロナテストでも遅ければ、
本山哲が交代最有力候補ドライバーとなるとのこと。

さあ、日本国内最速の男がどれだけF1で通用するのかも、
非常に興味ありますが、琢磨との実力差の方が興味あります。
俺はやはり本山でも、琢磨より1秒は常に遅いと思いますね。
それだけ今、日本国内で走っているドライバーのレベルは相当低いと思います。

ただ多くの日本人が海外レースで武者修行やってますので、
俺はそちらの方が興味あります。
なかでも「小林可夢偉」の名前は、みなさん覚えていてください。
きっと2,3年後にトヨタF1のドライバーになっているはずです。

それで話は変わるんですが、琢磨がここ3戦終わって、
トータルレース周回数が、全ドライバーでトップなんですよ。
最後方走ってるチームなだけに意外でした。
やはり今年の琢磨は頑張っていますね~
1. 1 F.アロンソ ルノー M 1h34'27"870 Km/h
2. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M + 0'01"800 191.929 Km/h
3. 7 R.シューマッハ トヨタ B + 0'24"800 191.154 Km/h
4. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M + 0'31"000 190.946 Km/h
5. 2 G.フィジケラ ルノー M + 0'38"400 190.698 Km/h
6. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M + 0'49"500 190.328 Km/h
7. 11 R.バリチェロ Honda M + 0'51"900 190.248 Km/h
8. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M + 0'53"800 190.185 Km/h
9. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M + 0'53"900 190.182 Km/h
10. 12 J.バトン Honda M 1 lap(s)
11. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1 lap(s)
12. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 2 lap(s)
13. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 3 lap(s)
14. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 11 lap(s)
15. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 18 lap(s)
16. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 20 lap(s)
17. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 25 lap(s)
18. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 35 lap(s)
19. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 53 lap(s)
20. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 57 lap(s)
21. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 57 lap(s)
22. 6 F.マッサ フェラーリ B 57 lap(s)
※スピードはイエローフラッグ無視で25秒加算ペナルティ。
 よってクルサードが繰り上げ8位入賞となりました。

バトンはやはり粘れなかったですね・・・
2度のSCでアロンソ、ライコネンの後塵を拝しました。
続けて、ピットストップの後は、モントーヤにも。
で結局5位ですか。
って思いきや!ゴールライン手前でエンジンブロー!
そして次回ペナルティなしでエンジン交換するため、
自分でブレーキ踏んで車止めました。
一瞬でこれだけの判断できるとは、非常に頭のいいドライバーですね。

4年落ちマシンSA05で奮闘中の琢磨。
レース初盤はホンダワークスのバリチェロを抑えて走る素晴らしさ。
去年は非常に安定感のない走りでしたが、今年はなんなんでしょう。
すごく粘り強い走りを続けていますね。
見ててあんだけダウンフォースのない車で、すごくいい仕事してるなって思います。
今の走りが去年できてたらなあ~ホンダに残れたでしょうに。

4度のSCで波乱はありましたが、結果はアロンソの圧勝。。。
誰かアロンソの勢いを抑えてくださいな。
1. 12 J.バトン Honda M 1'25"229
2. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'25"635
3. 1 F.アロンソ ルノー M 1'25"778
4. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'25"822
5. 4 J-P.モントーヤ マクラーレンメルセデス M 1'25"946
6. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'26"612
7. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'26"937
8. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'27"579
9. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'29"239
10. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'26"327
undefined
11. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'26"718
12. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'27"023
13. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'27"219
14. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'27"591
15. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'29"422
16. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'28"868
undefined
17. 11 R.バリチェロ Honda M 1'29"943
18. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'30"226
19. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'30"426
20. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'30"709
21. 22 佐藤琢磨 SAF1 HONDA B 1'32"279
22. 23 井出有治 SAF1 HONDA B 1'36"164
(ビルヌーブはエンジン交換のため10番手降格)

去年までオープニングGPであったオーストラリアGPが、今回第3戦目にきました。
さて第1ピリオド・・・
おーい井出有治・・・遅いだけでなく、再三のコースアウトの上に、
赤旗の原因ですか~
どー考えても彼をこのまま走らせておくと、やはり日本人は
F1ドライバーにはなれないなというイメージがますます深まりそうです。
でバリチェロ!ここで落ちるとは!
ここでもまた俺が開幕戦から言っていたバトンとバリチェロの差が続きますな。

第2ピリオド、マッサのコースアウトクラッシュでまたまた面白くなりました。
バトンはここまで出てきておらず、一発勝負でタイムが出せるか???
しかしマッサはここまでいいとこないですね、来年シート危ないかな。
バトンはやはりうまくタイム出しましたね。
ここでフェラーリ2台がノックアウトです。

第3ピリオド!
いやーバトンきましたな、俺が天才とやはり見込んだ男だけあります。
あとはホンマ前から言っているように、貪欲さが身につけばいいんですけどね。
若くして大金稼いでるから、そういうハングリーさが欠けてるんよな。

さて、明日はどれだけ、ルノー、マクラーレン勢を押さえ込めるか。
新生ホンダの初優勝見てみたいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。