F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'42.889
2 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'52.717
3 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ 51 1:18'05.804
4 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ 51 1:18'36.698
5 G.ベルガー ベネトン BMW 50 1LAP遅れ
6 A.ジョーンズ ローラ フォード 49 2LAP遅れ
7 T.ブーツェン アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
8 C.ダナー アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
9 P.ストレイフ ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
10 M.ブランドル ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
11 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ 45 6LAP遅れ
12 T.ファビ ベネトン BMW R  
13 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
14 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
15 I.カペリ AGS モトーリ・モデルニ R  
16 R.アルヌー リジェ ルノー R  
17 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
18 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
19 P.アリオー リジェ ルノー R  
20 J.ダンフリース ロータス ルノー R  
21 D.ワーウィック ブラバム BMW R  
22 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
24 P.タンベイ ローラ フォード R  
25 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
26 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R  
27 A.セナ ロータス ルノー R

すっかりこれ、ハードディスクの片隅に追いやられていて、
見るの忘れてました(^^;)
ちっと遡って、1986年の話題です。

この年はウィリアムズ・ホンダの力が断トツに強かったのですが、
結局はプロストにチャンピオンをもっていかれます。
試合巧者はプロストだったんですけどね。

しかし、このイタリアGP前の時点ではマンセルがポイントリードしてました。
そして、このレースでも中盤まで終始リードしていましたね。
ただ、この時のマンセルはまだ若かった・・・
(ってマンセルは晩年になっても、
プロストのようなレース運びはできんかったけどね^^;)

マンセルはガンガンとばしますが、燃費をあんまり考えてなかった。
この時代は給油なんてもんがなかったもんね。
その後ろで、燃費考えつつ、じっくり様子を伺ってたピケが終盤オーバーテイク!

レース後にピケは語ったそうですね。
「(頭を指先ながら)ここの違いだよ(^^)」
マンセルというドライバーは、とてつもなく速いドライバーやったけど、
レースの駆け引き、またレース自体以外での、政治的な駆け引き・・・
めっちゃくちゃ下手やったもんね。

1992年にマンセルは念願のシリーズチャンピオンを獲りますが、
ウィリアムズチームは翌年にプロストを加入させて、
マンセルはアメリカ、インディのレースへ追い出されました。
プロスト、ピケは「試合巧者」って言葉が似合うドライバーでした。
スポンサーサイト
1 A.セナ マクラーレン ホンダ 65 1:33'16.367
2 N.マンセル ウィリアムズ ジャッド 65 1:33'39.711
3 A.ナニーニ ベネトン フォード 65 1:34'07.581
4 M.グージェルミン マーチ ジャッド 65 1:34'27.745
5 N.ピケ ロータス ホンダ 65 1:34'37.202
6 D.ワーウィック アロウズ メガトロン 64 1LAP遅れ
7 E.チーバー アロウズ メガトロン 64 1LAP遅れ
8 R.パトレーゼ ウィリアムズ ジャッド 64 1LAP遅れ
9 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 64 1LAP遅れ
10 中嶋悟 ロータス ホンダ 64 1LAP遅れ
11 A.カフィ ダラーラ フォード 64 1LAP遅れ
12 S.モデナ ユーロブルン フォード 64 1LAP遅れ
13 Y.ダルマス ローラ フォード 63 2LAP遅れ
14 P.アリオー ローラ フォード 63 2LAP遅れ
15 P.マルティニ ミナルディ フォード 63 2LAP遅れ
16 J.ベイリー ティレル フォード 63 2LAP遅れ
17 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 62 3LAP遅れ
18 R.アルヌー リジェ ジャッド 62 3LAP遅れ
19 N.ラリーニ オゼッラ オゼッラ 60 5LAP遅れ
20 T.ブーツェン ベネトン フォード R  
21 I.カペリ マーチ ジャッド R  
22 A.プロスト マクラーレン ホンダ R  
23 J.パーマー ティレル フォード R  
24 A.デ・チェザリス リアル フォード R  
25 P.ストレイフ AGS フォード R  
26 L.ペレス・サラ ミナルディ フォード R

ここシルバーストンはなんと3年ぶりのウエットレースとなりました。
今のF1見てても、雨のレースって年に1、2回は見るのにね。
なので、どこのチームもどういうウエットレースになるのか、
タイヤ、燃費が見当もつかなかったそうです。

こういう雨のレースで強いのは、なんといってもセナ。
いつ車が滑るか分からない、ぎりぎりでのコントロールがセナは大得意でした。
逆に、こういう雨のレースで弱いのはプロスト。
ドライビングが慎重過ぎるんでしょうね。
マシンのトラブルもあったのか、ポイント獲れないと判断した段階で、
車をピットで停めて、リタイヤしてしまいました。

そして、暴れん坊マンセル君が母国でやってくれましたね~
非力なジャッドエンジンながら、雨の中でスピードが出ないのもあり、
そのノリに乗ったドライビングで2位表彰台!!
この当時の新鋭、ナニーニとのバトルも楽しかったです。
さすが母国では如何なく才能を発揮しますね。

そして、ここから頭角を現したのが、同じジャッドエンジンながら、
エイドリアン・ニューウェイ作のシャシーが力を発揮した「レイトンハウス」。
グージェルミンが4位を獲得しました。
日本企業のチームだったので、この時、すごく注目してたのを思い出します。
この後、ウィリアムズ、マクラーレンと曲線をうまく組み合わせた、
美しい傑作シャシーを何台も造ってきました。
今年のレッドブルもかなり速いと予想します。
なので、琢磨がトロ・ロッソに乗れなかったのは残念ですね。

様々な天才を垣間見たレースでした。
F1界の最高権力者、FOM(フォーミュラワン・マネージメント)の
バーニー・エクレストン会長が、イギリスの企業家リチャード・ブランソン氏率いる
ヴァージングループが、旧Honda F1チームの買収に動いていることを認めた。

B.エクレストン氏は19日、「リチャードの関係者とその件について話した。
彼はかなり乗り気だ。私としても大歓迎だね。そうなったらすばらしい。
我々は実現に向けて動いているところだよ」と語っている。

このグループ会社、ヴァージンアトランティック・ジャパンは、
旧Hondaがバックアップしていた佐藤琢磨の個人スポンサーを4年にわたって務めてきた。

このことより、わずかながら、琢磨が旧ホンダに乗る可能性が出ましたね。
今、旧ホンダは琢磨を追い出したニック・フライが率いているので、
全く望みはありませんでしたが、ブルーノ・セナについているブラジル企業のスポンサードも、
どうやら、この新チームには来ない模様なので、バトンのチームメイトはまだ不明瞭であるのだ。
バリチェロは完全に駄目でしょう。
となると、スポンサー繋がりで琢磨を乗せる可能性があるかもしれない。

しかし、琢磨を3年前に追い出した、ニック・フライにジェンソン・バトンがいる限り、
難しいよなって思います。
ってより、ヴァージングループが果たして買収できるのか??
トロ・ロッソのシートを獲得できなかった佐藤琢磨だが、
レッドブル系列2チームのリザーブドライバーとしての、
シート獲得交渉を続けているという。

今月6日、トロ・ロッソはレギュラードライバーとして、
セバスチャン・ブルデーを起用することを発表。
もうひとりは新人のセバスチャン・ブエミが以前より決まっていたため、
今シーズン、佐藤琢磨がF1復帰を果たすことは絶望的となった。
しかし「Autosport」誌は、佐藤がレッドブル、トーロ・ロッソ両チームの
リザーブドライバーを目指し、交渉が行なわれている模様だと報じている。

またレッドブルのオーナー、ディートリッヒ・マテシッツ氏は交渉を認め、
佐藤琢磨をレギュラードライバーには選ばなかったものの、
依然として関心を持っており「彼は日本でかなりの評価を得ている。
我々とうまくやっていけるだろう」と語ったとのこと。

この報道はまあ決まりでしょうね。
琢磨自身、他のカテゴリーには関心がないようやし、
また上位のカテゴリーで、シートが空いているところもない。
そして逆に、レッドブル側でも、琢磨とリザーブ契約としても、
その持ち込んでくれるスポンサー料は魅力的やと思うし、
また何回かのトロ・ロッソでのテストで、琢磨の速さと開発能力の高さは、
よくわかっているはずやから、これ以上に最適なドライバーはいないだろう。

わずかながらでも、琢磨がF1でレースをできる可能性はこれしかないと思います。
いちおレッドブル関係のドライバーは4名いますから、誰かが怪我などで乗れなくなる、
また極度の不振で交代を考慮される確率は高いと思います。
1 A.プロスト マクラーレン ホンダ 80 1:37'37.328
2 A.セナ マクラーレン ホンダ 80 1:38'09.080
3 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 80 1:38'43.833
4 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 79 1LAP遅れ
5 N.ピケ ロータス ホンダ 79 1LAP遅れ
6 A.ナニーニ ベネトン フォード 79 1LAP遅れ
7 中嶋悟 ロータス ホンダ 79 1LAP遅れ
8 M.グージェルミン マーチ ジャッド 79 1LAP遅れ
9 I.カペリ マーチ ジャッド 79 1LAP遅れ
10 A.デ・チェザリス リアル フォード 78 2LAP遅れ
11 E.チーバー アロウズ メガトロン 78 2LAP遅れ
12 A.カフィ ダラーラ フォード 78 2LAP遅れ
13 Y.ダルマス ローラ フォード 78 2LAP遅れ
14 S.モデナ ユーロブルン フォード 77 3LAP遅れ
15 P.マルティニ ミナルディ フォード 77 3LAP遅れ
16 L.ペレス・サラ ミナルディ フォード 周回不足  
17 O.ララウリ ユーロブルン フォード R  
18 N.ラリーニ オゼッラ オゼッラ R  
19 B.シュナイダー ザクスピード ザクスピード R  
20 N.マンセル ウィリアムズ ジャッド R  
21 P.アリオー ローラ フォード R  
22 J.パーマー ティレル フォード R  
23 R.パトレーゼ ウィリアムズ ジャッド R  
24 T.ブーツェン ベネトン フォード R  
25 P.ストレイフ AGS フォード R  
26 D.ワーウィック アロウズ メガトロン R  
27 P.ギンザーニ ザクスピード ザクスピード 失格

この年、これまでずっとセナには予選争いでずっと負けて来たプロスト・・・
ここ母国フランス、ポールリカールでは気合が違いましたね。
フリー走行から終始、セナよりも上にいく走り。
決勝はピットストップのもたつきから、一時セナにトップを譲りますが、
速さは全く違っておりましたね。

セナもこのレースに関しては、レース後、完敗宣言しとりました。
そのコメント聞いたときに、あの負けん気の強いセナが・・・
ってびっくりしたのを覚えています。

ロータスはこういう高速サーキットでは、ホンダエンジンのパワフルさで、
まあまあの好調をキープ。
中嶋悟もシングルグリッド8番手からのスタートで、
スタート後、ウィリアムズ・ジャッドのマンセルに先行を許しますが、
途中でオーバーテイクに成功。
その前の年、いっつも周回遅れで抜かれていたドライバーやったから、
逆に抜けたのは気持ちがよかったとのコメントも印象的でした。

ホンダの強さが圧倒的で、見ていて面白くないと言えば、
つまんないレースでしたね。
1 A.セナ マクラーレン ホンダ 63 1:54'56.035
2 A.プロスト マクラーレン ホンダ 63 1:55'34.748
3 T.ブーツェン ベネトン フォード 62 1LAP遅れ
4 A.デ・チェザリス リアル フォード 62 1LAP遅れ
5 J.パーマー ティレル フォード 62 1LAP遅れ
6 P.マルティニ ミナルディ フォード 62 1LAP遅れ
7 Y.ダルマス ローラ フォード 61 2LAP遅れ
8 A.カフィ ダラーラ フォード 61 2LAP遅れ
9 J.ベイリー ティレル フォード 59 4LAP遅れ
10 L.ペレス・サラ ミナルディ フォード R  
11 P.アリオー ローラ フォード R  
12 S.モデナ ユーロブルン フォード R  
13 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
14 R.アルヌー リジェ ジャッド R  
15 M.グージェルミン マーチ ジャッド R  
16 R.パトレーゼ ウィリアムズ ジャッド R  
17 N.ピケ ロータス ホンダ R  
18 O.ララウリ ユーロブルン フォード R  
19 D.ワーウィック アロウズ メガトロン R  
20 N.マンセル ウィリアムズ ジャッド R  
21 P.ストレイフ AGS フォード R  
22 A.ナニーニ ベネトン フォード R  
23 E.チーバー アロウズ メガトロン R  
24 N.ラリーニ オゼッラ オゼッラ R  
25 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ R  
26 S.ヨハンソン リジェ ジャッド R

レース自体はセナの独走。
あまり面白みがなかったです。
この年、モナコでの自らのミスで優勝をおとしたセナ・・・
その終盤、その念の入り用のペースの落とし方は顕著でした。
1回周回遅れにした車に、また抜かれるくらいまで落としましたからね。

しかし、独走1-2のマクラーレン・ホンダですが、
同じエンジンを積む、ロータス・ホンダの遅さにはびっくりしました。
なんと中嶋悟の名前がありませんよね。
予選落ちなんですよ。
まあ、中嶋さんは結構、ストリートコース、モナコといい不得意でしたけど、
前年チャンピオンのピケでさえ、中盤で苦戦・・・
この車・・・全くきちんと曲がらないんですよね、
ロータスの歴史始まって以来の駄作マシンでした。

で、上のレース結果を見ていて思ったこと・・・
ホンダ以外のエンジン搭載車の上位がフォードエンジンなんですよ。
ワークスのベネトン以外は、カスタマーチューンのフォードエンジン。
今のF1もやはり既成のエンジンのチューンアップで戦えるくらいに、
大幅コスト削減が必要やと思います。
プライベーター、昨年のスーパーアグリ並みの資金力でも維持できるくらいにね。

今年もシーズン中テスト禁止など、コスト削減が進んで、
琢磨がトロ・ロッソに採用されなかったのも、
個人スポンサーの多さでは若干ブルデーに勝っていたものの、
今までのように資金が必要なくなり、重視されなかったようです。
まあ、琢磨につく日本企業に、F1に資金を注入できる
力のある企業がないのもありますけど。
それで、スポンサー力ではあまり大差のないトロ・ロッソで1年実績のある、
ブルデーが選ばれたそうです。

あ、話は逸れました(^^;)
この時期(1988年)の日本企業は、めっちゃ強かったですね~
スクーデリア・トロ・ロッソは6日(金)に2009年F1世界選手権を戦う
レースドライバーを発表したが、選ばれたのは佐藤琢磨ではなく、
セバスチャン・ブルデーであった。

琢磨は2008年シーズン末のヘレステストでトロ・ロッソのマシンを初ドライブし、
その後さらに2回のテストに参加。レースシート獲得に向けてアピールしたものの、
最終的にレギュラードライバーの座をつかむことはできなかった。

佐藤琢磨は以下のようにコメント。
「自分自身の未来がどうなるかは現時点ではまだわかりませんが、
次にどのようなステップを選ぶべきか、
今後マネジャーとともに検討していくことになります。
いずれにしても、僕のF1での活動が終わったとは到底思うことができず、
まだ多くのことができると信じています。トップレベルのモータースポーツで
今後も活動する決意でいますし、可能性がある限り、
F1への復帰を最優先して行動していくつもりです」

やはり・・・
前回にも琢磨の状況はかなり厳しいとコメントしましたが、
この発表がとうとうやってきましたね・・・
ずっとPCの壁紙も、琢磨がトロ・ロッソに乗っている写真にしとりましたが、
元の壁紙に戻しました。
その姿を夢見てただけに、非常に残念です。

ただ琢磨自身はF1に乗ることをまだ諦めていないようですから、
次の道を模索することになりますが、今から他カテゴリーのシートを探すのも、
相当厳しいでしょう。
一番、F1への道が近いのはGP2で乗ることですが、既にシートないもんな~

あのアグレッシブな走りを再びF1の舞台へ!
いつかそうなることを願っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。