F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:40'44.282 78 155.166 1
2 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:40'51.948 78 154.970 2
3 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:40'57.724 78 154.822 1
4 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:40'59.392 78 154.779 2
5 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:41'00.012 78 154.764 2
6 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:41'17.868 78 154.309 2
7 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:41'22.121 78 154.201 4
8 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1:41'47.424 78 153.562 -
9 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:41'49.322 78 153.514 -
10 10 ティモ・グロック トヨタ 1:41'05.998 77 152.629 -
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:41'25.243 77 152.146 -
12 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:41'26.882 77 152.105 -
13 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:41'28.869 77 152.055 -
14 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:41'31.730 77 151.984 -
15 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:39'37.442 76 152.878 -
  2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス アクシデント 51 153.862 2
  5 ロバート・クビサ BMWザウバー DNF 28 148.770 -
  15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー アクシデント 15 146.605 4
  8 ネルソン・ピケJr. ルノー アクシデントダメージ 10 147.253 -
  12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ アクシデント 10 147.229 -

今回のレース、ソフト側のタイヤはあまり持ちませんでしたね。
その中、ソフトタイヤでスタートしたバトンはそのタイヤにやさしい、
スムーズな走りを展開しました。
以前にも、このジェンソンというドライバは速いというよりも、
巧いって言葉が似合うドライバーだと書いたことがあります。
チームメイトのバリチェロが、たまらず予定より速くピットインしているのに、
それよりも長く持たせました。

結果はブラウンGPのワンツー。
ここモナコでは低速コーナーばっかりなので、マシンの空力性能では、
あまり差が出ないことから、他のチームがもっと肉薄するかと思ったが、残念ですね。
唯一、フェラーリが今年最高に、調子がよかったのが救いです。
やはり赤いマシンは速くなくっちゃ面白くない。


キミ・ライコネン…頂点へ

今回、清原に闘魂注入してもらった、中嶋一貴・・・
予選は、なんとかQ3に進出ですが、ハミルトンのクラッシュがなければ、
今回もダメだったでしょう。
もうあと10位しか望めないならば、もっと重く燃料入れてたらって思ったんですけどね。
ならばアロンソの後ろでポイント獲れたかもしれません。
で、最後にスピン、クラッシュ・・・
夏ぐらいにウィリアムズ、来季のドライバー交代発表するんじゃないでしょうかね。

チャンピオンシップはバトンの独走状態。
元々、速いドライバーだと認めていたんで、この結果は、
今のブラウンGPの強さを考えると、妥当でしょう。
しかし、ライコネンあたりにもうちょい頑張ってほしいです。
スポンサーサイト
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:37'19.202 66 189.336 1
2 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:37'32.258 66 188.914 1
3 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:37'33.126 66 188.886 2
4 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:37'38.143 66 188.724 2
5 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:38'02.368 66 187.947 4
6 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:38'10.029 66 187.702 1
7 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:38'11.514 66 187.655 5
8 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:38'24.413 66 187.245 2
9 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:37'20.216 65 186.434 6
10 10 ティモ・グロック トヨタ 1:37'20.990 65 186.409 8
11 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:37'23.811 65 186.319 7
12 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:37'26.107 65 186.246 10
13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:37'37.113 65 185.896 9
14 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:37'50.740 65 185.464 10
  4 キミ・ライコネン フェラーリ 油圧系 17 167.517 10
  2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス ギアボックス 7 130.125 11
  9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ アクシデント 0 0.000 -
  12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ アクシデント 0 0.000 -
  11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ アクシデント 0 0.000 -
  20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス アクシデント 0 0.000 -

レース展開的には、見所のあるオーバーテイクもなくつまんなかったと思いませんか?
ブラウンGPの相変わらずの強さだけが目立って、なんも面白くなかったです。
唯一、アロンソがさすが母国での走りって感じで、マシンの弱さを補う強さを発揮しましたね。
ピケJrのクビ切られる猶予期間はイギリスGPまでとのこと・・・
それまでにアロンソの何%のポイントを獲得せねばならない等の契約事項があるようですね。


キミ・ライコネン…頂点へ

好きな、キミ・ライコネンも今回予選はQ1敗退、本戦リタイヤで全く精彩欠いてますし、
唯一の日本人ドライバー中嶋一貴も相変わらずの体たらく・・・
これでは、21年ずっと欠かさず見続けてきたF1も、
今年は何戦かは見ることなく終わるかなって感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。