F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:22'49.328 60 223.385 1
2 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:23'04.516 60 222.705 1
3 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:23'30.503 60 221.550 2
4 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:23'34.371 60 221.379 2
5 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:23'35.243 60 221.340 4
6 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:23'35.613 60 221.324 3
7 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:23'57.635 60 220.356 5
8 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:23'58.950 60 220.299 4
9 10 ティモ・グロック トヨタ 1:23'59.151 60 220.290 5
10 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:24'00.850 60 220.216 3
11 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:24'03.351 60 220.107 4
12 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:23'00.929 59 219.149 12
13 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:23'01.760 59 219.113 12
14 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:23'02.225 59 219.092 12
15 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:23'25.425 59 218.077 11
16 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:23'52.322 59 216.911 14
17 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:23'53.434 59 216.863 14
18 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:23'56.002 59 216.753 15
  11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ アクシデントダメージ 37 211.792 14
  2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス アクシデントダメージ 36 212.425 12

今回予選で、自己最高5位グリッドを獲得した中嶋一貴・・・
燃料がいくら、Q3に残った10人の中で一番軽かったとはいえ、
よくぞ、最後の最後でまとめあげたと褒めてあげたいです。
ただ、この燃料軽め作戦は裏目に出ましたね。

一貴のように、ここ一発の速さが出せないドライバーには、
この作戦は合わないです。
なんせ相手が後でピットストップするのですから、
それまでにぎりぎりで踏ん張りがいります。
でないと、重さでは、相手は軽め、こっちは重めで不利なわけですからね。
後半、全くタイムも伸びませんでしたし、うーん・・・また評価マイナスだな。
次回からは、Q3に進んだとしても、1ストップ作戦にでもして、
10位からのスタートでええから、手堅く走ったほうがいいと思うな。

そして、今回の1-2はレッドブル。
シーズン始まる前、この車は絶対、速いよって俺、明言してたけどその通りになりましたね。
今回からフロントノーズが「あひるの嘴風」になったのもよかったのかな。
こういう、空力でぐんぐん曲げることができるサーキットは、
エイドリアン・ニューウェイのお得意ですからね。


F1 2009 本選仕様レッドブル レーシング ルノー RB5 S.ベッテル

しかし、ベッテルってドライバー・・・
今まで、ここまで、ウェバーが力差を見せつけられたチームメイトっていただろうか?
ハミルトンが駄作のマクラーレンで沈んでしまっている今、
このドライバーへの脚光は増えるばかりですね。
しかし、ドイツって、なんでこんなすごいドライバーばかり輩出するんやろ?
スポンサーサイト
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:26'24.848 58 214.823 1
2 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:26'31.562 58 214.545 1
3 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:26'32.309 58 214.514 2
4 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:26'52.691 58 213.675 3
5 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:26'56.387 58 213.524 2
6 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:27'04.844 58 213.178 4
7 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:27'11.095 58 212.923 3
8 10 ティモ・グロック トヨタ 1:27'11.807 58 212.895 5
9 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:27'15.094 58 212.761 6
10 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:27'27.268 58 212.267 7
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:27'29.175 58 212.190 8
12 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:27'31.224 58 212.107 4
13 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:27'45.302 58 211.540 10
14 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:26'33.885 57 210.749 8
15 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:26'36.808 57 210.630 15
16 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:26'40.349 57 210.487 11
17 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:26'46.214 57 210.250 11
18 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1:26'48.471 57 210.159 18
  23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス ギアボックス 47 210.532 11
  21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス ブレーキ 4 194.827 18

ジェンソン、もう完全に独走ですね・・・
7戦中6勝・・・これだけ強いのは、1992年、ウィリアムズの名車FW14Bを駆った、
ナイジェル・マンセル以来の強さではないでしょうか。
それに対向できるのはチームメイトだけですが、ノっているバトンは、
なかなか並のドライバーでは止められないです。
琢磨も全く歯が立たなかったですもんね、
バリチェロはそりゃ、琢磨よりはええ走りの安定感を持っているドライバーでしょう。
そのバリチェロにすっごく焦りを感じます。

今回、一貴はええ走りしました。
チームのピットストップでのトラブルで大きく順位を落とす結果となりましたが、
前年を含めて、一番安定感のある走りではなかったでしょうか。
この走りが毎戦できるようになれば、必ずウィリアムズ残留の道が開かれるでしょう。

そして、そのウィリアムズのチームメイトである、ニコ・ロズベルグ・・・
今シーズンでウィリアムズとの契約が切れることになりますが、
マクラーレンと来季の話を進めていることが明らかとなりましたね。
元々、マクラーレンは去年、コバライネンより、ニコを欲しがったのですが、
ウィリアムズは断固拒否してダメになりました。
まあ、この話は夏の終わる頃には決まるんじゃないでしょうか。

あとストーブリーグ系のお話をしますと、ピケJr・・・
アロンソがいかに強くて速いかは、皆さん百も承知ではあるけれど、
それを差し引いても、その走りは平凡で、ミスも多いです。
現地でも、いつクビになるかってことで、噂されておりますが、
来季、ルノーのシートがないのは確実でしょうね。

さて、来年エントリー希望の新チームが多数出てきました!
琢磨はこの中からシートゲットできるかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。