F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェラーリはハンガリーGPで負傷したフェリペ・マッサに代わり、
バレンシアで行われる次戦ヨーロッパGP以降のレースに、
ミハエル・シューマッハを起用すると発表したのである。

これほど、衝撃的な発表は、去年のホンダ、F1突然の撤退宣言以来か・・・
自分がF1を見はじめて、20年を超えているが、その間に最強に君臨したのが、
ミハエル・シューマッハであり、最強の力を持ったまんま引退したのだから、
彼の現役復帰は誰もが興味深い内容だろう。

マッサの負傷で、フェラーリの代役は誰だろうか?
このブログでもテストドライバーを務める、バドエルの名前を挙げたり、
あとジェネもいるけど、どちらも代役経験あるが、役不足でしたもんね。

となると、フェラーリのアドバイザー的な立場にあるシューマッハは、
自分のよき後継者となっているマッサ負傷の代役には、
その義理と人情の観点から、受けて立つほかなかったのだろう。


ミハエル・シューマッハー全記録

しかし、過去、その栄光の後にF1現役復帰をして、
成功できるほど、甘い世界ではない。
レースでは、ナイジェル・マンセルがマクラーレンで、
どんな結果だったかは成績として残っているし、
またミカ・ハッキネンが、テストでF1をドライブして、どれだけ遅かったことか。

そして、今年のF1はシーズン中のテストは禁止されている。
今年のF1マシンにシューマッハは一度も乗ることはできずに、
ぶっつけ本番で、ヨーロッパGPに挑むことになる。
また、今年のフェラーリは未だ未勝利のたいしたことのないマシンだ。

こんな状況で、ミハエルが結果を出したとすれば、
今のF1に速いドライバーなんていないのではなかろうか。
アロンソ、ハミルトン、ベッテルなんぞが、若き才能の塊であろうが、
彼らの影は非常に薄くなる。

しかし、そうはならないと予想します。
ミハエルのこの現役復帰は無謀行為でしょう。
予選10番手以下に沈むのは確実でしょうね。
Q1突破も難しいんじゃないかな。

けど、俄然、今年のF1が面白くなったぞ~♪
次のヨーロッパGPが待ち遠しいです。
スポンサーサイト
1 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:38'23.876 70 186.973 1
2 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:38'35.405 70 186.609 2
3 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:38'40.762 70 186.440 2
4 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:38'50.843 70 186.123 2
5 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:38'58.268 70 185.890 1
6 10 ティモ・グロック トヨタ 1:38'59.113 70 185.864 3
7 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:39'18.964 70 185.244 2
8 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:39'32.048 70 184.839 2
9 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:39'32.650 70 184.820 4
10 23 ルーベンス・バリェッロ ブラウン・メルセデス 1:39'33.132 70 184.805 6
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:39'34.488 70 184.763 10
12 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:39'35.388 70 184.735 4
13 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:39'37.922 70 184.657 10
14 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:38'26.239 69 184.228 9
15 11 ジェイミー・アルグエルスアリ STRフェラーリ 1:38'44.598 69 183.657 12
16 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:39'11.399 69 182.830 10
  15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー DNF 29 178.955 2
  7 フェルナンド・アロンソ ルノー DNF 15 171.635 1
  20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス DNF 1 149.881 19

さすがの資金力の違いか・・・
マクラーレンが今季、ここで優勝できるなんて、
シーズン序盤からは考えられなかったことですね。
まあ、ブラウンGPの中盤からの失速は、このブログでも述べてきたことですが、
それにしても、ここまで落ち込むとはです。

バトン自身は、車のリアの挙動が、シーズン序盤と全く違う、
非常にひどいオーバーステアで、他のチームが追いついてきた訳ではない
と言っておりますが、やはり低速のハンガロリンクサーキットでは、
アップグレートがほぼできていないマシンでは限界だったんでしょう。
後半も、低速コースではかなり苦戦すると思います。

そして予選ではマッサ・・・
前を走っていたバリチェロのマシンのパーツが飛んできて、
頭蓋骨骨折の重傷・・・
命に別条がなくって、ほっとしました。
F1で死亡者が出るのは二度と見たくない(セナ以来)です。
3週間の夏休みにF1は突入しますが、それまでに直るのかな~
今のF1では、シーズン中、テストが行われないので、
各チームのリザーブドライバーが誰なのか、よく分かりません。
フェラーリ誰なんだろ?
バドエル???


フェラーリ F2008 F.マッサ

バトン低迷、ベッテルリタイヤで、非常に混沌としてきました。
あと、ピケJrは夏休み明け、グリッドに着けるでしょうか・・・
1 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:36'43.310 60 191.598 1
2 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:36'52.562 60 191.293 1
3 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:36'59.216 60 191.074 1
4 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:37'04.409 60 190.904 2
5 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:37'06.919 60 190.822 2
6 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:37'07.778 60 190.794 1
7 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:37'08.198 60 190.780 6
8 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:37'42.002 60 189.680 3
9 10 ティモ・グロック トヨタ 1:37'44.767 60 189.590 9
10 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:37'45.235 60 189.575 6
11 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:37'45.637 60 189.562 8
12 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:37'46.186 60 189.545 8
13 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:37'51.638 60 189.369 7
14 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:37'52.865 60 189.329 6
15 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:37'55.251 60 189.252 2
16 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:38'13.535 60 188.665 11
17 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:38'14.280 60 188.641 16
18 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:38'07.232 59 185.719 18
  4 キミ・ライコネン フェラーリ エンジン 34 187.863 3
  11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 油圧系 18 181.590 17

ウェバー、初優勝おめでとう!
昨年まで絶えず、チームメイトに負けない走りをしてきましたが、
今季、天才ベッテルの前で霞んでおりました。
しかし、元々、このドライバーはここ一発にタイムを出せるドライバーですし、
どこかでベッテルを負かすだろうとは思っていました。

そして、今回はレッドブルの1-2フィニッシュです。
現在トップを走る、ブラウンGPは所詮ちっちゃなプライベートチームなんで、
今季どこかで、レッドブルに追いつかれるのではと思っていました。
やはりニューウェイのシャシーは、今のF1において彼の作品にハズレはないでしょう。
それをうまく金をかけて、熟成させてきたなって思います。
ホンダも過去最高のシャシーを制作していただけに、ホンダユーザとしては、
やはり撤退悔やまれますね。

今回GPでかなり噂されたのは、二人の解雇の噂・・・
ルノー、ピケJrとトロロッソのブルデーです。
ピケJrはまあ、チームメイトがアロンソですから、
まあ、誰乗っても、無理でしょう。
しかしブルデーは相手、ルーキーのブエミですからね。
それと比較しての今年のパフォーマンスはかなり悪いと思います。
あと、フォースインディアのフィジケラも来季、リウッチィと交代ほぼ確定のようですね。

さあ!一貴もチームメイトにかなり差をつけられています。
後半戦、挽回できるでしょうか??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。