F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:56'06.337 61 159.845 1
2 10 ティモ・グロック トヨタ 1:56'15.971 61 159.624 2
3 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:56'22.961 61 159.464 1
4 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:56'26.598 61 159.381 2
5 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:56'36.352 61 159.159 2
6 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:56'38.195 61 159.117 3
7 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:56'42.494 61 159.020 5
8 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:57'01.391 61 158.592 7
9 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:57'02.391 61 158.569 7
10 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:57'05.229 61 158.505 6
11 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:57'06.114 61 158.485 2
12 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:57'19.346 61 158.187 9
13 3 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ 1:57'26.227 61 158.033 12
14 21 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス 1:57'39.839 61 157.728 13
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ ブレーキ 47 154.692 14
  12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ ギアボックス 47 154.318 12
  14 マーク・ウェバー RBRルノー ブレーキ 45 156.217 4
  20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス アクシデントダメージ 23 147.901 15
  6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー アクシデント 19 158.878 17
  8 ロマン・グロージャン ルノー ブレーキ 3 142.489 19

今回はハミルトンの圧勝でしたね。
やはり、安定感のある走り・・・ホント天才やと思います。
なので、見所無く、今回はあまり熱心には見ていませんでした(^^;)
ただ、カクテルライトに光る、F1マシンは美しいですね。

チャンピオン争いはウェバーがリタイヤしたことで3人に絞られました。
またバトンはバリチェロとの差をわずかに開き、優位に立ちましたね。
次戦鈴鹿で、決めるかもです。

そしてストーブリーグの話題も、今回かなり熱くなりましたね。
ライコネンが2010年の契約を結んでいるフェラーリのチーム代表、
ステファノ・ドメニカリは「ここ数日で…状況が変わった」とコメント。

またフェラーリの社長モンテゼモーロは、次のように語っている。
「フェリペ・マッサが第1のドライバーである事は断言できる。
サードドライバーはジャンカルロ・フィジケラになるだろう。
シンガポールGPが終わったら、ステファノ・ドメニカリ(チーム代表)
と私はミーティングを行い、2番目のマシンに誰を乗せるか決める。発表はいずれ行うよ」

このことより、フェラーリはライコネンとの2010年契約を破棄したがっており、
アロンソとの契約を手中に納めようとしているのは明白だろう。

また、フェラーリとマクラーレンのスポンサーとなるサンタンデールが、
もしマクラーレンがキミ・ライコネンのために2010年のシートを用意するのなら、
マクラーレンへ2500万ユーロ(約33億円)を支払うことに合意したと報じられている。

マクラーレンはハミルトンを手放すことは絶対にしないから、
シートを追われることになるのはコバライネンであろう。
マクラーレンとしても、キミの才能はよく分かっているので、
キミの移籍は大喜びではなかろうか。

そうなってくると、マクラーレン移籍が濃厚であったニコ・ロズベルグは、
他の移籍先を求めなければいけないが、今季トップを走るブラウンGPが、
ニコを欲しがっているとのことだ。

バトン、バリチェロと今季チャンピオン争いをしている二人だが、
来季の契約に関しては、かなり難航しているようである。
いずれかがシート喪失は確実ではないだろうか。

今年のストーブリーグはやはりアロンソの動きから、
どんどん決まっていくでしょうね。
スポンサーサイト
過去、ここまで最高に魚介類が安くて旨い居酒屋には巡り会ったことがない。
いろんな所へ新しい店を新規開拓していくのが好きな俺でも、
ここのお店だけは絶えずリピートしていますね。
JR立花駅から北西へ徒歩3分のとこにあります「釜谷」です。

釜谷

まず、ここでは冷蔵ケースを眺め、今日のネタを見定める。
JR立花駅 釜谷

刺身なんかでも高いのもあるが、結構掘り出し物もあるのだ。
そして、焼く、煮る、揚げるとなんでも調理は対応可。
自分の好きな魚を、好きな調理法でいただけるのは格別である。

まず選んだのはサーモン刺身。
JR立花駅 釜谷

パックで置いているにしては、ここの刺身はどれもが旨い。
このサーモンも脂がノリノリであった。

そして焼き物は?
JR立花駅 釜谷

ハタハタを焼いてもらった。
これが結構安くて、いつも1匹、60~80円で食えるのだ。

あと、ここは魚介類以外にも安い総菜を置いている。
JR立花駅 釜谷

今回はおろし蕎麦(200円弱くらい)をいただいた。
蕎麦の風味はまあスーパーで売ってる程度であるが、
こういう魚ばっかり食ってる中での安い他のアテはありがたい。

蟹の季節も終盤であったので・・・
JR立花駅 釜谷

ずわい蟹が結構安い値段でいてたので、いただきました。
飲み過ぎで、よくは覚えていないが、1パイで600円台だったと思う。

なんか、この日は昼から呑んでいて、既に夜9時を過ぎていたから、
麺類が食べたかったんでしょうね~
JR立花駅 釜谷

冷やしうどんです、これも250円くらい。
まあ、あんまり記憶に残っておりませんが、結構讃岐うどんのコシがありました。

また別の日に・・・

その日の珍しい刺身は何があるだろうと冷蔵ケースを眺めていたら、
「ほうぼう」の刺身(380円)がありました。
ちゅうわけで、今日の魚はこれで決定!

釜谷

この身は鯛に似ているけれど、あっさりした鰺のようでもある。
この値段でなかなかの美味でした。

そんでちびちび酒飲むにはこれですな~
釜谷

イカの塩辛(100円)です。
100円やのにたっぷり量があるので、結構食べてきた後の酒のつまみにちょうどよかったです。

で、ふと壁に目をやると・・・
釜谷

おっ!新開発の酎ハイがありますね~
その名も「魚屋スペシャルG」!!
いかにも元気が出そう、まだまだ週初め月曜やったので、それをいただく。
月曜はここ、酎ハイ安いデーなんですよ。これも280円でした。

こんな感じ。
釜谷

色合いがビタミンドリンクって感じです。
タウリンがいっぱい入っているのか、その味が結構する。
で、「G」ってどういう意味なのか聞いてみたら「Good」とのこと。
「GinGin」かなって思ったんですけど(^^;)

やはり、このお店は、ご主人にしても、奥さんにしても、
皆さん、すっごく愛想よく応対してくださるので、店の雰囲気がすごくよい。
それに加えて、魚旨いわ、安いわで、こんな素晴らしい店はないですね。

住所:尼崎市立花町4-2-4
電話:06-6438-7267
営業時間:10:00~22:30(L.O.21:30)
定休日:日曜

↓お勧めリンク↓

★築地直送のこんな大トロブロックが手軽に買える!!★
1 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:16'21.706 53 241.000 1
2 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:16'24.572 53 240.849 2
3 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:16'52.370 53 239.397 1
4 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:16'52.837 53 239.373 2
5 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:17'20.888 53 237.926 5
6 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:17'22.399 53 237.849 6
7 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:17'44.118 53 236.741 6
8 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:17'47.113 53 236.589 7
9 3 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ 1:17'48.562 53 236.516 7
10 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:19'03.869 53 232.761 7
11 10 ティモ・グロック トヨタ 1:19'05.631 53 232.675 8
12 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:14'59.622 52 240.761 1
13 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:16'18.421 52 236.618 11
14 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:16'27.945 52 236.126 8
15 8 ロマン・グロージャン ルノー 1:16'59.720 52 234.502 15
16 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:17'07.169 51 229.618 13
  21 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス トランスミッション 22 238.448 4
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ ギアボックス 19 232.035 16
  5 ロバート・クビサ BMWザウバー エンジン 15 227.725 9
  14 マーク・ウェバー RBRルノー アクシデント 0 0.000 -

今回、注目したのはフェラーリに移籍したフィジケラ。
イタリア人ドライバーが、このイタリアでフェラーリに乗るのは、
イワン・カペリ以来ですからね。
その初戦が母国で走る訳ですから、ティフォシには溜まらなかったでしょう。

しかし、やはり乗り慣れていないマシンに苦労しておりました。
予選はQ2で敗退、そして決勝でもポイントまでは届かず・・・
バドエルほどではないにせよ、ライコネンとの力差は歴然でした。

フィジコってドライバーはなぜか実力あるマシンに乗ると、
力を発揮できないんですね。
ルノーでアロンソがチームメイト時代、完全にアロンソに
打ち負かされました。
あの時も、あれだけ速さを見せていたドライバーがなぜ?
って思いましたもん。
それだけアロンソってドライバーがすごいってのもありますが。
才能はミハエルとほぼ対等でしょう。

そして、もう一人、今回新しいマシンに乗った人間がいます。
リウッツィですが、今年のシーズン中テスト禁止ルールによって、
全くドライブしていないマシンで、予選は見事な走り!
決勝でも、トランスミッショントラブルでリタイヤでしたが、
光る走りを見せておりました。
このドライバーって実力以上に、生意気なイメージあったんですけど、
よくやるなって思いましたね。速さも持っています。

優勝はバリチェロ。
ブラウンGPの1ストップ作戦には驚きました。
さすがロス・ブラウンですね。
これでチャンピオン争いは、この2人に絞られた感があります。
まあ、バトンがこのままいくと思いますよ。
ジェンソンは、堅実かつ巧いドライバーですから、大きくポイントは落とさないです。
ウィリアムズ、ニコ・ロズベルグは、今季で契約が切れるため、
他のチームへ移籍するのは確実であろう。
なかでも、一番の候補はマクラーレンだ。
2年前にも、ニコのマクラーレン入りが囁かれたが、
その時はフランク・ウィリアムズが頑と首を縦に振らなかったので流れた。
今回は、もうウィリアムズは、ニコを放出してもいいと言ってる。

またマクラーレン側も、ハミルトンのパフォーマンスには満足しているが、
コバライネンに関しては満足していないので、
来季、ニコのマクラーレン入りは相当、濃厚だろう。

その空いたウィリアムズのシートには、テストドライバーの
ニコ・ヒュルケンベルグが収まるだろう。

そうなると、中嶋一貴は来季、安泰かとも思われるがそうでもない。
チームメイトのニコが30ポイント獲得してるにも関わらず、一貴は依然、ノーポイント。
ここまでチームメイト同士で差があるドライバーに、
チーム内でも不満が募るのは当たり前だ。

そうなると、来季シートを喪失、移籍を希望している実力派ドライバーに、
ウィリアムズはどうもコンタクトをとっているようである。
来季チームがなくなるBMWのクビサ、ハイドフェルド、トヨタのトゥルーリ、
フェラーリのライコネン、ルノーのアロンソなどである。

このいずれかのドライバーが、契約合意に至ったとすれば、
確実に、中嶋一貴のクビは切られることになるだろう。
ただ、ルノーを解雇されたピケJrや、トロロッソのブルデーに比べたら、
これほどまでに実力のないドライバーを、
乗せ続けるウィリアムズは寛大やと思います。

GP2で今季はチャンピオン争いをするのではと思われた、
小林可夢偉が低迷している今、来季日本人ドライバーは皆無かもしれませんね。
フェラーリが3日、F1世界選手権第13戦イタリア・グランプリから
最終戦のアブダビ・グランプリまで、ジャンカルロ・フィジケラを
起用すると公式ページで発表した。
フェラーリのステファノ・ドメニカリ代表は、
「フィジケラならシーズンの終盤へ向けて、チームへ多大な貢献を
してくれると信じて選んだ。彼は長いキャリアを通じて、
速くて競争力のあるドライバーであることを証明してきた。
チームの母国レースでイタリア人ドライバーを乗せることは、
我々にとっても大変光栄なことだ」と語った。

予想通りの発表でしたね(^^)
フォースインディアも何も金銭的な要求をフェラーリにせず、
フィジケラの将来を考えて、気持ちよく送り出した行為は、
敬意に表すると思います。
佐藤琢磨も一時期、フェラーリ発表のリストに載ったのですが、
残念です。

フィジケラというドライバーは前回も書きましたが、
彼がデビュー当時から、その速さにずっと私が注目してきたドライバーです。
他では、トゥルーリもそうですけどね。
ルノーでアロンソに差をつけられて、彼のF1人生も終わったと思いましたが、
こんな形でフェラーリに乗れるとは感激です。
フィジコとフェラーリはすっごく合ってると思います。

ただ、今季いっぱいはフェラーリの正シートに座れますが、
来季はどうなるんやろな・・・
まず、怪我してるマッサを来季乗せないってことは100%ないでしょうし、
確実視されている来季、アロンソのフェラーリ入りは、
ライコネンのルノー入りとのトレードで成立するでしょう。
そうなるとテストドライバーでしかシートないですから、
来季から、フィジコの走る姿を見れなくなる可能性があります。

しかし、残り5戦!!
私はフィジコを応援しますよ!!
フェリペ・マッサが怪我から回復するまでの間、ルカ・バドエルがその後任として選ばれたが、
バレンシア、ベルギーともに、その遅さは顕著であった。
特にベルギーは何度か走ったコースであるにも関わらず、チームメイトは優勝、
それに対して、ダントツの最下位なのだから、交代はやむ得ないだろう。

そのフェラーリがバドエルの後釜の候補をなんと!!オフィシャルサイト上で公開したのだ!!
それは全部で総勢21人もの数が挙がってる。
その候補はメディアが報道しているもの、ファンの熱望によるもの、そして自ら選考対象となっているものと、
様々な名前が出てきて面白い(^^)

以下、アルファベット順に列記しよう。(計21人)

フェルナンド・アロンソ(ルノーF1チーム正ドライバー:F1世界選手権ランキング12位)
ジュール・ビアンキ(F3ユーロシリーズ/イギリスF3参戦:ユーロF3ランキング首位)
ミッコ・ボルトロッティ(F2シリーズ参戦/ランキング6位)
セバスチャン・ブルデー(第9戦ハンガリーGPまでトロロッソからF1参戦)
デイビッド・クルサード(2008年末でF1から引退)
アンソニー・デビッドソン(2008年第4戦までスーパーアグリからF1参戦)
ジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディアF1チーム正ドライバードライバー:F1世界選手権ランキング14位)
ルカ・フィリッピ(2008年までホンダF1テストドライバー:今季GP2参戦ランキング7位)
マルク・ジェネ(フェラーリテストドライバー)
ニコ・ヒュルケンベルグ(ウイリアムズF1テストドライバー/GP2ランキング首位)
ロバート・クビサ(BMWザウバーF1ドライバー:F1世界選手権ランキング15位)
アンドレ・ロッテラー(トムスからフォーミュラ・ニッポン参戦:ランキング4位/スーパーGT参戦:ランキング3位)
ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディアテストドライバー)
ネルソン・ピケJr(第9戦ハンガリーGPまでルノーからF1参戦)
ジョルジョ・パンターノ(2008年GP2チャンピオン)
バレンティーノ・ロッシ(MotoGPランキング首位)
ダビデ・リゴン(2009年GP2参戦:ランキング20位/スーパーリーグ・フォーミュラ08年チャンピオン)
佐藤琢磨(2008年第4戦までスーパーアグリからF1参戦)
ブルーノ・セナ(2008年GP2ランキング2位/2009年ル・マン・シリーズ参戦)
ヤルノ・トゥルーリ(トヨタF1正ドライバー:F1世界選手権ランキング8位)
ヨス・フェルスタッペン(2003年までF1参戦/2009年ル・マン24時間参戦)

なんと!!佐藤琢磨の名前が挙がっているんですね~
果たして、これは日本ファンの熱望によるものでしょうか??
それともフェラーリ首脳の候補として考えられているのか??

琢磨自身は、マッサ負傷でシューマッハに代役が決まるまで、
フェラーリからの連絡を待っていたが、来なかったとファンとの集いで話しています。
今回どうなんでしょうね、この21人の中から誰がモンツァを走るのか??

フィジケラの期間限定レンタル移籍の可能性が高いと思いますが、
赤い跳ね馬は絶対、琢磨には似合うと思うので、一度でもいいから見てみたいです。
1 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:23'50.995 44 220.430 1
2 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:23'51.934 44 220.389 1
3 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:23'54.870 44 220.261 1
4 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:24'00.961 44 219.995 3
5 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:24'02.271 44 219.938 2
6 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:24'23.758 44 219.004 4
7 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:24'26.456 44 218.888 6
8 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:24'27.203 44 218.855 1
9 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:24'27.954 44 218.823 3
10 10 ティモ・グロック トヨタ 1:24'32.485 44 218.627 4
11 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:24'33.631 44 218.578 8
12 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:24'37.101 44 218.429 6
13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:24'45.236 44 218.079 12
14 3 ルカ・バドエル フェラーリ 1:25'33.172 44 216.043 13
  7 フェルナンド・アロンソ ルノー ホイール 26 208.921 3
  9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ ブレーキ 21 204.457 5
  1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス アクシデント 0 0.000 -
  11 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ アクシデント 0 0.000 -
  8 ロマン・グロージャン ルノー アクシデント 0 0.000 -

今回、なんと言っても、フィジケラ一色でしょう。
今までポイントを獲得したことのないチームで、ポールポジション獲得。
ホント、ポールを獲得したときはびっくりしましたよ~
ずっと一番しんがりを走ってたようなチームですよ。

このフィジケラってドライバーは新人時代から注目してたドライバーです。
1997年ぐらいかな?その頃もホームページ作っていて、
ミナルディからデビューしてた彼は、遅い車ながらも、光る走りを見せてました。
私もフィジコの愛称でずっと観戦日記を書いてたのを思い出します。
ルノー時代に、アロンソの影に隠れる形となり、その実力も衰えた感あったんですが、
フォース・インディアという下位チームで走りながらも、
くじけずに地道に走ってたなって思います。

そして来季ですが、現在のフォースインディアのシートは、
リウッツィに取って代わられるように報道されておりました。


ミニチャンプス1/43 フォースインディアVJM01 フィジケラ2008年#21

それが・・・ですよ!
なんと!フェラーリ、バドエルの不振により、フェラーリにもしかしたら乗るかもです!!
そうなると楽しみですね~
私はフィジコがいつかはフェラーリに乗るのではとデビュー当初は思っていました。
イタリア人ドライバーはフェラーリでは大成しないというジンクスがあります。
ここ最近では、アルボレート、カペリが乗りましたが、成績イマイチでしたよね。
その後はイタリア人ドライバーでフェラーリに乗った人間はいません。
まあ、今回のバドエルは久しぶりでしたけど、
あまりカウントに入れたくありません(^^;)

今後、ジャンカルロ・フィジケラの動向から目が離せないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。