F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
史上最強のF1ドライバーと言われる、ミハエル・シューマッハ。
過去7度の総合優勝と通算91勝を挙げており、この記録は誰も打ち破れないだろう。
昨年、フェリペ・マッサ(28)がケガで戦列を離れた際には、
フェラーリからの電撃復帰を発表したが、以前にバイクレースで負傷した首が
完治していないことが判明し、このときは復帰を断念したという経緯があった。


皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

そのミハエルが、なんと来季は今年のチャンピオンチームを引き継いだ、
メルセデスGPで復帰するとの正式発表がありました。
3年間のブランクがあり、再びレースをしたい!という気持ちが、
徐々に高まっていたのだろう。
ドイツ人であるミハエル、そしてメルセデスのジュニアチームで、
自分が育成してもらったということもあり、今回のメルセデスGP設立で、
そのマシンをドライビングするということは当然のことであったのかもしれない。

契約金は700万ユーロ(約9億2000万円)だとのこと。
メルセデスGPは2010年シーズン、シューマッハーと、
ニコ・ロズベルグ(ドイツ)というオールドイツ体制で挑むことになる。。

ミハエルは、首の状態も良好だとのコメントも発表しており、
今回の決断に至った訳であるが、私自身この決断は尚早だと思います。
過去近年、ナイジェル・マンセル、そしてテストのみだがミカ・ハッキネンの
F1ドライブ結果を見る限り、栄光を為し得たF1ドライバーの復帰が
うまくいかないことは明らか。
1年程度であれば大丈夫であろうが、3年というブランクは大き過ぎます。
1回でも合同テストに参加して、他のドライバーと遜色のないタイムを出せると
判断に至ったうえで、契約ってできなかったのかな~
ただ、これでチャンピオン争いでもやるもんなら、やはり怪物なのでしょう。

これで、あとハイドフェルドの行き先はザウバーで決まりでしょう。
どんどん空きシートがなくなってきました。
琢磨、一貴は残りシートには名前が挙がっておりませんから、
無理っぽそうですね。

さあ、開幕戦!!
ザウバーの小林可夢偉がどこまでやるか?
そしてマクラーレン、ハミルトンとバトンの力関係はいかに?
フェラーリ、アロンソの実力本領発揮は?マッサと確執なくいられるか?
それにミハエルの現役復帰ですから、まあ、見てる側とすれば、
こんな興味深い幕開けはありませんね。
2009年あまり興味なく見てましたが、2010年F1は面白くなりそうです(^^)
(ただ、ライコネンがいないのがつまんないとこ・・・・)
スポンサーサイト
7大陸の最高峰制覇を目指している登山家でもある片山右京さん・・・
F1好きでなくても誰もがご存じであろう。
私は、このブログのアドレスからも分かるとおり、
F1レーサー右京ちゃんの大ファンである。

アグレッシブな走りと、その愛嬌のある容姿と性格。
そのアンバランスさが片山右京の魅力でありました。
時折みせるミスも多かったので、テレビの前で何度ため息をついたことか・・・
それでも1994年、セナの亡くなった年、ティレル・ヤマハで、
印象的な1年を残してくれました。



以下、このように報道がありました。

片山さんら男性3人が富士山で遭難したとの救助要請が
静岡県警御殿場署にあった。同署によると、片山さんは
同7時半ごろに携帯電話で「1人は亡くなっている。もう1人も危ない状態だ。
下山しようとしている」と話したという。県警のヘリや山岳救助隊が捜索を続けている。

気象庁富士山測候所のデータでは、富士山頂の18日午前0時の気温は氷点下24.6度。
静岡地方気象台によると、富士山上空に強い寒気団があり、
山頂付近では風速20メートル以上の西風が吹いているという。

このニュースを聞いて、やはり山は怖い、自然は怖いってのを認識した。
あれだけ強靱に鍛え、海外のもっと高い山も登っている人間が、
こうもいとも簡単に遭難してしまうのである。

追記)
片山右京さんは無事保護されたとの報道があり、ほっとしましたが、
同行した2名の安否はほぼ絶望だそうです・・・
右京さんもつらいでしょうね、今後の登山活動にも影響が出そうです。
2009年の終盤ブラジルGP、アブダビGPの2戦でトヨタF1からデビューして、
印象的な走りをみせた小林可夢偉が、来季に向けて、
ザウバーF1チームと契約したのではないかとフィンランド紙が報じている。
可夢偉はザウバーと契約したが、そのチームメイトが決定していないため、
正式発表はまだされる予定がないというもの。

ペーターザウバー自身も、小林可夢偉に興味を持っていると聞いており、
ベテランと若手のコンビを理想としていたことからも、
もう一人若手の候補であった、可夢偉より実績のあるコバライネンが、
ロータスに決まったことにより、可夢偉は契約至ったのではないだろうか。


パナソニック トヨタ レーシング TF109 小林可夢偉 2009

そして、もう一人決まっていない、ベテランドライバーはハイドフェルドであろう。
そのハイドフェルドであるが、現在、メルセデスGPのドライバー候補でもあるのだが、
先日、メルセデスGPのニック・フライ最高経営責任者が、ミハエル・シューマッハが、
「獲得候補ナンバーワン」であると発言。
ハイドフェルドはミハエルが獲得できなかった時の2番手候補であると思われる。
ハイドフェルド自身は、メルセデスGPに行きたがっており、ダメな場合に、
ザウバーという選択肢なのであろう。

トヨタのF1撤退により、2010年日本人ドライバーがいなくなるのでは?
と心配もしました。
しかし、2戦のチャンスをしっかりと印象づけた小林可夢偉には、
5年前くらいから、私は日本人でF1をしっかり戦える資質を持ったドライバーは、
彼しかいないと言ってきたドライバーですから、
来季1年、再度F1ドライブのチャンスを与えて欲しいと思っています。

(※これを書いた直後に正式契約発表のニュースを知りました、やったね!!)
F1復帰が待望されていた琢磨ですが、ロータス入りが噂では濃厚とされていました。
しかし、どうやらその交渉は流れたようです。
本日あたりに、ロータスは来季のドライバーを発表しますが、
そこにあがるラインナップは、以前よりロータス入りが確実視されていたトゥルーリと、
そのチームメイトとしてヘイッキ・コバライネンの名前が挙がるようだ。


佐藤琢磨 Takuma Sato2010年カレンダー 「in Racing 」

コバライネンが相手なら、琢磨の落選も仕方ないかなと思います。
ルノー、マクラーレンと有名チームを渡り歩き、1勝しておりますし、
今までの成績は琢磨を上回っているのが現実ですから。
ベテランと若手というコンビネーションからも、ちょうど、トゥルーリとぴったりでしょう。

琢磨ファンとしては残念な結果ですが、F1の選択肢としては、
どうやらこのロータスとの交渉一本に絞っていたようで、
F1復帰は相当厳しいようです。

あとのストーブリーグの噂ですが、ビックニュースとしては、
シューマッハのメルセデスGP入りが合意に至ったとのことです。
あとはフェラーリとのコンサルタント契約解消と医師のゴーサイン次第だとのことだ。


皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡

ミハエルが実際に来季走るとなると、非常に見る側からすれば、
こんなに魅力的な話はないでしょう。
果たして、今のハミルトンやベッテル相手にどんな走りをするのか、
またチームメイトも若手の有望株、ニコ・ロズベルグですからね。
ブランクを感じさせない走りができたら、こんなに面白いF1はないと思います。

さて、あと日本人ドライバーですが、中嶋一貴はちょっと無理っぽそう・・・
しかし、小林可夢偉は結構名前が挙がっております。
中でも有力な交渉相手はザウバーのようですね。
ペーター・ザウバーはベテランと若手のコンビにしたいと話しており、
シューマッハのメルセデスGP入りが決まれば、そのベテランとしては、
ニック・ハイドフェルドに決まるのではないだろうか。
そうすると、もう一人の若手としては、コバライネンのロータス入りが決まれば、
小林可夢偉ぐらいしか、今、名前の上がっている中ではいなくなる。

シューマッハのF1復帰と小林可夢偉のF1シート獲得・・・
来季を面白く見るためにも、是非とも決まって欲しいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。