F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 ジェンソン・バトン マクラーレン
2 2 ルイス・ハミルトン マクラーレン
3 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
4 8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
5 11 ロバート・クビサ ルノー
6 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル
7 12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー
8 6 マーク・ウェバー レッドブル
9 7 フェリペ・マッサ フェラーリ
10 3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
11 14 エイドリアン・スーティル フォース・インディア
12 9 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ
13 17 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ
14 18 ヘイキ・コバライネン ロータス
15 10 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ
16 21 ブルーノ・セナ ヒスパニア・レーシング
17 20 カルン・チャンドック ヒスパニア・レーシング
  19 ヤルノ・トゥルーリ ロータス
  25 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・レーシング
  22 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー
  16 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ
  23 小林可夢偉 BMWザウバー
  15 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア
  24 ティモ・グロック ヴァージン・レーシング

また、今回も雨が降りましたね~
それも、降ったりやんだりのちょうどタイヤ戦略が大きく絡む降り方。
こういうレースは、ちょっと目を離すと、大きく順位が変わっているので、
ずっと画面に釘付けです。

その展開でまたしても巧い戦略をとったのはバトン。
以前からも言ってますけど、これほど速いではなく巧いドライバーは、
今の現役ドライバーではナンバー1ではないでしょうか。


↑今季2勝目ですね♪↑

そして一番目立っていたのはハミルトン。
そのアグレッシブさは、これまた現役で一番でしょう。
ベッテルとのピットでのやり合いは、やり過ぎだとも思いますが。。。

また逆に悪い印象で目立ったのがミハエル・シューマッハ。
ことごとく、後者にオーバテイクされていくシーンをこれだけ見るとね。
チームメイトのニコ・ロズベルグが表彰台にのっていますから、
この速さの衰えは今回顕著に現れましたね。


富士スピードウェイコレクション限定モデル
2008 マクラーレンメルセデス ルイス・ハミルトン


今年は初戦以外は、雨の影響で非常に面白くなっていますが、
天候がずっと晴れのレース展開はどうなんでしょうね~
次のヨーロッパラウンドまで、ちょっと間が空きますが、
チームの力差もだいたいわかってきましたし、つまんない展開だけは、
なって欲しくないですから、今回のバトンの優勝もチャンピオンシップを、
ますます面白くさせてくれました。
スポンサーサイト
1 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル
2 6 マーク・ウェバー レッドブル
3 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
4 11 ロバート・クビサ ルノー
5 14 エイドリアン・スーティル フォース・インディア
6 2 ルイス・ハミルトン マクラーレン
7 7 フェリペ・マッサ フェラーリ
8 1 ジェンソン・バトン マクラーレン
9 17 ハイメ・アルグエルスアリ トロ・ロッソ
10 10 ニコ・ヒュルケンベルグ ウィリアムズ
11 16 セバスチャン・ブエミ トロ・ロッソ
12 9 ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズ
13 8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
14 25 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・レーシング
15 20 カルン・チャンドック ヒスパニア・レーシング
16 21 ブルーノ・セナ ヒスパニア・レーシング
17 19 ヤルノ・トゥルーリ ロータス
  18 ヘイキ・コバライネン ロータス
  12 ヴィタリー・ペトロフ ルノー
  15 ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア
  3 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
  23 小林可夢偉 BMWザウバー
  24 ティモ・グロック ヴァージン・レーシング
  22 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー

やっと、ベッテル勝てましたね~
まあ、マシントラブルがなければ、3連勝でしたから、
後々、面白くしてもらえるには、前2戦で勝てなくてよかったんですけどね。
しかし、マシンもええし、乗ってるドライバーも現役では、
アロンソ、ハミルトンと共に、超一流の腕ですから、
この結果も納得です。


F1 2009 本選仕様 レッドブル レーシング ルノー RB5 S.ベッテル

それとは逆に超一流の腕を持っていながら・・・
ミハエルのブランクと年齢からの衰えは非常に顕著です。
私はこのブログで何度か、この復帰には???をつけてきましたが、
やはりその予想通りでしょう。

一番、比較するのに最適なのはチームメイトですが、
ニコ・ロズベルグの速さには全然太刀打ちできておりません。
前にも、初戦3戦でどれだけ力を見せつけるかでナンバー1の座を、
シューマッハは射止めることができると書きましたが、
全て、ニコの後塵を拝しています。
これで、チームの力の入れ方も、ミハエルには傾かないでしょう。
これ以上、名を汚さないためにも、今年いっぱいで再引退すべきです。



そして、今回、初のQ3進出を達成した小林可夢偉。
またもマシントラブルでリタイヤ・・・
ここセパンはGP2でも優勝したことのある相性のいいコースで、
チームメイトのデ・ラ・ロサよりも常に速かったです。
まず、今年は常にチームメイトよりも速いタイムを出すこと。
それが来季に繋がる結果になりますから、くさらずに頑張って欲しいです。

今年の展開を面白くするためにも、ストップ・ザ・ベッテル!
次はハミルトンあたりに優勝してもらいたいな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。