F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 1'40:29.571
2 L.ハミルトン マクラーレン +5.0
3 J.バトン マクラーレン +12.6
4 R.バリチェロ ウィリアムズ +25.6
5 R.クビサ ルノー +27.1
6 A.スーティル フォース・インディア +30.1
7 小林可夢偉  BMWザウバー +30.9
8 F.アロンソ フェラーリ +32.8
9 S.ブエミ トロ・ロッソ +36.2
10 N.ロズベルグ メルセデスGP +44.3
11 F.マッサ フェラーリ +46.6
12 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +42.4
13 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +48.2
14 V.ペトロフ ルノー +48.2
15 M.シューマッハ メルセデスGP +48.8
16 V.リウッツィ フォース・インディア +50.8
17 L.ディ・グラッシ ヴァージン +1Lap
18 K.チャンドック HRTF1 +2Laps
19 T.グロック ヴァージン +2Laps
20 B.セナ HRTF1 +2Laps
21 J.トゥルーリ ロータス +4Laps
22 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ エキゾーストトラブルでリタイア
23 H.コバライネン ロータス アクシデント・ダメージでリタイア
24 M.ウェバー レッドブル アクシデントでリタイア

今回はなんといっても可夢偉でしょう!!
ザウバーのマシンは、新興チームを除くと一番劣っています。
そのマシンの力量考えると、一番の殊勲者やと思いますね。

そのきっかけとなったのはセーフティーカー。
ウェバーがコバライネンに接触。
ウェバーは予選などでも、非常にええ速さを見せるんですけど、
こういうレース上でのアクシデントが多いように思えます。


F1 2009 本選仕様 レッドブル レーシング ルノー RB5 S.ベッテル

可夢偉はここで、タイヤ交換をしない作戦に出て、
一気に3位まで急上昇。
タイヤに優しいコースだったのが幸いして、
ぎりぎりまでタイヤ交換を延ばせることに成功しました。
また終始、昨年ブラジルGPのように、バトンを抑える結果に。
マシンの力差考えれば、世界にすごいアピールしましたね。

タイヤ交換後は、フレッシュタイヤを武器に、
アロンソ、ブエミを鋭く抜いて、7位入賞。
こんな日本人F1ドライバーは今までいませんでした。
(琢磨も少しそんな片鱗ありましたけど、特攻が多かった・・・)


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

チーム戦略に助けられたところもありますが、
それを見事に活かしきった可夢偉の実力もあってのこと。
来季、もう少し上のチームに移籍できるか・・・
この3,4戦の走りが非常に重要になってくると思います。
頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト
1 L.ハミルトン マクラーレン 1'33:53:456
2 J.バトン マクラーレン +2.2
3 F.アロンソ フェラーリ +9.2
4 S.ベッテル レッドブル +37.8
5 M.ウェバー レッドブル +39.2
6 N.ロズベルグ メルセデスGP +56.0
7 R.クビサ ルノー +57.3
8 S.ブエミ トロ・ロッソ +1lap
9 V.リウッツィ フォース・インディア +1lap
10 A.スーティル フォース・インディア +1lap
11 M.シューマッハ メルセデスGP +1lap
12 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap
13 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1lap
14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1lap
15 F.マッサ フェラーリ +1lap
16 H.コバライネン ロータス +2laps
17 V.ペトロフ ルノー +2laps
18 K.チャンドック HRTF1 +4laps
19 L.ディ・グラッシ ヴァージン +5laps
20 T.グロック ヴァージン +20laps
21 J.トゥルーリ ロータス +28laps
22 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +40laps
23 B.セナ HRTF1 +57laps
24 小林可夢偉  BMWザウバー +69laps

今回、タイヤマネジメントがいかにうまくいくかで、
順位が多く入れ替わりました。
もともと、このジル・ヴィルヌーブサーキットは、
非常に抜きにくいのと路面が悪いのとが特徴のサーキットです。
スタート直後の波乱も大きいし、レース中のアクシデントも大きい。

ここ最近で印象的だったのは、やはり琢磨がアロンソを
抜いて入賞したシーンでしたよね。
スーパーアグリという非力なマシン・・・
マシンにあれだけの力差があっても、タイヤ次第でどうにかなるんです。


スーパーアグリ ホンダ F1 2008 佐藤琢磨 SA08 1/43 ミニチャンプス

しかし、今回のカナダで珍しかったのは、
一回もセーフティカーが入らなかったこと。
スタート直後にあれだけの接触がありながら、
リタイヤしたのは可夢偉、一人だけでしたもんね。

その可夢偉ですが、今回は苦しみました。
スタートでのジャンプアップがありながら、
ちょっともったいなかったですね。
1周目は確かにマシンが接近してますので、抜きどころではありますが、
3台が連なる状態では、慎重にもなるべきです。
ここはアクシデントの多いサーキットってことを念頭に置いて、
引くことも大事だったのではないでしょうか。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

マクラーレンが1-2フィニッシュ。
ハミルトンは速いけど、タイヤの使い方が下手くそであると言われてましたが、
今回、完璧な走りやったと思います。
こういうサーキットでマクラーレンがレッドブルの勢いを止めなければ、
今後が面白くなくなったので、よくやったってとこですね。
しかし、メルセデスGP・・・遅いな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。