F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 F.アロンソ フェラーリ 1'27:38:864
2 F.マッサ フェラーリ +4.1
3 S.ベッテル レッドブル +5.1
4 L.ハミルトン マクラーレン +26.8
5 J.バトン マクラーレン +29.4
6 M.ウェバー レッドブル +43.6
7 R.クビサ ルノー +1lap
8 N.ロズベルグ メルセデスGP +1lap
9 M.シューマッハ メルセデスGP +1lap
10 V.ペトロフ ルノー +1lap
11 小林可夢偉  BMWザウバー +1lap
12 R.バリチェロ ウィリアムズ +1lap
13 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1lap
14 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +1lap
15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap
16 V.リウッツィ フォース・インディア +2laps
17 A.スーティル フォース・インディア +2laps
18 T.グロック ヴァージン +3laps
19 B.セナ HRTF1 +4laps
20 H.コバライネン ロータス +11laps
21 L.ディ・グラッシ ヴァージン +17laps
22 山本左近  HRTF1 +48laps
23 J.トゥルーリ ロータス +64laps
24 S.ブエミ トロ・ロッソ +66laps

高速サーキット、ホッケンハイムで、フェラーリが1-2フィニッシュ。
こういうコースに今季フェラーリのマシンは非常によく合っています。
モンツァとかでも、その能力を発揮するでしょう。
逆に、レッドブルはニューウェイ作のマシンにはよくありがちな、
ピーキーなマシン特性が発生。
ガソリン搭載量が多い時、ナーバスな動きをするようですね。


【マテル】[1/18]フェラーリ F10 2010 フェルナンド・アロンソ

しかし、レース終盤に、アロンソを前にだしたマッサの行為が、
チームオーダーに当たるのではないかと論議を呼んでいます。
その無線内容では暗にアロンソを前に行かせろってのが、
ありありと出てましたからね。
ひとまず、罰金の処分が下され、順位に変動はないものの、
さらに、審議を問われることとなります。

3戦連続ポイント獲得へ向けて、非常にいい走りをした、
小林可夢偉ですが、あと一歩及ばず・・・
ポイントは、ペトロフにオーバーテイクされたあのシーンでしたね。
前のミハエルをオーバーテイクすることに、気をとられ、
後ろからペトロフが来ているのをブロックできず、
油断の隙をつかれました。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

今回のザウバーのチームオーダーですが、可夢偉とデ・ラ・ロサ、
タイヤ戦略を変えたわけですが、これを逆にすれば、
可夢偉の入賞もあったんじゃないかなと思います。
ハードタイヤでのロングドライブの後に、
ソフトタイヤでのプッシュ走行。
デ・ラ・ロサはオーバーテイク下手(案の定、接触やっちゃいましたね)
ですから、可夢偉にやらせてくれたら・・・って思いました。

次回のハンガリーはさらに抜けないサーキットです。
コーナーの多いコースですので、レッドブルが最強でしょうか。
スポンサーサイト
今季からF1に参戦しているHRTが、間もなく、昨年撤退したトヨタと、
提携する可能性が浮上したと、イタリアのメディアが報じている。
HRTはつい先日、ドイツGPで再び、山本左近の起用を発表したばかりで、
日本がらみの報道が多いですね。


トヨタF1最後の一年

HRTは今季、ダラーラと提携してF1に参戦、
ダラーラがシャシーの製造を行ったものの、
両者の契約は既に終了しており、来季のマシン製作のために
新パートナーを模索していた模様。
今季、ステファンGPとの提携で、F1との繋がりを保とうとしていた
トヨタだが、あえなくその夢は潰えています。
来季、確実に繋がりを再び保つためにはこの方法が最善でしょう。
トヨタとHRTとの相互の必要性は、非常に高いと思いますので、
この話は、ほぼまとまるように私は思います。

今季、ステファンGPの参戦断念で、浪人生活を送っている、
「中嶋一貴」にとっては、これは願ったりの報道であろう。
トヨタは確実に契約事項の最重要項目として、
中嶋一貴のシート確保を盛り込んでくるであろうし、
HRTは現在、スポンサーフィ欲しさに山本左近と契約するぐらいですから、
この程度の項目は簡単に飲むと思います。

トヨタのマシンを来季サーキットで見ることができる・・・
その可能性は非常に高いと思いますよ(^^)
1 M.ウェバー レッドブル 1'24:38.200
2 L.ハミルトン マクラーレン +1.3
3 N.ロズベルグ メルセデスGP +21.3
4 J.バトン マクラーレン +21.9
5 R.バリチェロ ウィリアムズ +31.4
6 小林可夢偉  BMWザウバー +32.1
7 S.ベッテル レッドブル +36.7
8 A.スーティル フォース・インディア +40.9
9 M.シューマッハ メルセデスGP +41.5
10 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +42.0
11 V.リウッツィ フォース・インディア +42.4
12 S.ブエミ トロ・ロッソ +47.6
13 V.ペトロフ ルノー +59.3
14 F.アロンソ フェラーリ +1'02.3
15 F.マッサ フェラーリ +1'07.4
16 J.トゥルーリ ロータス +1lap
17 H.コバライネン ロータス +1lap
18 T.グロック ヴァージン +2laps
19 K.チャンドック HRTF1 +2laps
20 山本左近  HRTF1 +2laps
21 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +8laps
22 P.デ・ラ・ロサ BMWザウバー +23laps
23 R.クビサ ルノー +33laps
24 L.ディ・グラッシ ヴァージン +43laps

こういう独走体制になると、ウェバーはその速さを本領発揮しますね。
ハミルトンが、今日は現時点で最高の走りが出来たと
言ってるにも関わらず、全く寄せ付けない走りで優勝。
レッドブルのマシンがどれだけ素晴らしい速さを持っているか、
よく分かります。


スーパーアグリ SA05 山本左近 No.41 イギリスGP 2006

今回、セナの代わりにヒスパニア・レーシングより
今季初F1レース出走となった山本左近・・・、
チャンドックと比べても、その遅さは顕著でした。
日本人ドライバーはスポンサー持ち込みで乗れるのだという、
昔ながらの悪い印象を与えないようにも、
やはり、後半もブルーノ・セナでいって欲しいです。

そして、なんと言っても、その速さと安定した強さが世界中で
認められている、日本人ドライバー「小林可夢偉」!
今回はオーバーテイクをする機会はありませんでしたが、
絶えず、バトン、バリチェロにプレッシャーを与える走り。
劣っているザウバーのマシンで、レースペースはすごいですよね。
過去の日本人ドライバーはタイヤ交換した後に
レースペース乱したりして後方に沈んでいったにも関わらず、
絶えず、前を脅かす存在になっています。
前戦の切れ味鋭いオーバーテイクと併せて、
全世界に今回もアピールできたでしょう。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

可夢偉はこの中盤2戦で、強烈な印象を放っています。
来季、さらにこの先、上位チームのシートを得られる為にも、
もうあと3戦くらいは頑張りどころですよ。
レースペースはいいザウバーのマシンですから、
予選は10番手前後を絶えず続けて欲しいですね。
ヒスパニア・レーシング(HRT)のチーム代表コリン・コレスは、
8日(木)の遅く、今週末は左近がセナのクルマに乗って、
レースに出るとメディアへ語ったとのことである。


F1速報PLUSF1熱狂時代 2 日本人ドライバーの伝説 1976-2009

ずっとセナの交代は、噂になっていましたが、現実になるとは・・・
ヒスパニア・レーシングの実力は、現チームの中で最低。
新興チームの中でも結構な差があります。
その中でもブルーノ・セナは結構、頑張ってたと思うんですけどね。
まあ、実力のあるドライバーよりも、資金を持ち込めるドライバー
の方が、チーム運営にはありがたい。
ましてや、他のチームと対等に戦えないマシンですから、
誰が乗っても、一緒ですもんね。

しかし、なんで山本左近はそれだけ資金を持ち込める力があるんでしょうか?
全世界中で考えても「セナ」の名は偉大ですし、知れ渡っています。
そのセナよりも強力なスポンサーがついてるのがすごい。


スーパーアグリ SA05 山本左近 No.41 イギリスGP 2006

スポンサー持ち込みで、F1ドライバーになった日本人と言えば、
「井上隆智穂」が非常に記憶に残る所ですけど、
山本左近はそれ以上の実力はあるはず。

まずはチャンドックよりも速いところを見せて欲しいですね。
「残りのシーズンで誰がヒスパニアを走らせるのかという決断は、
週末の間に下される」とのことなので、
結構、この一戦は勝負ですよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。