F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 1 アイルトン・セナ マクラーレン・ホンダ 58 1:26'51.245
2 2 アラン・プロスト マクラーレン・ホンダ 58 + 40.225
3 19 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン・コスワース 57 +1Lap
4 5 ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ・ルノー 57 +1Lap
5 9 デレック・ワーウィック アロウズ・コスワース 57 +1Lap
6 3 ジョナサン・パーマー ティレル・コスワース 57 +1Lap
7 21 アレックス・カフィ ダラーラ・コスワース 57 +1Lap
8 40 ガブリエル・タルキーニ AGS・コスワース 57 +1Lap
9 10 エディ・チーバー アロウズ・コスワース 56 +2Laps
10 22 アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ・コスワース 56 +2Laps
11 20 ジョニー・ハーバート ベネトン・コスワース 56 +2Laps
12 17 ニコラ・ラリーニ オゼッラ・コスワース 52 +6Laps
リタイヤ 7 マーティン・ブランドル ブラバム・ジャッド 51 燃料系
NC 12 中嶋悟 ロータス・ジャッド 46 規定周回数不足
リタイヤ 24 ルイス・ペレス=サラ ミナルディ・コスワース 43 スピンオフ
リタイヤ 15 マウリシオ・グージェルミン マーチ・ジャッド 39 トランスミッション
リタイヤ 11 ネルソン・ピケ ロータス・ジャッド 29 エンジン
リタイヤ 27 ナイジェル・マンセル フェラーリ 23 ギアボックス
リタイヤ 6 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ・ルノー 21 エンジン
リタイヤ 8 ステファノ・モデナ ブラバム・ジャッド 19 スピンオフ
リタイヤ 23 ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ・コスワース 6 ギアボックス
失格 26 オリビエ・グルイヤール リジェ・コスワース 4 失格
リタイヤ 28 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 3 アクシデント
リタイヤ 16 イヴァン・カペリ マーチ・ジャッド 1 スピンオフ
リタイヤ 30 フィリップ・アリオー ローラ・ランボルギーニ 0 電気系
リタイヤ 29 ヤニック・ダルマス ローラ・ランボルギーニ 0 電気系

このレースで、当時びっくりしたのは、ベルガーの炎上事故。
タンブレロコーナーで真っ直ぐ行って、ウォールに激突したあとに、
マシンが炎に包まれました。
あっ、ベルガー、死んじゃう!早く消して消してって願ってました。
ここのコーナーは鬼門なんですよね。
1994年にはセナがここで死亡しています。

私がこの当時いつもどの位置にいるかな~と注目していた中嶋さんですが、
予選もトラブル、そして決勝もバッテリートラブルのため、
まともに走れませんでした。
この時のロータス・ジャッドの戦闘力は、なんと、
マクラーレン・ホンダを駆るセナと直線スピードで25㎞と、
圧倒的なストレートスピードの違いがあったんですね。
高速を100㎞で走っていて、125㎞出している車に抜かれるの
考えてみて下さいな。結構な差です。
なので、あまり気合い入れて、ベルガーの事故での赤旗中断後、
見ていなかった記憶があります。

その赤旗中断後ですが、今後のF1世界を彷彿させる
セナプロ対決の発端となる事件が勃発します。

ここイモラのコースはスタート直後のトサコーナーでのブレーキングでの事故が多く、
1年前、プロストが最初のブレーキングで争うのはやめようと提案。
セナもこれを了承しました。
しかし、セナは最初のコーナー(ブレーキングをしない)だと勘違い
(本当にそうかは分かりませんが・・・)し、ここのトサコーナーで抜きました。

それに対して、プロストは大激怒!!!
表彰台でも一切シャンパンに手を伸ばさぬまま、
そして、レース後、記者会見を拒否してサーキットを去り、罰金を科されました。

後日、マクラーレンのボス、ロン・デニスが仲裁に入り、
話し合いが持たれましたが、セナに謝罪するようにすすめ謝罪。
しかし、ここでの確執が今後ずっとプロストが引退するまで続くんですよね。

この当時はそこまで気にして見てませんでした。
ただ、マクラーレン、今年も圧倒的に強くて、
フェラーリ、ウィリアムズが2番手グループを形成していくやろなと、
その年の勢力図が分かった1戦でしたね。
スポンサーサイト
全日本選手権フォーミュラ・ニッポンを運営する
日本レースプロモーション(JRP)は、11月29日・30日に
富士スピードウェイで行われるフォーミュラ・ニッポン
第三回公式合同テストに、昨年までウイリアムズから
F1に参戦していた中嶋一貴が参加すると発表しました。

トヨタとの提携が確実であったHRTであるが、
資金難から、その提携話が打ち切られたと発表があった段階で、
中嶋一貴のF1復帰は確実になくなったものと思われます。

まあ、今年は満足にレースマシンにも乗っていなかっただけに、
運転したかったんでしょうね。
しかし、もっと海外レースの話はなかったのかな~

現在のフォーミュラニッポンはF1への登竜門でなくなっています。
昔は、ラルフ・シューマッハ、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介と、
ここでチャンピオンを獲ったら、F1への道が開かれていたのにね。


ミニチャンプス1/43 W.トヨタ ショーカー(中嶋一貴)

ということで、中嶋一貴がF1で走る姿は今後も見ることはなくなりました。
まあ可能性があるとすれば、トヨタのF1復帰と一緒にでしょうね。
F1を走るだけの能力はなかっただけに、当然の結果とも言えます。
(ま、井上隆智穂ほど、ひどくはありませんが^^)
1 ナイジェル・マンセル フェラーリ 61 1:38'58.744
2 アラン・プロスト マクラーレン・ホンダ 61 + 7.809
3 マウリシオ・グージェルミン マーチ・ジャッド 61 + 9.370
4 ジョニー・ハーバート ベネトン・コスワース 61 + 10.493
5 デレック・ワーウィック アロウズ・コスワース 61 + 17.866
6 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン・コスワース 61 + 18.241
7 ジョナサン・パーマー ティレル・コスワース 60 +1 Lap
8 中嶋悟 ロータス・ジャッド 60 +1 Lap
9 オリビエ・グルイヤール リジェ・コスワース 60 +1 Lap
10 ミケーレ・アルボレート ティレル・コスワース 59 +2 Laps
11 アイルトン・セナ マクラーレン・ホンダ 59 +2 Laps
12 フィリップ・アリオー ローラ・ランボルギーニ 58 +3 Laps
13 アンドレア・デ・チェザリス ダラーラ・コスワース 57 +4 Laps
14 クリスチャン・ダナー リアル-コスワース 56 +5 Laps
リタイア リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ・ルノー 51 オルタネーター
リタイア エディ・チーバー アロウズ・コスワース 37 衝突
リタイア ベルント・シュナイダー ザクスピード・ヤマハ 36 衝突
リタイア マーティン・ブランドル ブラバム・ジャッド 27 ドライブシャフト
リタイア イヴァン・カペリ マーチ・ジャッド 22 サスペンション
リタイア ネルソン・ピケ ロータス・ジャッド 10 燃料システム
失格 ニコラ・ラリーニ オゼッラ・コスワース 10 失格
リタイア ステファノ・モデナ ブラバム・ジャッド 9 ドライブシャフト
リタイア ティエリー・ブーツェン ウィリアムズ・ルノー 3 エンジン
リタイア ピエルルイジ・マルティニ ミナルディ・コスワース 2 シャシー
リタイア ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 0 衝突
リタイア ルイス・ペレス=サラ ミナルディ・コスワース 0 衝突

2年ぶりの放送となりました、F1 LEGENDS。
今回は1989年、1990年と、私が一番熱狂的に観ていた時代です。
中嶋悟さんの熱狂的なファンでしたもんね。
その後も日本人ドライバーは何人か参戦しましたが、
中嶋さんが一番好きです。
この開幕戦は予選21番手と出遅れながら、納豆走法で8位完走。
今のF1でしたらポイントゲットですもんね。

前年チャンピオン、ここが母国のセナですが、
スタート直後にベルガーと接触。
修復後、その後、データ取得の為に走り続けますがポイント圏外。
セナはブラジルで勝てないジンクスはこの後ずっと続きます


アイルトン・セナ 50周年記念ピンバッチ 「ヘルメット」

この年は結構、フェラーリの力が強くなりました。
優勝はマンセルだったんですけど、余裕の勝利でしたね。
前年、非力なウィリアムズ・ジャッドで、苦戦してたのが、
嘘のような快走ぶりでした。

前年のチャンピオンチーム、セナのチームメイトでもある、
マクラーレンのプロストですが、予選は5位に沈みます。
それに加えて、この決勝ではクラッチトラブルにより、
ピットストップ2回の予定を、ピットに止まって、
1速からクラッチを繋ぐことで、完全に壊れることを恐れ、
1回入ったのみで走り続けました。
この巧さこそ、さすがプロストですね。
この当時のポイント制では1位9点、2位6点と2位に入る比重は、
非常に高かったんです。
この走りが後半へと、非常に繋がる走りとなります。

あと、このプロストを大きく助けたのはホンダエンジン。
2位争いを演じたパトレーゼ、グージェルミンを抑えられたのは、
圧倒的なストレートスピードの速さの違いです。
NA元年と言われたこの年、ターボなしでもホンダ最強の時代でした。

そして、結構ハプニングの開幕戦でした。
この時代、信頼性なしでニューマシンを投入するチームも多く、
特にエンジンはよく壊れていましたね。
ウィリアムズ・ルノーなんて、両ドライバーともエンジン系トラブルです。
あと、チーバーは接触リタイア後、崩れるように倒れましたし、
マンセル、フィニッシュの直前に、観客がコースを横切りました。
また、そのマンセルも終わった直後は疲労で立てない状態になってましたし、
表彰式でも、トロフィーで指を切るハプニング。

マクラーレンの圧倒的な強さの前年1988年でしたが、
フェラーリが結構迫ってきたなと思わせてくれる開幕戦でした。
あとはレイトンハウスマーチの台頭ですね。
わくわくしながら深夜観てたのを思い出しました。
守口での呑み・・・
いつも守口で飲み会を開催すると、誰もが気に入るので、
こちらのお店をチョイスしてしまいます。
もう何度来てるかな~
守口の立ち飲み、大阪城(だいはんじょう)です。

立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

この日のおすすめ。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

安いのばっかりですけど、一つだけ「うちわ海老」が980円って値段。
まあ頼む勇気は私にはありませんが^^;

逆に、ここでいつもお得に思えるのが串カツ。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

この値段で馬鹿でかいんが出来てくるんですよ。
豚や牛が100円ですからね~

冷蔵ケースより持ってきたのはこれ。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

たいの子(300円)です。
味付けが濃くなく、非常にあっさりしてたので、私好み。

そして手作り餃子(200円)。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

ここの店主は中華料理屋やっても絶対成功するでっていうくらいに、
中華系がこの店、旨いですね~

地酒メニュー。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

惹かれたのが限定の「桃川おり引 吟醸純米」(350円)。

聞いたことなかったが青森のお酒なんだそうな。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

味の膨らみ方が、やはり純米吟醸。
たいの子がアテにええ感じです。

焼酎も品揃え豊富なんですね。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

同行者が濃い~食いもんを求めていたので。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

鶏の唐揚げ(300円)。
この値段でこのボリュームも素晴らしい。

串かつも大きくて安いんよな。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

牛、鶏ともに100円です。

で、中華の名人が鍋ふってくれますので。
立ち飲み 大阪城[だいはんじょう](大阪守口)

焼き豚チャーハン(380円)も絶妙な旨さなんだよな~

ちょっと濃い~味、揚げ物系が好きな人間を連れてくると、
この店来て、満足に帰らない人間はまあ、いません。
店主、奥さん、おかあさんの3人とも非常に愛想がいいし、
これからもずっと通う店です。

住所:大阪府守口市本町1-7-5
電話:06-6993-8757
営業時間:16:00~22:00
定休日:土曜、日曜
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
1 S.ベッテル レッドブル 1:39:36.837
2 L.ハミルトン マクラーレン +10.1
3 J.バトン マクラーレン +11.0
4 N.ロズベルグ メルセデスGP +30.7
5 R.クビサ ルノー +39.0
6 V.ペトロフ ルノー +43.5
7 F.アロンソ フェラーリ +43.7
8 M.ウェバー レッドブル +44.2
9 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +50.2
10 F.マッサ フェラーリ +50.8
11 N.ハイドフェルド BMWザウバー +51.5
12 R.バリチェロ ウィリアムズ +57.6
13 A.スーティル フォース・インディア +58.3
14 小林可夢偉  BMWザウバー +59.5
15 S.ブエミ トロ・ロッソ +1'03.1
16 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1'04.7
17 H.コバライネン ロータス +1lap
18 L.ディ・グラッシ ヴァージン +2laps
19 B.セナ HRTF1 +2laps
20 C.クリエン HRTF1 +2laps
21 J.トゥルーリ ロータス +4laps
22 T.グロック ヴァージン +12laps
23 M.シューマッハ メルセデスGP +55laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +55laps

ベッテル、史上最年少でのチャンピオン獲得おめでとうございます♪
いや~私の希望通りの最終戦となりましたね(^^)

今回、一番の鍵を握ったのはミハエルでした。
1周目、あそこでのミスがなければ、
こんなレース展開にはならなかったでしょう。
ベッテルと同じドイツ人であり、初のドイツ人ドライバーで、
チャンピオンになったのが、ミハエル・シューマッハです。
ミハエルが次のドイツ黄金時代を築くのはお前だと、
ベッテルに助け舟を出したような印象を受けました。

そのミハエルのスピンの結果のクラッシュで、
セーフティカーが入ることとなりますが、
ここでタイヤ交換を行ったチームはドンピシャ!のタイミングでした。
結果、アロンソ、ウェバーはペトロフに抑えられて、
チャンピオンを逃すこととなります。

逆にチーム戦略がうまくいかなかったのはザウバー。
小林可夢偉には、なぜ、ハードタイヤでスタートさせなかったのか?
今年の結果を見てみると、ハードタイヤでタイヤをいたわり走らせ、
後半でソフトタイヤに履き替え、そこでプッシュして激走って結果が出ています。
しかし、今回はソフトタイヤでスタートさせ、
それもとことん中盤以降まで、コース内に留めさせたことです。
ずっと後ろを走っていたクビサはハードタイヤでした。
ソフトタイヤをあそこまで持たせた可夢偉は脅威的やと思います。
もしハードタイヤでスタートさせていたならば・・・
4,5位でのフィニッシュが可能であったのではないでしょうか。
また、ソフトで出ているのだから、1周目セーフティカーが出ている間に、
ハードに履き替えておくべきでした。

今年も最終戦が終了。
例年と比べても、面白いシーズンであったと思います。
やはり優勝で25ポイントと大幅にポイントアップさせたのは正解ですね。

来年は5人の歴代チャンピオンが交錯する戦国時代になりそう・・・
うん、来季もF1は毎戦、見逃すことはないでしょう。

次回からはシーズンオフ企画、F1 LEGENDS 1989年、1990年をお届けいたします。
この2年は私が一番、熱狂的に見ていた時代なので、
すごく、フジテレビNEXTでの放映をすごく楽しみにしています。
今季のチャンピオン争いは最終戦にまでもつれ込みました。
可能性ということであれば、まだ4人にチャンスが残されています。
しかしハミルトンは、上位3人が全てリタイヤし、
尚かつ優勝しない限りほぼ可能性はありません。
なので、そんな確率はほぼ0ですから除外します。

ベッテルは現在、ポイントランキング3位。
逆転する望みとすれば、最終戦で優勝して、
尚かつアロンソが5位以下になれば、チャンピオンを手中にできます。

そしてウェバーは、ポイントランキング2位。
最終戦に優勝すれば、アロンソが3位以下になればチャンピオンになれます。

これがどういうことかと言えば、ベッテルがこのポイント操作に加担できるんですよ。
こうベッテルは語っています。
「僕らは激しくレースをするだろう。そして自分たちがどこにいるかを
確かめるだろうね。僕の場合、状況はかなりハッキリしていると思う。
理想を言えば、ブラジルの結果を再び繰り返すことだ。
でも、それは他のふたりがどのポジションにいるかによるよ」

アブダビGPのコースでは、おそらく雨でも降らない限り、
レッドブルのマシンの圧勝でしょう。
もし、ベッテルが終盤までトップを走っていたとします。
そこで気にするのは、アロンソのポジションです。
アロンソが3位か4位にいた場合に、ウェバーが2位を走っていたら、
最後にはポジションをウェバーに譲る可能性があります。
するとウェバーにチャンピオンが転がり込んできます。

アロンソが3位か4位を決勝で走っている可能性は非常に高いと思います。
これはドライバー個人の判断で、チームオーダーではないが、
操作されたランキングってことで、ちょっともやっとするな~
自身の希望としては、ベッテル優勝、アロンソ5位以下で、
ベッテルがチャンピオンってのが、
今年の締めくくりとしては最高やと思います。
1 S.ベッテル レッドブル 33:11.8
2 M.ウェバー レッドブル 4.2
3 F.アロンソ フェラーリ 6.8
4 L.ハミルトン マクラーレン 14.6
5 J.バトン マクラーレン 15.5
6 N.ロズベルグ メルセデスGP 35.3
7 M.シューマッハ メルセデスGP 43.4
8 N.ヒュルケンベルグ ウィリアムズ +1Lap
9 R.クビサ ルノー +1Lap
10 小林可夢偉  BMWザウバー +1Lap
11 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1Lap
12 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1Lap
14 R.バリチェロ ウィリアムズ +1Lap
15 F.マッサ フェラーリ +1Lap
16 V.ペトロフ ルノー +1Lap
17 N.ハイドフェルド BMWザウバー +1Lap
18 H.コバライネン ロータス +2Laps
19 J.トゥルーリ ロータス +2Laps
20 T.グロック ヴァージン +2Laps
21 B.セナ HRTF1 +2Laps
22 C.クリエン HRTF1 +6Laps
23 L.ディ・グラッシ ヴァージン +9Laps
24 V.リウッツィ フォース・インディア +22Laps

今回のポールはなんと、ヒュルケンベルグ!
雨の降る不安定な状況の中で非常にいい判断をしたチームも立派だが、
ヒュルケンベルグ自身の力も大きいです。
ウィリアムズは来季財政難のため、ペイドライバーを乗せなければ
ならざる状況に陥っているだけに、こういう実力のあるドライバーが
来季乗るシートがないかもって状態はなんとかなんないかなって思います。

ただ、このコースに一番合っていたのはレッドブル。
ポイントリーダーのアロンソもここでは3位狙いに徹しましたね。
ただ、ベッテルの優勝のおかげで、最終戦が非常に面白くなりました。
アロンソ、ウェバー、ベッテル・・・三つ巴の争いは、
最終戦に委ねられます。
ハミルトンも望みはありますけど、これは除外ですね。

小林可夢偉は10位入賞。
いつもの前半できるだけハードタイヤを持たせて、
後半ソフトでがんがんいく、今年何回も成功させたスタイル。
難しいレースではあったけど、無難によくまとめたと思います。

最終戦アブダビGPは予選から面白そうですね。
個人的には、ベッテルの大逆転優勝を見たい気がします。
今季、一番速かったのは彼ですもん。
楽しみ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。