F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 L.ハミルトン マクラーレン 1:36:58.226
2 S.ベッテル レッドブル +5.1
3 M.ウェバー レッドブル +7.5
4 J.バトン マクラーレン +10.0
5 N.ロズベルグ メルセデスGP +13.4
6 F.マッサ フェラーリ +15.8
7 F.アロンソ フェラーリ +30.6
8 M.シューマッハ メルセデスGP +31.0
9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +57.4
10 小林可夢偉 ザウバー +1:03.2
11 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:08.7
12 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP +1:12.7
13 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:30.1
14 S.ブエミ トロ・ロッソ +1:30.6
15 A.スーティル フォース・インディア +1Lap
16 H.コバライネン チーム・ロータス +1Lap
17 S.ペレス ザウバー +1Lap
18 P.マルドナード ウィリアムズ +1Lap
19 J.トゥルーリ チーム・ロータス +1Lap
20 J.ダンブロシオ ヴァージン +2Laps
21 T.グロック ヴァージン +2Laps
22 V.リウッツィ HRT +2Laps
23 N.カーティケヤン HRT +2Laps
24 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +47Laps

いや~今年のF1はオーバーテイクが多くなり面白くなりました。
可変リアウィング(DRS)の導入は正解でしょう。
昨今のF1は後ろの車が速くても抜けないことが多過ぎました。

そんな中、ずっと独走体制を築き、
チャンピオンとしての帝王を2戦歩んできたベッテル。
しかし今回はスタートで出遅れ、マクラーレンの後塵を拝します。
私の予想ではベッテルの独走を止めるのはバトンやと思ったんですけど、
それはハミルトンでしたね~
チームのタイヤマネージメントがすごくうまくて、
ハミルトン独自の持ち前の速さを、導き出したと思います。

2戦連続入賞は小林可夢偉。
可夢偉はクレバーな上に、とっさの反射力に長けています。
序盤で10位以内に持っていける能力はさすが。
今までの日本人ドライバーの中で、その才能は突出しているでしょう。

現在ザウバーのマシン能力は、ルノー、メルセデスGPに負け始めています。
さらにその上には、レッドブル、マクラーレン、フェラーリがいますから、
10位以内に入るのは非常に厳しくなってきましたね。
ただ可夢偉の能力でそれをカバーしていって欲しいものです。
スポンサーサイト
1 S.ベッテル レッドブル 1:33.706
2 J.バトン マクラーレン 1:34.421
3 L.ハミルトン マクラーレン 1:34.463
4 N.ロズベルグ メルセデスGP 1:34.670
5 F.アロンソ フェラーリ 1:35.119
6 F.マッサ フェラーリ 1:35.145
7 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1:36.158
8 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1:36.190
9 S.ブエミ トロ・ロッソ 1:36.203
10 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 0:00.000
11 A.スーティル フォース・インディア 1:35.874
12 S.ペレス ザウバー 1:36.053
13 小林可夢偉 ザウバー 1:36.236
14 M.シューマッハ メルセデスGP 1:36.457
15 R.バリチェロ ウィリアムズ 1:36.465
16 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 1:36.611
17 P.マルドナード ウィリアムズ 1:36.956
18 M.ウェバー レッドブル 1:36.468
19 H.コバライネン チーム・ロータス 1:37.894
20 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1:38.318
21 J.ダンブロシオ ヴァージン 1:39.119
22 T.グロック ヴァージン 1:39.708
23 V.リウッツィ HRT 1:40.212
24 N.カーティケヤン HRT 1:40.445

同じマシンに乗っているとは思えない、
レッドブルのベッテルとウェバー。
なんとウェバーはQ1で敗退の大波乱。
チーム戦略のミスがあったとはいえ、この差は顕著やと思います。
それほど、今年のピレリタイヤを使いきれていないのでしょう。

Q2ではペトロフがどの車も最終アタックに挑む前に、
コース上にマシンを停め、赤旗中断。
トラブルとは言え、もうちょいマシンを
脇に停めることはできなかったのか。
これにより最終アタックに賭けていたマシンに影響が出ます。

小林可夢偉もこの影響を受けた張本人。
可夢偉はこの最後にタイムを刻んでくるのが
非常に巧いドライバーである故、
Q3に進めなかったのは非常に痛いですね。
早めにタイムアタックをしていた、
トロロッソ勢は食えたのではと思います。

決勝はまたタイヤの使い方とKERS、可変リアウイング
の使い方で勝負の行方は決まるのではないでしょうか。
ベッテルの圧倒的な強さと、堅実なバトン、
そしてそういうレース展開ではクレバーな走りをする可夢偉。
このあたりに注目ですね。
1 S.ベッテル レッドブル 1:37:39.832
2 J.バトン マクラーレン +3.2
3 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP +25.0
4 M.ウェバー レッドブル +26.3
5 F.マッサ フェラーリ +36.9
6 F.アロンソ フェラーリ +57.2
7 小林可夢偉 ザウバー +1:06.4
8 L.ハミルトン マクラーレン +1:09.9
9 M.シューマッハ メルセデスGP +1:24.8
10 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:31.5
11 A.スーティル フォース・インディア +1:41.3
12 N.ロズベルグ メルセデスGP +1lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ +1lap
14 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1lap
15 H.コバライネン チーム・ロータス +1lap
16 T.グロック ヴァージン +2laps
17 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +4laps
18 V.リウッツィ HRT +10laps
19 J.ダンブロシオ ヴァージン +14laps
20 J.トゥルーリ チーム・ロータス +25laps
21 S.ペレス ザウバー +33laps
22 R.バリチェロ ウィリアムズ +34laps
23 N.カーティケヤン HRT +42laps
24 P.マルドナード ウィリアムズ +48laps

※レース後、F.アロンソとL.ハミルトンに20秒加算ペナルティーが出される。

開幕戦で圧倒的な力を見せつけた、レッドブルのベッテル。
この2戦目でもその力を大いに発揮しました。
チームメイトのウェバーと何が違うかと言えば、
そのタイヤマネージメントの上手さですよね。
昨年、ブリジストンの浜島さんも言ってましたけど、
一番よくタイヤについて聞きに来たあの子だからこそ、
チャンピオンを獲れたんだってことです。

そのタイヤの使い方の巧妙さでは、
マクラーレンのバトンもそうです。
チームメイトのハミルトンは速さは上ですけど、
タイヤの使い方が全然駄目ですもんね。
今年の持たないピレリタイヤでは苦戦するでしょう。

そしてチーム力として昨年より格段にアップしたのがルノー。
開幕戦に続いて、表彰台を獲得です。
ハイドフェルドは開幕戦でどうかな?ってパフォーマンスでしたが、
見事に修正してきましたね。
今後のペトロフとの力差に注目です。

そして速さと巧さを併せ持つドライバーが小林可夢偉でしょう。
今のザウバーのマシン力から言って、
その力を十二分に使いきっていると思います。
予選でQ3まで持っていける速さと、
そしてタイヤをとことんいたわり、ピット戦略をエコさせて、
決勝のレースマネージメントを見事に組み立てる力を持っています。
絶えず、5位~7位あたりのポイントを狙ってほしいですね。
雨が降ったりして荒れたレースになれば表彰台、充分狙えます。

強いレッドブルを追うマクラーレン。
そしてフェラーリ、ルノーが続いてきています。
ザウバーがそこにどうやって割って入っていくか。
小林可夢偉の今後に期待です。
ここ2,3年で一番通っているお寿司屋さんです。
私は美味しければ、廻っていても一向にOKな人間ですので、
回転寿司訪問率は非常に高い。
日本全国ローカル回転寿司行脚の旅に出たいくらいである。
その私が、大阪ではまあここの安さと旨さのバランスはピカイチだと思っているのだ。
その名は、門真にあります「すしバリュー」。
10%割引券も持っていたので、再訪しました。

回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

この日は、ビールも呑む気満々やったので、車ではなく電車でやってきた。
189円の皿も惜しげもなく食うぞ~(300円台はさすがに貧乏人には手が出ない・・・)

まずは生中ジョッキ(483円)にて同行者と乾杯♪
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

スポーツクラブに行った後やったんで、ビールがうまい!

その日のおすすめ品、桜鯛(105円)より。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

鯛をこの値段で出すとはね~
身もよく締まっています。

本マグロの赤身(189円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

ねっとりと、マグロの旨みが伝わってきます。
これ105円のマグロやと味気ないですが、こっちはすごい。

シマアジ(189円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

身の締まり方はよかったんですけど、生ぬるい・・・
あといつも思うのだが、シャリをしっかり握ってくれ~すぐ崩れる。

平らぎ貝(105円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

無類の貝好きなので、酒のアテには必須。

炙りトロサーモン(105円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

脂でトロトロです。

ビールさらに進めるアテを。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

たこの唐揚げ(157円)。
揚げたての熱々で納得の味。
激安居酒屋でも250円はするでしょう。

ビールまだまだ呑むぞ!
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

瓶ビールにしときました、中瓶(483円)である。

ここのお値打ち物ハマチ(105円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

いつも頼む品です、この身の厚さがすごい!

炙り大うなぎ(189円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

そんな大うなぎってほどの大きさではないが炙り風味が美味。

冬の大好物、白子軍艦(105円)
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

この値段ではプリプリってわけではありませんでした。

大トロサーモン(189円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

この脂のノリがビールをすすめます、もう1本!

蟹身マヨネーズ(105円)。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

蟹もこの値段で食えるのと、マヨネーズがええビールのお供。

最後は金目鯛(189円)で〆。
回転寿司「すしバリュー」(大阪門真)

結構、呑んで食ってして、ほろ酔い満腹や~って感じですが、
お値段は割引きいて、一人1500円ちょっとです。
下手に海鮮居酒屋行くよりも、ここで済ました方が安くて旨いもん食えます。
この日も大満足でお店を後にしました。

住所:大阪府門真市柳町20-11
電話:06-6780-1515
営業時間:11:00~23:00(LO22:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

利尻・礼文産「キタムラサキウニ」海鮮丼セット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。