F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 1:39:36.169
2 F.アロンソ フェラーリ +10.8
3 M.ウェバー レッドブル +27.2
4 L.ハミルトン マクラーレン +46.1
5 F.マッサ フェラーリ +51.7
6 J.バトン マクラーレン +1:00.0
7 N.ロズベルグ メルセデスGP +1:38.0
8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1lap
9 A.スーティル フォース・インディア 1lap
10 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 1lap
11 S.ペレス ザウバー 1lap
12 R.バリチェロ ウィリアムズ 1lap
13 S.ブエミ トロ・ロッソ 1lap
14 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1lap
15 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1lap
16 小林可夢偉 ザウバー 1lap
17 M.シューマッハ メルセデスGP 1lap
18 P.マルドナード ウィリアムズ 1lap
19 H.コバライネン チーム・ロータス 2lap(s)
20 J.トゥルーリ チーム・ロータス 2lap(s)
21 T.グロック ヴァージン 2lap(s)
22 J.ダンブロシオ ヴァージン 2lap(s)
23 V.リウッツィ HRT 3lap(s)
24 N.カーティケヤン HRT 3lap(s)

今回のF1は、久しぶりに眠気を誘うF1でした。
バレンシアの市街地コースは、元々抜きにくいコースです。
ただ、今年はDRS(可変リアウィング)の導入もあり、
その使用ポイントも2箇所設けることにより、
オーバーテイクもかなりあるのでは?と言われていました。

しかし実際はおだやかなカーブを描いているこのポイントでは、
難しい状態でしたね。
もっとオーバーテイクの壮烈な合戦があると思っていただけに残念。

トップも終始変わらず安定したベッテルが優勝。
前回、カナダGPファイナルラップでのミスを取り戻す、
細心の注意を払った走りでしたね。

そして、今回つまらなかった原因のもう一つが、
後方集団に沈んでしまった、小林可夢偉。
フリー走行、予選から全くこのコースに合わないザウバー。
しかし、決勝はいつもの可夢偉のタイヤに優しい走りで、
ジャンプアップを期待したんですけどね。

しかしタイヤ戦略が当たったのはペレスの方でした。
1回ピットストップで11位を獲得。
ザウバーのマシンってストレート遅いので、
タイヤの摩耗にも優しいんですね。
ストレートの速いマクラーレンとは逆です。

そして、もう1つつまらなかったのは、24台全て完走。
全くレースアクシデントがなかったんですよ。
それでオーバーテイクしにくいとなると、
ホントぐるぐる周回しているだけです。

ベッテルが8戦終わって、6勝。
チャンピオンシップも、もう先が見えたって感じ。
ってな思いのつまんないレースでした。
スポンサーサイト
1 J.バトン マクラーレン 4:04:39.537
2 S.ベッテル レッドブル +2.7
3 M.ウェバー レッドブル +13.8
4 M.シューマッハ メルセデスGP +14.2
5 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +20.3
6 F.マッサ フェラーリ +33.2
7 小林可夢偉 ザウバー +33.2
8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +35.9
9 R.バリチェロ ウィリアムズ +45.1
10 S.ブエミ トロ・ロッソ +47.0
11 N.ロズベルグ メルセデスGP +50.4
12 P.デ・ラ・ロサ ザウバー +1:03.6
13 V.リウッツィ HRT 1lap
14 J.ダンブロシオ ヴァージン 1lap
15 T.グロック ヴァージン 1lap
16 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1lap
17 N.カーティケヤン HRT 1lap
18 P.ディ・レスタ フォース・インディア 3lap(s)
19 P.マルドナード ウィリアムズ 9lap(s)
20 N.ハイドフェルド ロータス・ルノーGP 15lap(s)
21 A.スーティル フォース・インディア 21lap(s)
22 F.アロンソ フェラーリ 34lap(s)
23 H.コバライネン チーム・ロータス 42lap(s)
24 L.ハミルトン マクラーレン 63lap(s)

雨に祟られたジル・ヴィルヌーブサーキット。
まず、この模様は、私は赤旗中断後、テレビで見ておりません。
って、普通に地上波で見ておられた方は一緒ですよね。
スカパーの方では、勿論、最後まで放送されていたんでしょうが。

1時間半にも及ぶ中断があれば、朝のめざましが始まる前までは、
F1中継延長してくれんかなとも思ったんですけどね。
結局は4時過ぎに途中終了しちゃいました。

しかし!!!絶対に結果をリアルに知りたかったんですよ。
赤旗中断前までに、小林可夢偉はベッテルの後ろ、2位を走行。
久しぶりの日本人表彰台が見れるかもって状態です。

映像は見れなくても、ライブタイミングでってことで、
PCの電源を立ち上げ、ライブタイミングを。
F1は生中継のスカパーで見なくなってからは、
こっちのライブタイミングは繋げていなかったので、
パスワード、忘れてしまってた・・・
慌てて、新たに登録し直す私(^^;)

結局、可夢偉はずるずると後続に抜かれて7位。
マシンをレイン寄りのセッティングにしてたんですね。
なので、雨の上がった後半は大苦戦でした。

もっと早く再開されていれば、違った結果になったかも。
まあ、けど、よくやったなって思いますよ。
今回、レース開始前にトップチームの首脳に、
可夢偉移籍の可能性をインタビューをしておりましたが、
ほぼ来季はゼロみたいですね・・・
けど、この連続ポイント獲得は、非常に意義あると思います。

翌日は思いっきり寝不足、しんどかった~。、
なので、今回の記事作成も遅くなりました。
アメリカ大陸の開催ん時は、いっつも翌日に負担かかりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。