F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 1:30:35.002
2 J.バトン マクラーレン +8.4
3 F.アロンソ フェラーリ +24.3
4 M.ウェバー レッドブル +25.5
5 M.シューマッハ メルセデスGP +1:05.4
6 N.ロズベルグ メルセデスGP +1:06.8
7 L.ハミルトン マクラーレン +1:24.1
8 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ 1lap
9 A.スーティル フォース・インディア 1lap
10 S.ペレス ザウバー 1lap
11 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 1lap
12 B.セナ ロータス・ルノーGP 1lap
13 P.ディ・レスタ フォース・インディア 1lap
14 H.コバライネン チーム・ロータス 2lap(s)
15 R.バリチェロ ウィリアムズ 2lap(s)
16 J.ダンブロシオ ヴァージン 3lap(s)
17 N.カーティケヤン HRT 3lap(s)
18 D.リチャルド HRT 3lap(s)
19 J.トゥルーリ チーム・ロータス 5lap(s)
20 F.マッサ フェラーリ 28lap(s)
21 S.ブエミ トロ・ロッソ 36lap(s)
22 P.マルドナード ウィリアムズ 48lap(s)
23 T.グロック ヴァージン 58lap(s)
24 小林可夢偉 ザウバー 60lap(s)

まず、小林可夢偉は仕方ないですね。
自分のミスではなく、他人のもらい事故、不運です。
しかし7戦連続のノーポイント、
コンストラクターズではトロロッソに追いつかれ同点。
この流れの悪さの根本は「あびる優」???
やっぱりさげまんとちゃうかな~

そして、またやってくれましたな~
マッサとハミルトンはなんで、おんなじ事ばかり繰り返すの?


【ミニチャンプス・PMA】[1/18]ボーダフォン マクラーレン MP4-25 L.ハミルトン

終わった後のコメントで、
レース前久しぶりにマッサと話したとハミルトンは言ってましたが、
またこれでお互い口をきくことなくなるんやろな。

ただ、マッサにドライブスルーペナルティはきついでしょ。
ハミルトンがオーバーテイクしようとしてはいますが、
完全には前に出ていません。
それをかぶせていったマッサも悪いですけど、
私の目からすると両者、譲らなかった50対50やと思います。
ただ、それで、ハミルトンはピットに入らなくてはならなくなり、
マッサはそのまま走れたってことでのドライブスルーなのなら、
納得はいくかなと思います。


1/18 フェラーリ F150th Italia 2011 F.マッサ ドライバー付

上のほうの争いはつまらんもんでしたね。
ま、今回は暴れん坊マッサに尽きるレースでした(^^)
スポンサーサイト
まさかのキミ・ライコネンのF1復帰が意外な所から、湧いて出た。

現在はアフリカやモナコを拠点にビジネスマンとして活躍する、
タキ井上こと、元F1ドライバー井上隆智穂・・・
まあ、彼がF1ドライバー、それもスポット参戦ではなく、
1995年にアロウズで1年通じてドライブしたのを知っているのは、
かなりのマニアでしょう。


日本の名レース100選 Vol.059 '95 F1パシフィックGP

しかし、スポンサーマネーを利用して獲得したシートでは、
その遅さも顕著であったが、
レスキューカーに轢かれた珍場面でも有名だ(^^)

その井上隆智穂がツイッターにて、
「ライコネン、来季ウィリアムズ決定! ここだけの話だ!」
とつぶやいたのだ。
F1ドライバーとしては才能はなかったが、
ビジネス界ではかなりの大物である「井上隆智穂」。

どうやら、井上は、ウィリアムズがライコネンを獲得できた場合、
カタール国立銀行とのスポンサー契約を結ぶことにも絡んでいるようである。

私はかなり眉唾もんの発言やと思いますね。
こういう発言をすると、マネーの動きも活発になります。
それを見越しての発言かと。
隆智穂の舌鋒は、現役時代でも有名でしたもん。
MotoGPの世界選手権シリーズ第17戦、マレーシアGP。
3台のバイクが絡む事故で、イタリア人ライダーの、
マルコ・シモンチェリ選手(24)が死亡した。

事故はスタート後、程なくして発生。
事故のため、20周で争われる予定だったレースは中止となった。

なお、日本人ライダーの青山博一選手と中須賀克行選手は無事だった。

シモンチェリ選手は昨年から同クラスに参戦。
今季は第11戦のチェコGPで自己最高の3位を記録し表彰台に上った。



先日のインディカーレース、最終戦での、
ダン・ウェルドン選手の事故死に引き続いての悲報。
私は申し訳ないがバイクのレースについては興味がなく、
この選手のことも知りません。
車での事故よりバイクでの事故の方が悲惨な結果になる確率も高く、
怖くて、私は今まで原付も運転したことのない人間です。

なので、こういう悲報を聞くと、
今までなかったのがラッキーなのではと思います。
転倒すると、即、大怪我に繋がるオートバイ・・・
あまり、ここでは書きたくはないんですけど、
私がバイクに乗ろうとこれっぽちも思わないと書けば、
大体分かってもらえますでしょうか。

マルコ・シモンチェリ選手のご冥福をお祈りいたします。
今日帰ってきて、衝撃的なニュースを目にしました。

今年のインディ500ウイナーのダン・ウェルドン(イギリス・33歳)が、
多重クラッシュ事故により死亡が確認されたとのこと。

私はインディカーレースはあまり見ない人間でしたが、
ダン・ウェルドンが非常に速いドライバーであった記憶はあります。
たぶん、インディーからF1に行ったブルデーよりもね。


[DVD] INDY JAPAN 2004

このレースもポール・トゥ・ウィンですよ・・・
めっちゃ記憶に残っています。

なので、言葉が出ませんでした。
偉大なレースドライバーのご冥福をお祈りいたします。

なお、佐藤琢磨はこの事故には巻き込まれずに済んだとのことです。
1 S.ベッテル レッドブル 1:38:01.994
2 L.ハミルトン マクラーレン +12.0
3 M.ウェバー レッドブル +12.4
4 J.バトン マクラーレン +14.6
5 F.アロンソ フェラーリ +15.6
6 F.マッサ フェラーリ +25.1
7 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +49.5
8 N.ロズベルグ メルセデスGP +54.0
9 S.ブエミ トロ・ロッソ +1:02.7
10 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:08.6
11 A.スーティル フォース・インディア +1:11.2
12 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:33.0
13 B.セナ ロータス・ルノーGP 1lap
14 H.コバライネン チーム・ロータス 1lap
15 小林可夢偉 ザウバー 1lap
16 S.ペレス ザウバー 1lap
17 J.トゥルーリ チーム・ロータス 1lap
18 T.グロック ヴァージン 1lap
19 D.リチャルド HRT 1lap
20 J.ダンブロシオ ヴァージン 1lap
21 V.リウッツィ HRT 3lap(s)
22 P.マルドナード ウィリアムズ 25lap(s)
23 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP 39lap(s)
24 M.シューマッハ メルセデスGP 40lap(s)

今季初!寝落ちしました!
チャンピオン決まってるし、つまらんレースでしたね。


ザウバーF1チーム公認小林可夢偉 壁掛カレンダー 2012年

まだ、可夢偉がポイント争いしてたら起きてたでしょうけど、
ロータスよりも遅いザウバーは見る気せんです。
1 J.バトン マクラーレン 1:30:53.427
2 F.アロンソ フェラーリ +1.1
3 S.ベッテル レッドブル +2.0
4 M.ウェバー レッドブル +8.0
5 L.ハミルトン マクラーレン +24.2
6 M.シューマッハ メルセデスGP +27.1
7 F.マッサ フェラーリ +28.2
8 S.ペレス ザウバー +39.3
9 V.ペトロフ ロータス・ルノーGP +42.6
10 N.ロズベルグ メルセデスGP +44.3
11 A.スーティル フォース・インディア +54.4
12 P.ディ・レスタ フォース・インディア +1:02.3
13 小林可夢偉 ザウバー +1:03.7
14 P.マルドナード ウィリアムズ +1:04.1
15 J.アルグエルスアリ トロ・ロッソ +1:06.6
16 B.セナ ロータス・ルノーGP +1:12.6
17 R.バリチェロ ウィリアムズ +1:14.1
18 H.コバライネン チーム・ロータス +1:27.8
19 J.トゥルーリ チーム・ロータス +1:36.1
20 T.グロック ヴァージン 2lap(s)
21 J.ダンブロシオ ヴァージン 2lap(s)
22 D.リチャルド HRT 2lap(s)
23 V.リウッツィ HRT 3lap(s)
24 S.ブエミ トロ・ロッソ 42lap(s)


DRIVER'S EYES F1日本グランプリ 2010 鈴鹿 DVD

今年の鈴鹿は全く雨が降らないおだやかな天候でしたね。
観戦に行かれた方も非常に快適やったと思います。

で、この鈴鹿でほぼ決まるであろう予測のとおり、
ワールドチャンピオンはベッテルのものに。
しかし、ずっとベッテル独走状態で、
つまらないワールドチャンピオンシップでした。
レースでのオーバーテイクは、
今年は非常に多くなっただけに残念です。


アマルガム1/8 スケール レッドブル RB6 2010ベッテル/ウェバー

去年は快走した可夢偉も今年はふるわず。
前戦シンガポールGPの時にも書きましたが、
その通りの結果となりましたね。
最近ずっとチームメイトのペレスが確実性のあるミスの少ない、
ええ走りしています。
非常に今、可夢偉の印象は薄くなっているだけに、
再来年の行方が非常に危なくなっているのではないでしょうか。
可夢偉に続く日本人ドライバーは誰もおらんし、
あと5年以上は頑張ってもらわないと。


ザウバーF1チーム公認小林可夢偉 壁掛カレンダー 2012年

以降は消化試合となってしまいましたが、
オーバーテイクの多いレースを期待したいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。