F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 S.ベッテル レッドブル 1:35:10.990
2 K.ライコネン ロータス +3.3
3 R.グロジャン ロータス +10.1
4 M.ウェバー レッドブル +38.7
5 N.ロズベルグ メルセデスAMG +55.4
6 P.ディ・レスタ フォース・インディア +57.5
7 F.アロンソ フェラーリ +57.8
8 L.ハミルトン マクラーレン +58.9
9 F.マッサ フェラーリ +1:04.9
10 M.シューマッハ メルセデスAMG +1:11.4
11 S.ペレス ザウバー +1:12.7
12 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +1:16.5
13 小林可夢偉 ザウバー +1:30.3
14 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +1:33.7
15 D.リチャルド トロ・ロッソ +1lap
16 V.ペトロフ ケーターハム +1lap
17 H.コバライネン ケーターハム +1lap
18 J.バトン マクラーレン +2lap(s)
19 T.グロック マルシャ +2lap(s)
20 P.デ・ラ・ロサ HRT +2lap(s)
21 N.カーティケヤン HRT +2lap(s)
22 B.セナ ウィリアムズ +3lap(s)
23 P.マルドナード ウィリアムズ +32lap(s)
24 C.ピック マルシャ +33lap(s)

オーバーテイクの多い、見所のあるレースだっただけに、
可夢偉は残念。
2回ピットストップ作戦は無謀でしたね。
昨年まではタイヤに優しいザウバーだったのが今季は違うようです。
まあ、3回作戦のペレスも11位でしたから、
そんな上位には来なかったレースでもありましたが。


F1ザウバーC30 フェラーリ オーストラリアGP No.16 2011 小林可夢偉

そして復帰後、ライコネンは初の2位!
ライコネンファンの私としては、久々に見れたね~と感慨深い。
しかし、かっこよすぎる!!
ライコネンの男前度は私がF1を見てきた過去25年で、
ナンバー1やと思いますね。


送料無料 [TAG Heuer] タグホイヤー サングラス キミ・ライコネン

レッドブル、ロータスが今回よかった。
このようにサーキット特性で、勢力図が大きく変わる今季のF1
見所まだまだありそうですね♪
スポンサーサイト
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG 1:36:26.929
2 J.バトン マクラーレン +20.6
3 L.ハミルトン マクラーレン +26.0
4 M.ウェバー レッドブル +27.9
5 S.ベッテル レッドブル +30.4
6 R.グロジャン ロータス +31.4
7 B.セナ ウィリアムズ +34.5
8 P.マルドナード ウィリアムズ +35.6
9 F.アロンソ フェラーリ +37.2
10 小林可夢偉 ザウバー +38.7
11 S.ペレス ザウバー +41.0
12 P.ディ・レスタ フォース・インディア +42.2
13 F.マッサ フェラーリ +42.7
14 K.ライコネン ロータス +50.5
15 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +51.2
16 J-E.ベルニュ トロ・ロッソ +51.7
17 D.リチャルド トロ・ロッソ +1:03.1
18 V.ペトロフ ケーターハム +1Lap
19 T.グロック マルシャ +1Lap
20 C.ピック マルシャ +1Lap
21 P.デ・ラ・ロサ HRT +1Lap
22 N.カーティケヤン HRT +2Laps
23 H.コバライネン ケーターハム +3Laps
24 M.シューマッハ メルセデスAMG +44Laps

ファステストラップ 小林可夢偉(ザウバー) 40周目 1分39秒960


F1ザウバーC29 日本GP 2010 小林可夢偉 No.23

ファステストラップも記録したのに、
なんか安定したラップを刻めませんでしたね・・・
ちょっと期待し過ぎたのか、決勝は拍子抜けでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。