F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 2 F.マッサ フェラーリ 1:34'11.435 71 194.865 1
2 5 F.アロンソ ルノー 1:34'24.733 71 194.408 1
3 1 K.ライコネン フェラーリ 1:34'27.670 71 194.307 1
4 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1:34'49.446 71 193.564 2
5 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:34'50.342 71 193.533 3
6 12 T.グロック トヨタ 1:34'55.803 71 193.348 4
7 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:35'06.509 71 192.985 5
8 11 J.トゥルーリ トヨタ 1:35'19.898 71 192.533 1
9 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:35'31.101 71 192.157 6
10 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:34'22.761 70 191.736 6
11 4 R.クビサ BMWザウバー 1:34'48.549 70 190.867 8
12 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:34'51.339 70 190.774 10
13 16 J.バトン Honda 1:35'01.806 70 190.423 10
14 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:35'05.349 70 190.305 8
15 17 R.バリチェロ Honda 1:35'20.589 70 189.798 10
16 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1:34'31.247 69 188.714 13
17 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:34'42.834 69 188.329 14
18 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1:35'09.395 69 187.453 5
  6 N.ピケJr. ルノー アクシデント 0 0.000 -
  9 D.クルサード レッドブル・ルノー アクシデント 0 0.000

こんな劇的な終わり方のチャンピオンシップはなかなか見られないだろう。
ハミルトンの走りにはいつものアグレッシブさがなく、
もう、防御、防御に回っていたので、このぎりぎりな闘い方では、
チャンピオンになれないのではないかと思ったラスト2周・・・
ベッテルに見事に抜かれてしまうのである。

このことはベッテル自身は、
ハミルトンのタイトル獲得に影響をおよぼすことなど、
全く知らなかったとのことである。
そりゃ、あの雨の中で誰がどんだけのポイントでチャンピオン獲るかより、
自分をいかに前に走らせるかだけを考えて当然だろう。

ハミルトンはベッテルを抜けない・・・
雨のベッテルの速さは誰もが知っていることである。
最終ラップ・・・
誰もがマッサの逆転チャンピオンを確信した瞬間であった!!

トヨタのティモ・グロックはドライタイヤで走り続けていたが、
雨の激しさでペースダウン!!!
ハミルトンはなんなく、1ポイント差でチャンピオンになれる地位を、
取り戻すことになる。


★F1★ティモ・グロック☆パナソニックトヨタレーシング/2008年ショーカー

ハミルトンがチェッカーを受けた瞬間、マクラーレン、フェラーリーピット、
両方が歓喜に沸いていた。
フェラーリのピットでも逆転チャンピオンを確信した瞬間だったが、
その歓喜は冷静なピットクルーによって遮られた。
喜びが一瞬にして、絶望に変わったのだ。
実にドラマチックなブラジルの午後であった・・・

ハミルトン、史上最年少チャンピオンおめでとう。
アンチハミルトンの俺ではあるが、それは彼がすごい実力を持っているからである。
そして、最後まで希望を捨てずに、母国GPを戦ったマッサにも、
賞賛をおくるべきであろう。このドライバーも俺は低評価し過ぎでした。

キミファンの俺には、最終残り数戦はあまり熱心に見れないGPであったが、
来年は彼が頑張ってくれるかな?ってかなり不安です。
執着心のないドライバーやから、ルノーが力をつけて、
アロンソ残留が数日後には発表されると思いますが、
アロンソ、ハミルトンといったあたりの影に隠れてしまうかなって思います。
しかし来季、このブログでライコネンの輝きを書けることを願って!!
2008年シーズン終了でペンを置きます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/100-f885da68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。