F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 2 国本 京佑 JPN Tom's 41:01.864 15 134.24
2 7 Edoardo MORTARA ITA Signature Plus 41:03.574 15 1.710 134.14
3 5 Brendon HARTLEY NZL Carlin Motorsport 41:05.870 15 4.006 134.02
4 9 Mika MAKI FIN Signature Plus 41:10.306 15 8.442 133.78
5 16 Renger van der ZANDE NED Prema Powerteam 41:12.140 15 10.276 133.68
6 30 Laurens VANTHOOR BEL RC Motorsport 41:14.839 15 12.975 133.53
7 3 Oliver TURVEY GBR Carlin Motorsport 41:14.998 15 13.134 133.52
8 19 Walter GRUBMULLER AUT Hitech Racing 41:16.559 15 14.695 133.44
9 14 Jules BIANCHI FRA ART Grand Prix 41:20.589 15 18.725 133.22
10 4 Jaime ALGUERSUARI ESP Carlin Motorsport 41:22.665 15 20.801 133.11
11 23 Jon LANCASTER GBR Manor Motorsport 41:22.762 15 20.898 133.11
12 15 James JAKES GBR ART Grand Prix 41:23.282 15 21.418 133.08
13 8 CHENG Cong Fu CHN Signature Plus 41:24.268 15 22.404 133.02
14 18 Max CHILTON GBR Hitech Racing 41:24.468 15 22.604 133.01
15 24 Kei COZZOLINO ITA Now Motor Sports 41:25.134 15 23.270 132.98
16 22 大嶋 和也 JPN Manor Motorsport 41:25.794 15 23.930 132.94
17 28 Daniel CAMPOS-HULL ESP HBR Motorsport 41:26.861 15 24.997 132.89
18 10 Atte MUSTONEN FIN Raikkonen-Robertson Racing 41:35.608 15 33.744 132.42
19 31 Nicola de MARCO ITA RC Motorsport 41:48.391 15 46.527 131.75
20 12 Michael HO MAC Raikkonen-Robertson Racing 41:53.603 15 51.739 131.47
Not Classified
17 Stefano COLETTI MON Prema Powerteam 32:19.086 11 D.N.F. 124.98
29 Basil SHAABAN LEB HBR Motorsport 30:08.333 10 D.N.F. 121.83
1 Carlo VAN DAM NED Tom's 19:45.021 7 D.N.F. 130.14
20 Roberto MERHI ESP Hitech Racing 17:29.564 6 D.N.F. 125.94
26 松下 昌揮 JPN PTRS by Ombra 19:10.932 6 D.N.F. 114.85
27 James WINSLOW GBR Ombra Racing 15:30.567 5 D.N.F. 118.37
25 嵯峨 宏紀 JPN Le Beausset Motorsports 8:34.612 2 D.N.F. 85.62
6 Marcus ERICSSON SWE Carlin Motorsport 0 D.N.F. N/A
11 Roberto STREIT BRA Raikkonen-Robertson Racing 0 D.N.F. N/A
21 Sam BIRD GBR Manor Motorsport 0 D.N.F. N/A


1/43 ラルフ トヨタ RT3 F3 A.セナ 英国F3チャンピオン 1983

F3レースの世界一決定戦といわれるマカオGPで、全日本F3今季ランク2位の
国本京佑(トムス)が41分1秒864で優勝した。
マカオGPのF3レースで日本人が優勝するのは2001年の佐藤琢磨以来2人目で、
19歳10ヶ月はマカオGP史上最年少優勝。

うーん・・・伝統のマカオGPで、ものすごく意外な名前が出てきましたね~
はっきり言います、このドライバー知りませんでした。
自分でも「信じられない。トムスは世界一のチームなので、おかげで表彰台の真ん中に立てた」
って言ってるくらいですから、トムスのマシンは去年も圧倒的に速かったけど、
今年も桁違いやったみたいで、荒れたレースでの棚ぼたもあります。

けど、伝統のマカオでマシンの差で、順位が変動するんはどうかなって思います。
すべてイコールコンディションでレースをするべきかと。
せっかく、若手ドライバーのステップアップ登竜門になっているわけですから。

史上最年少を日本人が獲ったってのもすごいよな~
けど、この国本京佑が将来F1に乗っているかと問いかけられると、
俺は99%ないと思います。
同じトヨタの日本人ドライバーには、小林可夢偉がいますし、
実力的には明らかに、可夢偉が上でしょう。

今年のDAMSは調子がいいみたいで、テストでもずっと小林可夢偉が、
タイムシートの上位に名を連ねています。
来季のGP2は必ず制覇して、2010年F1のトヨタのシートを獲得して欲しいですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/104-6abd0961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。