F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 59 1:31'24.076
2 A.セナ ロータス ホンダ 59 1:31'51.621
3 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 59 1:32'03.220
4 S.ヨハンソン マクラーレン ポルシェ 59 1:32'24.664
5 M.ブランドル ザクスピード ザクスピード 57 2LAP遅れ
6 中嶋悟 ロータス ホンダ 57 2LAP遅れ
7 C.ダナー ザクスピード ザクスピード 57 2LAP遅れ
8 P.ストレイフ ティレル フォード 57 2LAP遅れ
9 R.パトレーゼ ブラバム BMW 57 2LAP遅れ
10 P.アリオー ローラ フォード 56 3LAP遅れ
11 D.ワーウィック アロウズ メガトロン 55 4LAP遅れ
12 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ 54 5LAP遅れ
13 P.ファブル AGS フォード 53 6LAP遅れ
14 T.ファビ ベネトン フォード R  
15 J.パーマー ティレル フォード R  
16 E.チーバー アロウズ メガトロン R  
17 T.ブーツェン ベネトン フォード R  
18 A.デ・チェザリス ブラバム BMW R  
19 A.カンポス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
20 G.タルクィーニ オゼッラ アルファロメオ R  
21 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
22 I.カペリ マーチ フォード R  
23 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ R  
24 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
25 P.ギンザーニ リジェ メガトロン R  
26 R.アルヌー リジェ メガトロン R


F1 LEGENDS SUPER PERFORMANCE 1987-1995 DVD

スタートで4台がエンジンストールトラブル・・・
アンチストールシステムがまだこの当時なかったですからね~
よくスタートで止まってた車が多かったよな。
あっ、ウィリアムズホンダのピケが、
予選でのクラッシュで、ドクターストップがかかり、
決勝は出走していないです。

中嶋悟はバッテリートラブルにより、
アクティブサスペンションが作動しないトラブルでピットスタート。
このスタートディレイによって救われることになりました。

ポールのセナをあっさりとウィリアムズホンダのマンセルがパス。
その後、独走態勢に入り、あっさりと優勝しちゃいます。
この当時のホンダエンジンは他のエンジンとは明らかに違ってました。
今の体たらくなホンダとは信じられない違いですが(^^;)

中盤、セナがフェラーリをずっと抑える態勢
この年、セナは予選では自分の腕とホンダエンジンパワーで
カバーして速いが、決勝ではロータス99Tのペースがなかなか上がらず、
後続の車がつっかえて、セナドライビング教習所と呼ばれてましたね(^^)


中嶋悟/F1 LEGENDS 中嶋悟

そして!!
ピットスタートの中嶋が6位、日本人初入賞!!!
ピットスタートからポイントを獲ったわけですから、
この時、ホンマ、俺、狂喜乱舞しておりました。
スタートんときは「あ~今日、中嶋あかんやん」ってぼやいてましたからね。
全然抜いた場面が出てこないのに、どんどん順位が上がってきてたから、
もしかして??って思いましたけど。
納豆走法炸裂ですな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/106-9c6b32b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。