F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 A.セナ ロータス ホンダ 78 1:57'54.085
2 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 78 1:58'27.297
3 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 78 1:59'06.924
4 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 77 1LAP遅れ
5 J.パーマー ティレル フォード 76 2LAP遅れ
6 I.カペリ マーチ フォード 76 2LAP遅れ
7 M.ブランドル ザクスピード ザクスピード 76 2LAP遅れ
8 T.ファビ ベネトン フォード 76 2LAP遅れ
9 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 75 3LAP遅れ
10 中嶋悟 ロータス ホンダ 75 3LAP遅れ
11 R.アルヌー リジェ メガトロン 74 4LAP遅れ
12 P.ギンザーニ リジェ メガトロン 74 4LAP遅れ
13 P.ファブル AGS フォード 71 7LAP遅れ
14 E.チーバー アロウズ メガトロン R  
15 D.ワーウィック アロウズ メガトロン R  
16 S.ヨハンソン マクラーレン ポルシェ R  
17 P.アリオー ローラ フォード R  
18 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
19 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ R  
20 A.デ・チェザリス ブラバム BMW R  
21 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ R  
22 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 P.ストレイフ ティレル フォード R  
24 T.ブーツェン ベネトン フォード R


セナ財団公認 アイルトン・セナ 1/1レプリカヘルメット(Painted by SID) /1987

F1グランプリのレースの中でも、一番格式のあるのがモナコGP・・・
F1ファンだと、誰もが一番行ってみたい場所であろう。
俺も、この1987年当時、他のレースとは別格だなあ~っと、
手の出ない世界だと、ティーンエイジャーだった当時思っていました。

ポールはウィリアムズホンダのナイジェル・マンセル。
チームメイトのピケはモナコ大嫌いですから、ここではセナにも遅れをとります。

そのマンセルが独走体勢・・・
しかしこの頃のマシンはよく潰れてましたね~
エンジンの排気系でトラブル。
ターボチャージャーは排気の力でパワー出しているから、
ここが駄目になるとパワーダウンが激しい・・・

そしてこういう超テクニカルコースがうまいのはセナ。
同じホンダエンジン、ブラジル人ドライバーのピケを全く寄せ付けない走り。
モナコ初優勝でしたが、この後、事故死するまで、
モナコマイスターの称号は彼に贈られます。

その後、その称号はシューマッハが受け継ぐことになるのですが、
モナコで速いドライバーがやはり強いドライバーやと思います。
それほど、ドライバーの腕で左右するコースですね。

なので、ここモナコでの予選は、俺は毎年いつも注目しています。
普段よりここのグリッドが上にくるドライバーは速い。
今年でしたら、ベッテルがそうでしたね。

セナのモナコ初優勝はこの年でしたが、
1992年には伝説のマンセルとのバトルが印象的です。
この話題は2年後に、記事にできそうですね(^^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/110-45882fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。