F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 70 1:37'03.906
2 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 70 1:37'24.399
3 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 70 1:38'07.201
4 T.ファビ ベネトン フォード 69 1LAP遅れ
5 S.ヨハンソン マクラーレン ポルシェ 69 1LAP遅れ
6 E.チーバー アロウズ メガトロン 68 2LAP遅れ
7 A.セナ ロータス ホンダ 68 2LAP遅れ
8 中嶋悟 ロータス ホンダ 68 2LAP遅れ
9 I.カペリ マーチ フォード 67 3LAP遅れ
10 J.パーマー ティレル フォード 67 3LAP遅れ
11 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ 66 4LAP遅れ
12 P.ストレイフ ティレル フォード 66 4LAP遅れ
13 D.ワーウィック アロウズ メガトロン 66 4LAP遅れ
14 T.ブーツェン ベネトン フォード 64 6LAP遅れ
15 A.デ・チェザリス ブラバム BMW R  
16 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
17 M.ブランドル ザクスピード ザクスピード R  
18 F.フォリーニ オゼッラ アルファロメオ R  
19 P.アリオー ローラ フォード R  
20 R.アルヌー リジェ メガトロン R  
21 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ R  
22 P.ギンザーニ リジェ メガトロン R  
23 A.カンポス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
24 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ R  
25 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
26 C.ダナー ザクスピード ザクスピード R


ixo 1/43スケール フェラーリ F187 G.ベルガー 日本GP 1987 #28

初ポール・ポジションのフェラーリ、ゲルハルト・ベルガー。
この年は、ホンダ勢の優勢が続いたのであるが、
後半、フェラーリがメキメキと力をつけてきたのである。
特に、エンツォ・フェラーリに見込まれ、この年から、
フェラーリ入りしたベルガーはその力を発揮しつつあった。

俺は、ベルガーは好きなドライバーでしたね。
基本、日本人ドライバーを応援しとりましたが、
このF1を観戦しだした初期は、外国人ドライバーでは、
ベルガーが一番好きでした。
セナとのマクラーレンでのナンバー2扱いでも腐らずに、
ええ仲を保ったのは、非常に好感が持てます。
フェラーリでシューマッハのナンバー2扱いやった、
どこぞの腐ったバリ○○ロさんとはえらい違いやな。

そのベルガーが独走態勢を築くのであるが、
後半、試合巧者プロストのプレッシャーに負けて、
コックピット内の消化剤散布のボタンを押してしまい、スピン。
結果、プロストに優勝を持っていかれてしまうのである。

プロストというドライバーはセナびいきの日本人にとって、
非常にヒールのイメージがあるが、
すっごく才能あるドライバーで、クリーンやったと思います。
レース全体を見定め、チャンピオンシップ全体を見定め、
速いのに、抑えるべきところは抑えて、
切れ味の鋭い抜き方をする、ドライバーでした。
どこぞの現在のヒール役、ハミル○○なんてのは、
プレスの誰からもヒール扱いですからね。


ミニチャンプス1/43スケール マクラーレン MP4-3 No.1/1987 A.プロスト

その後、何回もチャンピオン争いを演じ、
引退間際1993年にもチャンピオンも決め、華やかにF1を引退。
ただ、その後リジェを買収し、自分のチームを持って失敗しますが・・・
亜久里といい、F1チームを運営するのって難しいですよね・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/113-20167a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。