F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 51 1:32'58.072
2 A.セナ ロータス ホンダ 51 1:33'15.456
3 S.ヨハンソン マクラーレン ポルシェ 51 1:33'15.766
4 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 51 1:34'18.513
5 T.ブーツェン ベネトン フォード 51 1:34'23.648
6 中嶋悟 ロータス ホンダ 51 1:34'34.551
7 A.プロスト マクラーレン ポルシェ 50 1LAP遅れ
8 J.パーマー ティレル フォード 50 1LAP遅れ
9 E.チーバー アロウズ メガトロン 50 1LAP遅れ
10 D.ワーウィック アロウズ メガトロン 50 1LAP遅れ
11 R.パトレーゼ ブラバム BMW 49 2LAP遅れ
12 P.ストレイフ ティレル フォード 49 2LAP遅れ
13 P.ギンザーニ リジェ メガトロン 48 3LAP遅れ
14 Y.ダルマス ローラ フォード 47 4LAP遅れ
15 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 46 5LAP遅れ
16 R.アルヌー リジェ メガトロン R  
17 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ R  
18 R.モレノ AGS フォード R  
19 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
20 M.ブランドル ザクスピード ザクスピード R  
21 A.デ・チェザリス ブラバム BMW R  
22 T.ファビ ベネトン フォード R  
23 C.ダナー ザクスピード ザクスピード R  
24 I.カペリ マーチ フォード R  
25 A.カンポス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
26 P.アリオー ローラ フォード R

この年の日本GP・・・
すっごく興味を持ってワクワク放送が始まるのを待ってたのを、
思い出します。
日本人初のF1パーマネントドライバー「中嶋悟」の凱旋でしたからね。
ただ、その成績はかなり期待はずれなもんでした。
日本であんなに速かったのに、やはり世界では通用しないもんだと
思いましたもんね。

特にチームメイトが天才セナであったのもありますし、
ロータスが完全に中嶋さんをナンバー2扱いしたのもありますけど、
「中嶋は遅い」と言われ、苦しんだ初年やったと思います。

ポールは後半好調のフェラーリ、ベルガー。
そして中嶋はこの年の最高グリッド11位からのスタートとなります。


1/43 フェラーリ F187 No.28 G.ベルガー 日本GP 1987

この年のチャンピオンですが、マンセルの予選時クラッシュで、
あっけなくピケに決まりました。
この後、日本GPはチャンピオン決定の場として、注目を集めることとなります。

また中嶋さんに話を戻しましょう。
1コーナー手前で鮮やかにブラバム・パトレーゼを
大外刈りでパスしたのは印象的でした。
鈴鹿をよく知り尽くしてるからゆえの抜き方で、あの場面ほど、
この年の中嶋のナンバー1ベスト場面でした。

優勝はベルガー。
この後のオーストラリアGPでも優勝し連勝を飾ります。
フェラーリの後はマクラーレンに移籍して、セナのナンバー2となりますが、
このドライバーほど、俺はこの当時、好感を持てるドライバーはいませんでした。
今季はトロ・ロッソのピットにもその姿を見れなくなるのは残念なところです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/114-39c19de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。