F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスとフランスのメディアが22日(木)、セバスチャン・ブルデーが
トロ・ロッソの2009年セカンドレースドライバーとして、
間もなく発表される見通しだと報じた。

チームのオーナーであるレッドブルの意向とも関係し、
他の候補者であった佐藤琢磨ではなくブルデーが選ばれたという。
また、フランスのウェブサイト『sport24.com』は、
佐藤琢磨に期待された個人スポンサーが、
日本の不況により縮小したのではないかと推測している。
さらに、トロ・ロッソ公式ウェブサイトの“チーム”の欄には、
ブルデーとブエミがドライバーとして挙げられている。

もう相当なショック・・・・
速さ、スポンサー面でも琢磨がブルデーを上回っていたから、
いけるんじゃないかと思っていただけに、これほど残念な報道はないです。
デマであってほしいと願っているけれど、
トロ・ロッソ公式ウェブサイトにブルデーが出ていることで、
これはまあ真実性高いですね。

やはりチーム側としては、琢磨の持込スポンサーがあまりないと判断した段階で、
チームに慣れているブルデーを選択するのは、最良の判断やと思います。
速さ的にもブルデーも琢磨も大差はないですもんね。

あーあ、これでまた今季F1を見る楽しみが減ったな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/116-46e03408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。