F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクーデリア・トロ・ロッソは6日(金)に2009年F1世界選手権を戦う
レースドライバーを発表したが、選ばれたのは佐藤琢磨ではなく、
セバスチャン・ブルデーであった。

琢磨は2008年シーズン末のヘレステストでトロ・ロッソのマシンを初ドライブし、
その後さらに2回のテストに参加。レースシート獲得に向けてアピールしたものの、
最終的にレギュラードライバーの座をつかむことはできなかった。

佐藤琢磨は以下のようにコメント。
「自分自身の未来がどうなるかは現時点ではまだわかりませんが、
次にどのようなステップを選ぶべきか、
今後マネジャーとともに検討していくことになります。
いずれにしても、僕のF1での活動が終わったとは到底思うことができず、
まだ多くのことができると信じています。トップレベルのモータースポーツで
今後も活動する決意でいますし、可能性がある限り、
F1への復帰を最優先して行動していくつもりです」

やはり・・・
前回にも琢磨の状況はかなり厳しいとコメントしましたが、
この発表がとうとうやってきましたね・・・
ずっとPCの壁紙も、琢磨がトロ・ロッソに乗っている写真にしとりましたが、
元の壁紙に戻しました。
その姿を夢見てただけに、非常に残念です。

ただ琢磨自身はF1に乗ることをまだ諦めていないようですから、
次の道を模索することになりますが、今から他カテゴリーのシートを探すのも、
相当厳しいでしょう。
一番、F1への道が近いのはGP2で乗ることですが、既にシートないもんな~

あのアグレッシブな走りを再びF1の舞台へ!
いつかそうなることを願っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/119-2bc52c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。