F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1界の最高権力者、FOM(フォーミュラワン・マネージメント)の
バーニー・エクレストン会長が、イギリスの企業家リチャード・ブランソン氏率いる
ヴァージングループが、旧Honda F1チームの買収に動いていることを認めた。

B.エクレストン氏は19日、「リチャードの関係者とその件について話した。
彼はかなり乗り気だ。私としても大歓迎だね。そうなったらすばらしい。
我々は実現に向けて動いているところだよ」と語っている。

このグループ会社、ヴァージンアトランティック・ジャパンは、
旧Hondaがバックアップしていた佐藤琢磨の個人スポンサーを4年にわたって務めてきた。

このことより、わずかながら、琢磨が旧ホンダに乗る可能性が出ましたね。
今、旧ホンダは琢磨を追い出したニック・フライが率いているので、
全く望みはありませんでしたが、ブルーノ・セナについているブラジル企業のスポンサードも、
どうやら、この新チームには来ない模様なので、バトンのチームメイトはまだ不明瞭であるのだ。
バリチェロは完全に駄目でしょう。
となると、スポンサー繋がりで琢磨を乗せる可能性があるかもしれない。

しかし、琢磨を3年前に追い出した、ニック・フライにジェンソン・バトンがいる限り、
難しいよなって思います。
ってより、ヴァージングループが果たして買収できるのか??
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/123-22c44642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。