F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'42.889
2 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 51 1:17'52.717
3 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ 51 1:18'05.804
4 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ 51 1:18'36.698
5 G.ベルガー ベネトン BMW 50 1LAP遅れ
6 A.ジョーンズ ローラ フォード 49 2LAP遅れ
7 T.ブーツェン アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
8 C.ダナー アロウズ BMW 49 2LAP遅れ
9 P.ストレイフ ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
10 M.ブランドル ティレル ルノー 49 2LAP遅れ
11 A.カフィ オゼッラ アルファロメオ 45 6LAP遅れ
12 T.ファビ ベネトン BMW R  
13 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
14 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
15 I.カペリ AGS モトーリ・モデルニ R  
16 R.アルヌー リジェ ルノー R  
17 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
18 J.パーマー ザクスピード ザクスピード R  
19 P.アリオー リジェ ルノー R  
20 J.ダンフリース ロータス ルノー R  
21 D.ワーウィック ブラバム BMW R  
22 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
23 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
24 P.タンベイ ローラ フォード R  
25 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
26 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R  
27 A.セナ ロータス ルノー R

すっかりこれ、ハードディスクの片隅に追いやられていて、
見るの忘れてました(^^;)
ちっと遡って、1986年の話題です。

この年はウィリアムズ・ホンダの力が断トツに強かったのですが、
結局はプロストにチャンピオンをもっていかれます。
試合巧者はプロストだったんですけどね。

しかし、このイタリアGP前の時点ではマンセルがポイントリードしてました。
そして、このレースでも中盤まで終始リードしていましたね。
ただ、この時のマンセルはまだ若かった・・・
(ってマンセルは晩年になっても、
プロストのようなレース運びはできんかったけどね^^;)

マンセルはガンガンとばしますが、燃費をあんまり考えてなかった。
この時代は給油なんてもんがなかったもんね。
その後ろで、燃費考えつつ、じっくり様子を伺ってたピケが終盤オーバーテイク!

レース後にピケは語ったそうですね。
「(頭を指先ながら)ここの違いだよ(^^)」
マンセルというドライバーは、とてつもなく速いドライバーやったけど、
レースの駆け引き、またレース自体以外での、政治的な駆け引き・・・
めっちゃくちゃ下手やったもんね。

1992年にマンセルは念願のシリーズチャンピオンを獲りますが、
ウィリアムズチームは翌年にプロストを加入させて、
マンセルはアメリカ、インディのレースへ追い出されました。
プロスト、ピケは「試合巧者」って言葉が似合うドライバーでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/125-e53a06dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。