F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 51 1:17'39.744
2 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 51 1:17'40.246
3 E.チーバー アロウズ メガトロン 51 1:18'15.276
4 D.ワーウィック アロウズ メガトロン 51 1:18'15.858
5 I.カペリ マーチ ジャッド 51 1:18'32.266
6 T.ブーツェン ベネトン フォード 51 1:18'39.622
7 R.パトレーゼ ウィリアムズ ジャッド 51 1:18'54.487
8 M.グージェルミン マーチ ジャッド 51 1:19'12.310
9 A.ナニーニ ベネトン フォード 50 1LAP遅れ
10 A.セナ マクラーレン ホンダ 49 2LAP遅れ
11 J.L.シュレッサー ウィリアムズ ジャッド 49 2LAP遅れ
12 J.ベイリー ティレル フォード 49 2LAP遅れ
13 R.アルヌー リジェ ジャッド 49 2LAP遅れ
14 A.プロスト マクラーレン ホンダ R  
15 P.アリオー ローラ フォード R  
16 P.ストレイフ AGS フォード R  
17 B.シュナイダー ザクスピード ザクスピード R  
18 A.デ・チェザリス リアル フォード R  
19 P.ギンザーニ ザクスピード ザクスピード R  
20 A.カフィ ダラーラ フォード R  
21 Y.ダルマス ローラ フォード R  
22 P.マルティニ ミナルディ フォード R  
23 中嶋悟 ロータス ホンダ R  
24 L.ペレス・サラ ミナルディ フォード R  
25 N.ピケ ロータス ホンダ R  
26 N.ラリーニ オゼッラ オゼッラ R

この年はマクラーレンが圧倒的な強さを見せた年・・・
なんと16戦中15勝ですよ!!
しかし、その唯一負けたのがここイタリア、モンツァだったんです。

フェラーリの創始者、エンツォ・フェラーリがこの2週間前に亡くなり、
イタリア中が悲しみに溢れかえっておりました。
その中、フェラーリ「ベルガー」の優勝!
そして「アルボレート」との1-2フィニッシュであったので、
イタリア中が歓喜に湧き上がった週末でしたね。

ではどうして、マクラーレンは負けたのでしょう?
まずプロストはメカニカルなトラブルもあって、途中リタイヤ。
まあ、仕方ありません。

しかしセナはレースを終始独走する、圧倒的な強さ。
まあ、今回もマクラーレンの優勝、そしてセナが初チャンピオンへの道を、
大きく前進したなと思ってたんですよ。

今回、マンセルの名前がありませんね。水疱瘡で出走できずです(^^;)
なんかマンちゃんらしいエピソードです。
その代わりに新人「J.L.シュレッサー」が代役で出たんですが、
これがまあ、準備不足で遅いのなんの・・・
すっごく周回遅れにされるのも気を使っていましたが、
セナが残り2周にかかったところで、彼の背後につきました。

1コーナーで接触!!!!
セナはそのままリタイヤとなります。
かなりシュレッサーは譲ってたんですけど、セナが強引過ぎました。

レース後、シュレッサーはセナに謝りに行ったらしいですが、
「気にするな」って、声かけたそうですね。
まあ、どう見てもセナが悪いんですが・・・(^^;)

これで、プロストとのチャンピオン争いは鈴鹿にまで持ち越されることになり、
鈴鹿の観客は、チャンピオン決定の瞬間を目の当たりにできます。
これはまた次の機会に・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/127-4bf8c436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。