F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 A.セナ マクラーレン ホンダ 51 1:33'26.173
2 A.プロスト マクラーレン ホンダ 51 1:33'39.536
3 T.ブーツェン ベネトン フォード 51 1:34'02.282
4 G.ベルガー フェラーリ フェラーリ 51 1:34'52.887
5 A.ナニーニ ベネトン フォード 51 1:34'56.776
6 R.パトレーゼ ウィリアムズ ジャッド 51 1:35'03.788
7 中嶋悟 ロータス ホンダ 50 1LAP遅れ
8 P.ストレイフ AGS フォード 50 1LAP遅れ
9 P.アリオー ローラ フォード 50 1LAP遅れ
10 M.グージェルミン マーチ ジャッド 50 1LAP遅れ
11 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ 50 1LAP遅れ
12 J.パーマー ティレル フォード 50 1LAP遅れ
13 P.マルティニ ミナルディ フォード 49 2LAP遅れ
14 J.ベイリー ティレル フォード 49 2LAP遅れ
15 L.ペレス・サラ ミナルディ フォード 49 2LAP遅れ
16 鈴木亜久里 ローラ フォード 48 3LAP遅れ
17 R.アルヌー リジェ ジャッド 48 3LAP遅れ
18 A.デ・チェザリス リアル フォード R  
19 E.チーバー アロウズ メガトロン R  
20 N.ラリーニ オゼッラ オゼッラ R  
21 N.ピケ ロータス ホンダ R  
22 N.マンセル ウィリアムズ ジャッド R  
23 A.カフィ ダラーラ フォード R  
24 I.カペリ マーチ ジャッド R  
25 D.ワーウィック アロウズ メガトロン R  
26 B.シュナイダー ザクスピード ザクスピード R

この鈴鹿で行われた日本GPで、日本人のセナファンは、
爆発的に増えたでしょう。
それほど、セナのためにあった、日本GPでした。

まずスタート、セナは痛恨のミスをします。
エンジンがストールしかかるが、鈴鹿はグリッド辺りは、
少し下りになっているので、奇跡的にエンジンは復活しますが、
14番手あたりだったかな?ポールのセナはここまでポジション落とします。

また同じような感じで、中嶋悟もストールしかかるが復活。
6番手のポジションから、20番手あたりまで下げてしまう結果に。
この時に、有名な話ですが、中嶋さんの母親が、
この数日前に亡くなられたんですよ。
その母親が後ろから押してくれたって、中嶋さんの言葉が今にも、
耳に残っています。

小雨交じりの鈴鹿・・・
こういうコンディションでセナはめっちゃくちゃ速い。
どんどん抜いていき、プロストの後ろへ。
最終コーナーでプロストが変速ミスをしたのを見逃さず、
ストレートでオーバーテイク!
ここでの1コーナーへの突入が、そのインからよく曲がれたなというくらいの、
神業を見せつけてくれました。
この時、1コーナーに陣取ってた観客はみんなセナファンになったのではないかと
言われたくらいのコーナーリングでした。

また中嶋悟も、こういう雨交じりの天候は大得意。
「雨の中嶋」の本領発揮で、どんどん抜いていきます。
ただ、ポイントにはわずかに及びませんでした。
もし、スタート時のストールがなかったら・・・
中嶋の表彰台がここで見れたかも知れません。

この年のワールドチャンピオンは、ここで決まりセナの手に。
どうして、日本人のセナファンが多いのかは、
この1988年日本GPを見れば、納得ですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/129-dc4de675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。