F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. K.ライコネン マクラーレン メルセデス M 1h32'09"290 198.755 Km/h
2. M.シューマッハ フェラーリ B + 0'01"137 198.714 Km/h
3. R.バリチェロ フェラーリ B + 0'40"483 197.310 Km/h
4. F.マッサ ザウバー ペトロナス M + 0'55"139 196.792 Km/h
5. M.ウェバー ウィリアムズ BMW M + 0'55"779 196.770 Km/h
6. R.シューマッハ トヨタ M 1 lap(s)
7. D.クルサード レッドブル コスワース M 1 lap(s)
8. C.クリエン レッドブル コスワース M 1 lap(s)
9. J.ビルヌーブ ザウバー ペトロナス M 1 lap(s)
10. T.モンテイロ ジョーダン トヨタ B 3 lap(s)
11. C.アルバース ミナルディ コスワース B 3 lap(s)
12. J.トゥルーリ トヨタ M 8 lap(s)
13. J-P.モントーヤ マクラーレン メルセデス M 18 lap(s)
14. J.バトン B・A・R Honda M 24 lap(s)
15. N.ハイドフェルド ウィリアムズ BMW M 27 lap(s)
16. 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 30 lap(s)
17. P.フリーザッハー ミナルディ コスワース B 31 lap(s)
18. F.アロンソ ルノー M 32 lap(s)
19. G.フィジケラ ルノー M 38 lap(s)
20. N.カーティケヤン ジョーダン トヨタ B 46 lap(s)

いやー波乱のレースでしたな。半数近くの車はトラブル・・・・
BAR2台はその中に含まれておりやした。

BARは2台とも3回ストップ作戦、絶好調ルノー、マクラーレンと比べてかなり燃料軽め
でしたね。予選順位でのバトンのポールも頷けました。

琢磨はスタート直後8位に落ちて、トゥルーリ抜くのに失敗した時に、
ヴィルヌーブに追突されたみたいですね。
ウィングとディフューザを破損してかなり乗りにくかったようです。
そして1回目のピットイン後にギヤボックストラブルでピットイン・・・
あーーー!!これでアメリカは予選最初からやん・・・ってかなり見る気失せておりました。

しかーし、再びレース中盤でコースに復帰!
アメリカでの予選出走順を上げるためにクルーが修復頑張ってくれたようです。

そしてまたまた、ブレーキトラブルでリタイヤ・・・

丁度、生観戦でネットでLIVE TIMING見ながらやったんですけど、
面白いコメントでてましたねえ~
英語でだったんですが、
「サトーはF1史上初めて、同レースで2度のリタイヤをやっちゃいました」
(かなり乱暴な訳し方ですがね)(^^)

バトンも珍しく自らのミスでリタイヤ・・・・

まあなんとか琢磨も中盤の頑張りで、来週の予選出走は5番目からですので、
少しの期待で観戦することにしましょう。(あんまり期待すると、落胆がつらいんで・・・・)

他の人気ブログ情報を探すなら、人気blogランキングへ!

canada.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/13-e34b7666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。