F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:34'15.784 58 195.775 1
2 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:34'16.591 58 195.747 2
3 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:34'18.698 58 195.675 3
4 10 ティモ・グロック トヨタ 1:34'20.219 58 195.622 5
5 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:34'20.663 58 195.607 5
6 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:34'21.506 58 195.578 3
7 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:34'21.788 58 195.568 4
8 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1:34'22.082 58 195.558 9
9 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:34'22.119 58 195.556 10
10 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:34'22.869 58 195.530 11
11 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:34'23.158 58 195.521 4
12 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:34'42.388 58 194.859 3
13 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1:34'16.197 57 192.386 13
14 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:29'54.225 56 198.190 2
15 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:27'13.838 55 200.616 3
16 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:28'59.301 55 196.653 4
  3 フェリペ・マッサ フェラーリ サスペンション 45 196.807 3
  8 ネルソン・ピケJr. ルノー スピン 24 187.595 3
  17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ アクシデント 17 207.910 4
  2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス アクシデントダメージ 0 0.000

結果から先に言うと、ブラウンGPの圧勝ですね。
バトンは終始、安定したペースでポール・ポジション。
バリチェロは、スタート失敗して、苦戦を強いられましたが、
結局は2位のポジションへ。

ブラウンGPの速さだけが目立ったレースでしたが、
資金不足のこのチームが独走態勢を築けるのも、
序盤の5戦くらいかなと思っています。
やはり、資金潤沢な、マクラーレン、フェラーリが、
ディフューザーもブラウンGP、トヨタ、ウィリアムズと同じようなのを、
すぐに開発してくるのは明らかでしょうし。
なんと言っても、KERSの決勝レースでの優位性がよく分かりました。

KERSは簡単に言うと、一時期流行った、オーバーテイクボタンと同じ、
そんな要素を持っていますね。
そしてブレーキングは非常に深い位置まで、持って行くこともできます。
追い抜きやすい、また、追い抜きにくいという両方の利点を持っています。

一貴は終始ポイント圏内を走る、予選時に予想した、
堅実的な走りを展開しましたが、自身のミスによりスピンしリタイヤ。
まあ、こんな走りしてたら、来季のウィリアムズのシートは絶対ないでしょう。
確実にポイント獲れる走りが一貴のええところですからね。


L.ハミルトン 直筆サイン入り 2008 ドライバーズCAP

そして不気味は、昨年チャンピオンのハミルトン。
トゥルーリの失格により、3位に食い込みました。
フェラーリ勢が両者リタイヤとなったこのレースで、
最後尾から確実にポイントを稼いだのはやはりすごいと思います。
マクラーレンの車自体がよくなると、やはり最後は・・・って思います。

今年の勢力図は相当混戦模様なので、
今後どういう展開になるのか、非常に興味深いですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/131-55d2bc73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。