F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1'36.184 11
2 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1'36.381 21
3 14 マーク・ウェバー RBRルノー 1'36.466 19
4 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1'36.493 21
5 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1'36.532 19
6 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1'36.835 21
7 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'37.397 23
8 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1'38.089 19
9 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'38.595 17
10 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1'39.321 21
11 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1'35.975 14
12 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'36.032 10
13 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1'36.033 11
14 10 ティモ・グロック トヨタ 1'36.066 14
15 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'36.193 13
16 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1'36.906 10
17 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1'36.908 10
18 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1'36.966 8
19 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1'37.669 10
20 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1'37.672 10

過去2戦好調のブラウンGPを抑えて、今回トップに立ったのはレッドブル。
まあ、その速さは開幕前から予想はしてましたけどね。
ニューウェイ作のそのシャシーは、速さのポテンシャルを秘めていましたもん。
そしてドライバーもベッテル、ウェバーと予選での速さを持ってますから。

マクラーレン、フェラーリが完全に中団グループに、
落ち込んでしまい、すっごく面白くなってきましたね。
今年はマシン差があまりなく、ドライバーの腕で順位が決まってるように思います。

そんな中、ドライバーの腕で2位のポジションはアロンソ。
やはり、このドライバーの実力は今のF1ドライバーの中で、
ナンバー1でしょうね。

決勝は相当、ピットストップで混戦になるとは思いますが、
ブラウンGPが最終的には、上に来るかなと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/134-24c56a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。