F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 22 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス 1:31'48.182 57 201.456 1
2 15 セバスチャン・ベッテル RBRルノー 1:31'55.369 57 201.193 1
3 9 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:31'57.352 57 201.121 1
4 1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:32'10.278 57 200.651 2
5 23 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス 1:32'25.961 57 200.083 4
6 4 キミ・ライコネン フェラーリ 1:32'30.239 57 199.929 1
7 10 ティモ・グロック トヨタ 1:32'31.062 57 199.899 1
8 7 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:32'40.957 57 199.544 4
9 16 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:32'46.380 57 199.349 5
10 8 ネルソン・ピケJr. ルノー 1:32'53.331 57 199.101 7
11 14 マーク・ウェーバー RBRルノー 1:32'55.823 57 199.012 11
12 2 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:33'06.006 57 198.649 12
13 11 セバスチャン・ブルデー STRフェラーリ 1:33'06.987 57 198.614 13
14 3 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:31'55.017 56 197.673 9
15 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:32'01.893 56 197.427 10
16 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1:32'04.350 56 197.339 11
17 12 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ 1:32'05.906 56 197.284 12
18 5 ロバート・クビサ BMWザウバー 1:32'06.822 56 197.251 15
19 6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:32'12.682 56 197.042 12
  17 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 油圧系 48 196.713 16

雨によるアクシデントのない、各チームの力関係が分かったレースでしたね。
やはり、ブラウンGPが飛び出て強くて、それをレッドブル、トヨタが追う展開でしょうか。
予選でワンツー体制を築いたトヨタですが、そのガソリン搭載量は、
ブラウンGPのバトンより遙かに少ないものでした。
それだけ、決勝で安定した速さを出すことのできるバトンならではですね。
4戦終わっての3勝。。。いくら資金難のチームといえども、
今年はテストも制限されていますし、この強さは終盤まで続いちゃうでしょう。

で、来季シートがないのも、現段階で分かってきました。
まず、そのチーム内で力差が歴然なのは、ピケJr・・・
アロンソは現役最強ドライバーなので、比較されるのは酷でしょうけど、
シーズン途中での交代もありえるかもです。
後任にブルーノ・セナの名前も挙がっております。

そして、中嶋一貴・・・
ロズベルグも速くて安定したドライバーですが、
2年目でもう慣れてきてもいいはずなのに、
絶えず、コンマ5秒遅いのは、F1ドライバーとしての資質がないです。
日本人ドライバーとしては、小林可夢偉がGP2アジアシリーズで、
シリーズチャンピオンを獲得したことを考えると、
本シリーズでもチャンピオン争いを演じるようであれば、
来季はトヨタも交代を考えるのではないでしょうか。

マクラーレン、フェラーリは今年は既に諦め状態ですね。
あとはどこでトヨタが初優勝を獲得するかだと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/136-808485aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。